このサイトのトップメニューに戻る

インタビュー・レコード

日本盤が出たもの

ビートルズ物語 The Beatles' Story


アナログLP


1964年アナログLP発売(日本発売は1966年)。2枚組。
2014年にボックス 『The U.S. Albums』(←アマゾン)の1枚としてCD化。

米キャピトルがリリースしたドキュメンタリー・アルバム。

ビートルズの曲や4人のインタビュー、記者会見でのやり取りをはさみながら、ナレーターがビートルズの成り立ちや人気ぶり、4人の魅力について語っていく。約50分。

1964年8月23日のハリウッド・ボウルでの「Twist & Shout」のライブ演奏がちょっとだけ聴ける(公式ライブ・アルバム 『The Beatles At The Hollywood Bowl』 に収録されている同曲は8月30日で別音源)。

A面 : 1.ビートルズ登場/2.ビートルマニア誕生/3.熱狂のビートルマニア(歌:抱きしめたい)/4.ビートルズを動かす男、ブライアン・エプスタイン(歌:スロウ・ダウン)/5.ジョン・レノンのすべて/6.億万長者は誰か
B面 : 1.永遠のスター、ビートルズ(歌:ユー・キャント・ドゥ・ザット〜恋におちたら)/2.ビートルズ・サウンド、陰の男〜ジョージ・マーティン/3.ジョージ・ハリスンのすべて
C面 : 1.ビートルズ映画第一弾「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」(歌:ア・ハード・デイズ・ナイト〜アンド・アイ・ラヴ・ハー)/2.ポール・マッカートニーのすべて/3.ビートルズ・カット誕生〜ポールについてもう一言
D面 : 1.ビートルズの人生観(歌:ツイスト・アンド・シャウト)/2.ビートルマニアの犠牲者たち/3.ビートルズ・メドレー(歌:今日の誓い〜すてきなダンス〜リトル・チャイルド〜のっぽのサリー〜シー・ラヴズ・ユー)/4.リンゴ・スターのすべて(歌:ボーイズ)/5.世界のリヴァプール

ビートルズ・インタヴューCD


アナログLPで1976年に発売後、1998年ポリドールよりCD化(POCP-2620〜1)。2枚組。

ビートルズ末期〜解散後にかけてデヴィッド・ウィッグがBBCのラジオ番組 『シーン・アンド・ハード』 のために行ったインタビューを集めたもの。
各インタビューの合間にマーティン・フォードの指揮・アレンジによるビートルズ・ナンバーの演奏が収録されている。

この商品のインタビュー収録日のクレジットは不正確で、正しくは以下の通り(書籍 『BBCアーカイブズ 1962-1970』 による)。

【ディスク1】
1. ジョン&ヨーコ1(1969.5.8)/2. Give Peace A Chance(インスト)/3. ジョン&ヨーコ2(1969.5.8)/4. Imagine(インスト)/5. ジョン&ヨーコ3(1969.10.21 & 1970.2.6)/6. Come Together(インスト)/7. ジョン&ヨーコ4(1971.10.7)
8. ポール1(1969.9.19)/9. Because(インスト)/10. ポール2(1969.9.19)/11. Yesterday(インスト)
【ディスク2】
1. ポール3(1969.9.19)/2. Hey Jude(インスト)
3. ジョージ1(1969.10.8)/4. Here Comes The Sun(インスト)/5. ジョージ2(1969.10.8)/6. Something(インスト)
7. リンゴ1(1969.1.21)/8. リンゴ2(1970.3.25)/9. リンゴ3(1973.1.3)/10. Octopus's Garden(インスト)/11. リンゴ4(1973.1.3)/12. Yellow Submarine(インスト)

タイムレス II


1985年にアナログLPで発売後、1986年7月21日CD化(30CP-76)。テイチクのインタビュー・レコードのうちの1枚。

●マレー・"ザ・K"によるビートルズ・インタビュー(16:14)
 1964/2/8 ニューヨーク、プラザホテル
 1964/2/10? ワシントン・コロシアム ※ビートルズがワシントンに着いたのは2月11日のはず
 1964/2/14 マイアミ・ビーチ
 1964/5/24? 『ア・ハード・デイズ・ナイト』 の撮影 ※撮影は3/2から4/24まで
●1966/8/25 シアトルにおけるビートルズ・インタビュー(8:24)
●1966/8/27 シアトルにおけるビートルズの記者会見(7:31)

他に、ビートルズを題材にした歌を2曲(ザ・ピープルの「カム・バック・ビートルズ」、キース・グリーンの「サージェント・ペパーズ・エピタフ」)収録。

3・D

1985年にアナログLPで発売後、1986年7月21日CD化(30CP-75)。テイチクのインタビュー・レコードのうちの1枚。

●1966/8/18〜29 USAツアーにおけるインタビュー(33:06)
●1964/2/9 ニューヨークのラジオ局におけるインタビュー(4:57)
●1964/3/26? ミュンヘンのヒルトンホテルにおけるインタビュー(3:59)
  ※この日はロンドンにいたはずなので、この日付は間違い
●1967/11/19? ロス・アンジェルスにおけるジョンとポールのインタビュー(2:18)
  ※この日付も間違いの可能性が高い

なぜ 『3・D』 というタイトルかというと、立体に見えるような加工をされたイラストのカードとメガネ(赤と青のやつ)が付属していたから。

ゴールデン・ビートルズ


1986年3月1日、アナログLPと同時にCD発売(30CP-56)。テイチクのインタビュー・レコードのうちの1枚。1989年11月21日に再発(TECP-18007)。※左の商品は再発盤。

●ロンドンのアビイ・ロード・スタジオにおける 『ホワイト・アルバム』 の録音
 (68/6/6、約14分) ※商品には7月18日と誤記されている
 DJのケニー・エヴェレットがレコーディング中のスタジオでインタビュー。
 ほとんどはジョンとのやり取りで、後半にポール、ジョージ、リンゴとヨーコが登場する。
 ギターを爪弾いて即興で鼻歌を歌いながら、ほとんどおふざけの回答に終始している(「コットンフィールズ」「グッド・バイ・ケニー」などを演奏)。
 2006年日本発売のDVD 『The Swinging 60's/The Beatles』 の特典映像でこの音声が聴ける (映像はマル・エヴァンスが撮影した 『マジカル・ミステリー・ツアー』 制作時のサイレント・フィルム)。

●バハマ諸島ナッソーにおける映画 『ヘルプ』 撮影現場風景
 (65/6/6?、約12分) ※撮影は3/24から5/11までのはずで、この日付は怪しい
 KFWBラジオで放送されたもので、事前に渡された質問に対する答えを録音して、あとからDJが質問する音声を加えているものがメイン。
 以前発売されていた 『ヘルプ』 の特典つきの映像ソフト に一部が収録されていた。

他に、ビートルズを題材にした歌を2曲収録。
ザ・ヤードルズ「オイ・ゲヴァルト」 … 「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」の替え歌
クオリーメン「ビートル・ラップ」 … ビートルズ4人の物真似によるラップ

トーキョー・デイズ


1986年7月1日、アナログLPと同時にCD発売(30CP-79)。テイチクのインタビュー・レコードのうちの1枚。

●1966/6/30 ビートルズ武道館コンサート・オープニングMC(E・H・エリックのオープニングMCとチューニングの音、1:10)
●1966/ 6/29 東京ヒルトン・ホテルにおけるビートルズ・インタビュー(きき手: E・H・エリック、2:41)
●1966/6/30 ビートルズ武道館コンサート曲紹介集(コンサート中の曲紹介MCのみを抜き出したもの、3:34)
●日本のファンに対するビートルズのメッセージ(ジョン・ポール・ジョージの短いコメントで、データが何も記載されていないが、ロンドンでビートルズに会ったことのある日本人DJのラジオ番組に寄せたものだと思われる、0:40)
●1966/7/1 ビートルズ武道館コンサート・オープニングMC(E・H・エリックのオープニングMCとチューニングの音、1:11)
●1966/7/1 ビートルズ武道館コンサート曲紹介集(コンサート中の曲紹介MCのみを抜き出したもの、3:23)

他に、ビートルズを題材にした歌を2曲(ザ・ビートレッツの「ウィー・ラヴ・ユー・ビートルズ」「ウィー・ラヴ・ザ・ビートルズ」)収録。

アナログLPは日本公演のパンフレットの復刻版が付いたボックス仕様だった。

全体で20分もなく、よくこんな内容で商品化したもんだと感心する。

タイムレス I


1986年8月5日、アナログLPと同時にCD発売(30CP-104)。テイチクのインタビュー・レコードのうちの1枚。

●キリスト発言問題についてのジョン・レノンのコメント(1:15)
●1966/8/12 シアトルのアスター・タワー・ホテルにおけるビートルズの共同記者会見(17:12)
●1964/8/26? バンクーバーのエンパイアー・スタジアムにおけるビートルズの共同記者会見(13:35) ※8月22日の間違い

このインタビュー音源はトリオが出したアナログLP 『ビートル・トーク』(1978年)と、『タイムレス』(1982年)にも収録されていた。

他に、ビートルズを題材にした歌を2曲(ザ・ビートレッツの「ウィー・ラヴ・ユー・ビートルズ」「ウィー・ラヴ・ザ・ビートルズ」)と、「マジカル・ミステリー・メッセージ」(「We're miss you, John」という声を逆回転にしたもの)を収録。

トーク・ダウンアンダー


1986年12月5日、アナログLPと同時にCD発売(30CP-143)。テイチクのインタビュー・レコードのうちの1枚。

●1964年 ロンドンでのビートルズとブライアン・エプスタインのインタビュー(17:58)
●オーストラリア公演の際のインタビュー(12:45)
  1964/6/11 シドニーのシェラトン・ホテルでの記者会見
  1964/6/14 メルボルンでの記者会見
●MBE勲章問題におけるビートルズのコメント(2:35)
●1964/2 マイアミにおけるさよならメッセージ(5:09)
●1965/8 ミネアポリスでの記者会見(4:26)
●ジョン・レノン回顧録(9:50)
  (日付がないが、ビートルズ末期から解散後のインタビューを集めたもの)
●ジョージ・ハリスンのアメリカ共同記者会見(4:28)
  (日付がないが、ビートルズ解散後〜1970年代前半のインタビューか)

1964年のオーストラリア公演でのインタビューは、1982年にトリオが出したアナログLP 『トーク・ダウンアンダー』 にも収録されていた。

インタビュー中に口ずさんだ「悲しきカンガルー」「君住む町」を収録(「即興曲」として帯でアピールされている)。

レア・フォト&インタビューCD Vol.1


1996年発売(POCE-7001)。海外では第3弾まで続編が出ていたが、日本盤は出なかった。

1. 63/10/16 「ロイヤル・バラエティー・ショー」出演が決まって(ロンドン)
2. 63/11 「ロイヤル・バラエティー・ショー」が終わって(ロンドン)
3. 63/12/23 クリスマス・メッセージ(ロンドン)
4. 64/2/6 アメリカ・ツアー前(ロンドン)
5. 64/2 アメリカ・ツアー(ニュー・ヨーク)
6. 64/3/19 シルバー・ハート受賞スピーチ(ロンドン)
7. 64/6 オーストラリア・ツアー(オーストラリア)
8. 64/7/7 『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』プレミア翌日(ロンドン)
9. 64/10/15 総選挙について(ストックトン)
10. 65/6/12 MBE勲章受賞決定の知らせを受けて(トゥイッケナム)
11. 65/8/17 シェイ・スタジアム公演後(トロント)
12. 65/8 アメリカでの記者会見(アメリカ)
13. 65/8 アメリカでの記者会見(アメリカ)
14. 66/8/11 キリスト発言についての記者会見(シカゴ)
15. 68/7/8 イエロー・サブマリン/マハリシ(ロンドン)
16. 64/6 ビートルズのオーストラリア・ツアー(オーストラリア)

表紙含め80ページのブックレットが付いていて、最初の21ページまでは1964年2月のアメリカ公演時の写真が掲載されている(残りはインタビューの翻訳)。
また、ホワイト・アルバムのように6ケタの固有ナンバーがジャケットに印字されている。

ハート・プレイ [John Lennon & Yoko Ono]


輸入盤

1983年アナログLP発売。未CD化(左の商品は輸入盤アナログLP)。
1980年9月に米 『PLAYBOY』 誌が行ったインタビューからの抜粋。
きき手:デービッド・シェフ。

このインタビューは、集英社から 『ジョン・レノン PLAYBOYインタビュー』 とその改訂版 『ジョンとヨーコ ラストインタビュー』 として出版されている。

ジョン・レノン・ボックス [John Lennon]


1998年に出た、ジョンの映像作品3作( 『イマジン』 『ライブ・イン・ニューヨーク・シティ』 『ギヴ・ピース・ア・チャンス』 )をまとめたVHSビデオのボックス・セット。

このボックスのために付けられた付録のシングルCD2枚にはジョンとヨーコのインタビューが収められている。

1.1971年1月25日、東京の帝国ホテルにて収録
2.1971年9月2日、ニューヨークにて収録

それぞれ、アルバム 『ジョンの魂』 と 『イマジン』 の抽選プレゼント景品になったアナログ・シングルに入っていた音源。

LDボックスも出ていた。

ジョン・レノン レジェンド [John Lennon]


2003年、河出書房から出た本。ジョンが書いた歌詞の紙片や、エピソードに絡んだ書類などを復刻したものを集めたバイオグラフィ本。

付録のCDにジョンのインタビューを3本収録。

1.1972年2月14日〜18日、TV番組 『マイク・ダグラス・ショー』 から(きき手:マイク・ダグラス) 約20分
 両親およびミミおばさんのこと/結婚観・ヨーコとの出会い・有名人であること/ビートルズ・ロックの歴史・政治的発言について/音楽的ルーツ・ビッグになること
 また、この番組での「イマジン」の演奏も収録している。
 この番組は5日分まるごとDVD化された。

2.1974年9月28日、WNEWラジオから(きき手:デニス・エルサス) 約17分
 アルバム 『心の壁、愛の橋』 と少年時代の絵/ジャケット騒動・アメリカでのレコード・リリース/ビートルズのこと/広告と天気予報/ニューヨーク・国外退去をめぐる裁判/あこがれのアイドル
 このインタビューは上に挙げたCD 『トーク・ダウンアンダー』 の「ジョン・レノン回顧録」に少しだけ含まれている。

3.1980年12月8日、ダコタハウスにて(きき手:デイヴ・ショーリン) 約15分
 『ダブル・ファンタジー』 のこと/ショーンのこと/「スターティング・オーバー」のこと/40歳になったこと・アーティストの社会的役割・「ウーマン」のこと/ポジティブな考え方・1980年代の展望
 このインタビューはCD 『Milk And Honey』 のリマスター盤にもボーナス・トラックとして収録されている(これと少しだけダブる)。また、1981年に 『ジョン・レノン 愛の遺言』 として書籍化されている。

マッカートニー・インタビュー [Paul McCartney]


日本盤


1981年アナログLP発売。未CD化(左の商品はアナログLP
1980年5月に米 『Musician』 誌が行ったインタビュー。

アルバム 『McCartney II』 やビートルズ時代のことについて語っている。約55分。

アメリカ盤はB面の終了後に針が中心部へ向う部分(送り溝)に短い逆回転の音が入っているが、これはインタビュー中のポールの「I'm still a walrus.(私は今もウォルラスだ)」という発言を逆回転にしたもの。

以下は輸入盤
 

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system