このサイトのトップメニューに戻る

ジョージ・ハリスンのソロを(できるだけ)全部聴く 2002年〜

ジョージの死後に発売されたボックスや編集盤

The Dark Horse Years 1976-1992
日本盤CD 『ダーク・ホース・イヤーズ 1976-1992』


2004年発売のボックス。ダーク・ホース・レーベル時代のソロ・アルバムのリマスター再発。

『33 1/3』 『George Harrison』 『Somewhere In England』 『Gone Troppo』 『Cloud Nine』 『Live In Japan』 の6作7枚のCDと、のちに単体でも商品化されたDVD 『The Dark Horse Years』 の8枚組。約40ページのカラー・ブックレットつき。

生産国によって仕様が違い、発売時にはファンの間で情報が錯綜した。
仕様の違いは以下の通り(SACDの 『Live In Japan』 だけはどれもCCCDではない)。

■米国盤(左の商品)…CDはCCCDではない。DVDはリージョンALLでNTSC、日本語字幕入り。
■英国製で英国・欧州向け(下左)…CDはCCCDではない。DVDはリージョン2でPAL、日本語字幕なし。
■英国製で輸出仕様(下右)…CDはCCCD。DVDはリージョンALLでNTSC、日本語字幕入り。

日本では英国製輸出仕様の商品の外側に日本語解説書(歌詞対訳あり)をつけて一緒にビニールパックしたものを販売したので、中のCDは当然CCCDだった。
日本盤のバラ売りのCDは、2004年発売のものはCCCDで、2010年再発盤は普通のCD。

『Gone Troppo』 以外の各アルバムにボーナス・トラックが追加されている(当HPの各アルバムの項を参照のこと)。

 
The Traveling Wilburys Collection(CD+DVD) [Traveling Wilburys]
日本盤CD 『トラヴェリング・ウィルベリーズ・コレクション』


日本盤


トラヴェリング・ウィルベリーズの出した2枚のアルバム 『Vol.1』(1988年)と 『Vol.3』(1990年)をまとめて、ビデオ・クリップを収録したDVDを付けたもの。2007年発売。

CD1 『Vol.1』 
1. Handle With Care / 2. Dirty World / 3. Rattled / 4. Last Night / 5. Not Alone Any More / 6. Congratulations / 7. Heading For The Light / 8. Margarita / 9. Tweeter And The Monkey Man / 10. End Of The Line
ボーナス・トラック 11. Maxine / 12. Like A Ship

CD2 『Vol.3』 
1. She's My Baby / 2. Inside Out / 3. If You Belonged To Me / 4. The Devil's Been Busy / 5. 7 Deadly Sins / 6. Poor House / 7. Where Were You Last Night? / 8. Cool Dry Place / 9. New Blue Moon / 10. You Took My Breath Away / 11. Wilbury Twist
ボーナス・トラック 12. Nobody's Child / 13. Runaway

ボーナス・トラックとして、初登場の「Maxine」「Like A Ship」、既発の「Nobody's Child」、未発表ミックスの「Runaway」を追加。
「Runaway」のオリジナル・ミックス、「Handle With Care」「End Of The Line」のロング・バージョン、「New Blue Moon」のカラオケ
がもれた。

2008年にはCDの Disc1 『Vol.1』 と Disc2 『Vol.3』 が単品でも発売されているが、DVDはバラ売りされていない。

DVDの内容については映像ソフト・リストの方で。

輸入盤は限定デラックス・エディションと通常版で発売され、日本盤は通常版のみの発売だった。
デラックス・エディションは布張りのスリップ・ケース、40ページのブックレット、カラー写真2枚、白黒の絵ハガキ2枚、バンド・ロゴのシール、固有のシリアル・ナンバーが記入された限定証明書が付属。 写真
通常版は商品本体のみで、パッケージはシルバーのデジパック。ブックレットは16ページ。
2007年の発売時、デラックス版はすぐに売り切れたため、半年後に再プレスされたが、スリップ・ケースの布の色が生成り色からブルーに変更された(カタログ・ナンバーやバーコード・ナンバーは変わらず)。
下は左から、2007年デラックス版、2007年通常版、2016年再発デラックス版、2016年再発通常版。

  

The Traveling Wilburys Collection(LP) [Traveling Wilburys]



上の商品の少し後に出たアナログLP3枚組の限定セット。
『Vol.1』 と 『Vol.3』 の2枚と、ボーナス・トラックをまとめた1枚の3枚組。日本未発売。
2007年発売(左)、2016年に再発(右)。

ボーナス・トラックは上のCD2枚に収録された「Maxine」「Like A Ship」「Nobody's Child」「Runaway」の他に、「Handle With Care」と「End Of The Line」のロング・バージョンと「Not Alone Anymore」の未発表リミックス版が追加されている。

「Not Alone Anymore」の未発表リミックス版はこのLPボックスでしか聴けない。

それでも「Runaway」のオリジナル・ミックスと「New Blue Moon」のカラオケはもれたので、シングルを入手するしかない。

「Handle With Care」のロング・バージョンはアマゾンMP3や iTunes で販売されていたが、その後商品がなくなった。

Let It Roll - Songs Of George Harrison
日本盤CD 『オールタイム・ベスト』


2009年6月15日(日本盤は7月8日)発売のベスト盤。

オリジナル・アルバム未収録曲を2曲(サントラ 『ポーキーズ/最後の反撃!』 収録の「I Don't Want To Do It」と、1989年のベスト 『Best Of Dark Horse 1976-1989』 に入っていた「Cheer Down」)収録。

ビートルズ時代の3曲はすべてバングラデシュ・コンサートのライブ音源で収録。
「When We Was Fab」のエンディングに観客の歓声がカブり、「Something」が始まる。また、「Here Comes The Sun」のあとの歓声がフェイド・アウトし終わる前に「I Don't Want To Do It」が始まる(ただし「I Don't…」1曲だけを聴く限りではわからない程度)。

iTunes 版には未発表音源「Isn't It A Pity」のデモ・バージョンが追加されている(アルバム全曲を買った場合のオマケ)。
Isn't It a Pity(Demo Version) 
↑ここをクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )

Collaborations [Ravi Shankar / George Harrison]
日本盤CD 『コラボレーションズ』

2010年発売の限定ボックス。ジョージがプロデュースなどで参加したラヴィ・シャンカールのアルバム3枚と、1974年のロイヤル・アルバート・ホールでのシャンカールのコンサート「Ravi Shankar's Music Festival From India」のDVDを収録。

各アルバムについてはジョージの参加作品リストのページで。
1974年 『Shankar Family & Friends』
1976年 『Ravi Shankar's Music Festival From India』
1997年 『Chants Of India』
DVD 『Ravi Shankar's Music Festival From India』

Early Takes Volume 1


2012年5月1日発売。

映画 『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』 のコレクターズ・エディションに付いていたCDの単品販売。
日本やイギリスより少し送れたアメリカでのブルーレイ・DVD発売に合わせて単品化された。通常のアナログ盤 と 限定クリアレコード(←アマゾン)も出た。

デモや初期テイクなど10曲を収録。

1. My Sweet Lord(demo) 3:33
2. Run Of The Mill(demo) 1:56
3. I'd Have You Any Time(early take) 3:06
4. Mama You've Been On My Mind(demo) 3:04
5. Let It Be Me(demo) 2:56
6. Woman Don't You Cry For Me(early take) 2:44
7. Awaiting On You All(early take) 2:40
8. Behind That Locked Door(demo) 3:29
9. All Things Must Pass(demo) 4:38
10. The Light That Has Lighted The World(demo) 2:23

ハイレゾ販売 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

The Apple Years 1968-1975
日本盤CD 『アップル・イヤーズ 1968-1975』


2014年発売のボックス。アップル・レーベル時代のソロ・アルバムのリマスター再発。

『Wonderwall Music』 『Electronic Sound』 『All Things Must Pass』 『Living In The Material World』 『Dark Horse』 『Extra Texture』 の6作7枚のCDと、DVDの8枚組。約40ページのカラー・ブックレットつき。

DVD以外はバラ売りもされた。

『Electronic Sound』 以外の各アルバムにボーナス・トラックが追加されている(当HPの各アルバムの項を参照のこと)。

DVDの内容については映像ソフト・リストの方で。

このリマスターで行われた編集(つまり実際は単なるリマスターではない)についての検証記事が2015年1月26日発売の書籍 『MUSIC LIFE ビートルズの音楽遺産 2014-2015』 に掲載されている。



ハイレゾ販売 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

The Vinyl Collection


2017年2月24日発売。

ジョージがソロで出したアルバムのうち、『The Concert For Bangladesh』 を除く13作品と12インチ・ピクチャー・シングル2枚を収めたアナログ・ボックス・セット。
輸入盤のみで日本盤は発売されず。

【収録作品】
1. Wonderwall Music / 2. Electronic Sound / 3. All Things Must Pass / 4. Living In The Material World / 5. Dark Horse / 6. Extra Texture / 7. Thirty Three & 1/3 / 8. George Harrison / 9. Somewhere In England / 10. Gone Troppo / 11. Cloud Nine / 12. Live In Japan / 13. Brainwashed 
12インチ・ピクチャー・シングル: 1. Got My Mind Set On You / 2. When We Was Fab

ディスクは180グラム重量盤、ジャケット等はオリジナル・アートワークを復刻。
オリジナルのアナログ・マスターテープを使用したリマスター音源で、カッティングはキャピトル・スタジオで行われた。
ジョージ公式HP(英語)
このリマスター音源は日本のみでCD化

アルバム13作品は単品でも販売され、『All Things Must Pass』 のみ限定生産。
アマゾン Wonderwall Music Electronic Sound All Things Must Pass Living In The Material World Dark Horse Extra Texture Thirty Three & 1/3 George Harrison Somewhere In England Gone Troppo Cloud Nine Live In Japan Brainwashed 

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system