このサイトのトップメニューに戻る

ジョン・レノンのソロを(できるだけ)全部聴く

オノ・ヨーコとの実験的諸作は参加作品編でフォローします

Rock And Roll Circus [The Rolling Stones]
日本盤CD 『ロックン・ロール・サーカス』


1968年12月10、11日。

ローリング・ストーンズのTV番組(結局放送されなかった)にゲスト出演。

エリック・クラプトン、キース・リチャーズらと The Dirty Mac というバンド名で「Yer Blues」を演奏、さらにヨーコを加えて「Whole Lotta Yoko(ジャム演奏)」を演奏。

1. MickJagger's Introduction Of Rock And Roll Circus / 2. Entry Of The Gladiators / 3. Mick Jagger's Introduction Of Jethro Tull / 4. Song For Jeffrey / 5. Keith Richard's Introduction Of The Who / 6. A Quick One While He's Away / 7. Over The Waves / 8. Ain't That A Lot A Love / 9. Charlie Watt's Introduction Of Marianne Faithfull / 10. Something Better / 11. Mick Jagger's And John Lennon's Introduction Of The Dirty Mac / 12. Yer Blues / 13. Whole Lotta Yoko / 14. John Lennon's Introduction Of The Rolling Stones / Jumping Jack Flash / 15. Parachute Woman / 16. No Expectations / 17. You Can't Always Get What You Want / 18. Sympathy For The Devil / 19. Salt Of The Earth

これはCD版で、DVDで聴けるものと基本的には同じ。

DVDでは「Yer Blues」のTake2も聴ける(見られる)。

The John Lennon Collection
日本盤CD 『ジョン・レノン・コレクション』


ジョンのアルバム未収録のシングル曲を一度に揃えるには最適のベスト盤。 内容の詳細 

ジョンのアルバム未収録のシングル曲は以下の6曲。
■Give Peace A Chance 1969年7月
■Cold Turkey 1969年9月
■Instant Kalma!(We All Shine On) 1970年1月
■Power To The People 1971年3月
■Happy Xmas(War Is Over) 1971年12月
■Move Over Ms. L. 1975年3月

このうち、「Move Over Ms. L.」以外は1997年発売のベスト盤 『Lennon Legend』 でも聴ける(2005年発売のベスト盤 『Working Class Hero』 でも聴けるが、すべてリミックスされている)。
また、「Power To The People」はファースト・アルバム 『John Lennon/Plastic Ono Band』 の2000年リマスター盤のボーナス・トラックで、「Happy Xmas(War Is Over)」は 『Some Time In New York City』 の2005年リマスター盤のボーナス・トラックでも聴ける(ただしどちらもリミックス版)。
「Move Over Ms. L.」(『Rock'n'Roll』 からのシングル 『Stand By Me』 のB面曲)だけはCDではこのベスト盤か2010年発売の 『Signature Box(ジョン・レノンBOX)』 でしか聴けない(ジョンのアウトテイク集 『Anthology』 収録のものはセッション中の別演奏)。

1989年発売の最初の日本盤CD(TOCP-5923)の初期プレスには誤って「#9 Dream」のショート・バージョンが収録され、すぐに修正された。


この盤に合わせて「Love」のリミックス・バージョン(イントロのピアノが1音目から同じ大きさで聴こえ、歌のブレイク後のピアノの音量差もない)がアナログ・シングルで発売されたが、現在まで一般には未CD化(1998年に日本テレビのドラマ 『世紀末の詩』 の主題歌として使用された際に出たプロモ盤CD [PCD-2014] に収録されている)。

  アナログ7インチ

Live Peace In Tront 1969
日本盤CD 『平和の祈りを込めて〜ライヴ・イン・トロント1969〜』

1969年9月13日、トロントで行われた「ロックンロール・リバイバル・ショー」の演奏。

ジョンとヨーコ、エリック・クラプトン(ギター)、クラウス・フォアマン(ベース)、アラン・ホワイト(ドラム)で「プラスティック・オノ・バンド」として出演。

1. Blue Suede Shoes / 2. Money(That's What I Want) / 3. Dizzy, Miss Lizzy / 4. Yer Blues / 5. Cold Turkey / 6. Give Peace A Chance // 7. Don't Worry Kyoko(Mummy's Only Looking For Her Hand In The Snow) / 8. John John(Let's Hope For Peace)

1995年のCD化の際にリミックスされた(アナログ版との違いについては当HPのこちらで)。

映像版もDVDで出ている。

John Lennon / Plastic Ono Band
日本盤CD 『ジョンの魂』


1970年のソロ名義1作目。

極限まで自分と向き合って作られたヘヴィな1枚。シンプルなサウンド編成がとても効果的。

1. Mother / 2. Hold On / 3. I Found Out / 4. Working Class Hero / 5. Isolation // 6. Remember / 7. Love / 8. Well Well Well / 9. Look at Me / 10. God / 11. My Mummy's Dead

プロデュースとしてフィル・スペクターの名がクレジットされているが、実際にはほとんど関与していないことが2008年の 『クラシック・アルバムズ:メイキング・オブ・「ジョンの魂」』 で明らかになった。

初CD化盤
1988年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 CP32-5463 1988.4.24 初CD化 左の商品
 TOCP-6857 1991.9.20 オビ新装(Super Masters シリーズ)
 TOCP-3122 1995.11.8 オビ新装(Cool Price シリーズ)
アマゾン輸入盤 1990年 


2000年リミックス&リマスター盤 『ミレニアム・エディション』

プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。

ボーナス・トラックは「Power To The People」と「Do The Oz」。この2曲もリミックス・バージョン。

アナログ時代のミックスとの違いについては当HPのこちらで。

アマゾン日本盤
 TOCP-65520 2000.10.9 初回生産分は外箱付 左の商品
 TOCP-53472 2005.9.30 オビ新装 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70391 2007.11.28 紙ジャケ 
アマゾン輸入盤 2000年 


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。

アマゾン日本盤 TOCP-70900 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)

Lennon Legend
日本盤CD 『レノン・レジェンド』

1997年に出たベスト盤。 内容の詳細 

ここに収録の「Mother」はシングル用のエディット・バージョン。

冒頭の鐘の音をカットしてフェイド・アウトを早くしただけ(5分34秒 → 3分53秒)。

1998年発売のベスト盤 『ザ・グレイテスト』 にも収録されている。

Imagine
日本盤CD 『イマジン』


1971年のソロ2作目。

優しさ、弱さ、攻撃性、楽観主義…ジョンのいろいろな面が凝縮された1枚。

1. Imagine / 2. Crippled Inside / 3. Jealous Guy / 4. It's So Hard / 5. I Don't Want To Be A Soldier, Mama, I Don't Want To Die // 6. Gimme Some Truth / 7. Oh My Love / 8. How Do You Sleep? / 9. How? / 10. Oh Yoko!

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 CP32-5451 1987.7.22 初CD化 左の商品
 CP43-5773 1988.12.21 「エタニティ・ゴールドCD」シリーズ ゴールドCD
アマゾン輸入盤 1990年 


2000年リミックス&リマスター盤 『ミレニアム・エディション』

ボーナス・トラックなし。プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。

アナログ時代のミックスとの違いについては当HPのこちらで。

アマゾン日本盤
 TOCP-65522 2000.2.16 初回生産分は外箱付 左の商品
 TOCP-53473 2005.9.30 オビ新装 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70392 2007.11.28 紙ジャケ
アマゾン輸入盤 2000年 


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。

アマゾン日本盤 TOCP-70901 2010.10.6 
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ブルーレイ・オーディオ
2013年12月発売(右は日本のメーカーから2014年2月発売)。2010年リマスター音源を使い、DTS-HD Master Audio/Dolby True HD/PCM の3種のフォーマットで収録(すべて96kHz/24bitの2chのみで、サラウンドではない)。ビートルズ関連で初のブルーレイ・オーディオ・ソフト。


ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)



MP3

Imagine (Karaoke Version)

アルバム・タイトル・ソング「Imagine」のカラオケ・バージョン。

もともとは2003年のDVD 『レノン・レジェンド』 の特典映像で聴けたもの。

後に アマゾンMP3 や iTunes で音のみも販売された。
CD化はされていない。

Some Time In New York City
日本盤CD 『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』


1972年のソロ3作目。

2枚組で、1枚目が新曲集、2枚目にライブを収録。

【Disc 1】
1. Woman Is The Nigger Of The World / 2. Sisters, O Sisters / 3. Attica State / 4. Born in A Prison / 5. New York City // 6. Sunday Bloody Sunday / 7. The Luck Of The Irish / 8. John Sinclair / 9. Angela / 10. We're All Water

【Disc 2】
1. Cold Turkey / 2. Don't Worry Kyoko
3. Well(Baby Please Don't Go) / 4. Jamrag / 5. Scumbag / 6. Au

1枚目はヨーコとのコラボによる政治的メッセージ・ソング集で、ジョン単独での作曲クレジットになっているのは「New York City」と「John Sinclair」のみ。残りはヨーコとの共作かヨーコ単独の作曲。

2枚目のライブのうち、「Cold Turkey」と「Don't Worry Kyoko」は1969年12月15日にロンドンで行われたユニセフ主催のチャリティ・コンサートでの演奏(ジョージも参加)。残りは1971年6月6日のフィルモアでの演奏(フランク・ザッパ&マザーズ・オブ・インヴェンションとの共演)。

初CD化盤
1987年発売。2枚組。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 CP25-5466〜7 1987.8.24 初CD化 左の商品
 TOCP-65523〜4 2000.3.29 オビ新装
 TOCP-70393〜4 2007.11.28 紙ジャケ オリジナル通りの2枚組仕様にするためにリマスター前の音源を使用
アマゾン輸入盤 1991年 


2005年リミックス&リマスター盤

プラケース。

このリミックス盤は、ヨーコの曲「We're All Water」とライブ「Don't Worry Kyoko」を短くした上、オリジナルの2枚組LPレコードのD面にあたる部分(フランク・ザッパ&マザーズとのライブ)を大きく削ってCD1枚に縮め、「Listen, The Snow Is Falling」と「Happy Xmas(War Is Over)」という、あまり珍しくない曲(リミックスされているが)をボーナス・トラックとして収録している。

ブックレットは旧版よりきれいな印刷になっていて、アナログLP2枚目の内袋(マザーズのライブ・アルバム 『Fillmore East - June 1971』 のジャケットに赤字で落書きしてプラスティック・オノ・バンドのアルバム・ジャケットにしてしまっている)もきちんと掲載されている。
輸入盤旧版CDのブックレットでは赤字が入っておらず、単にマザーズのアルバム・ジャケットがそのまま掲載されているという意味不明な状態だった。

アナログ時代のミックスとの違いについては当HPのこちらで。

アマゾン日本盤 TOCP-67779 2005.11.16 
アマゾン輸入盤 2005年 


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。2枚組。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。

「Well(Baby Please Don't Go)」の頭の歓声は、初CD化盤と2005年リマスター盤ではフェイド・インしていたが、2010年リマスター盤はフェイド・イン処理されていない。


アマゾン日本盤 TOCP-70902〜3 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。SA-CDのみLP2枚分の音をディスク1枚に収録。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)

Psychotics [Frank Zappa & the Mothers]
日本盤CD 『プレイグラウンド・サイコティクス』


上のアルバムに収録のライブ音源(1971年6月6日、フィルモア)を、ザッパが編集したものがDisc1の21(の終わり)〜26に収められている。1992年発売。

【Disc 1】
21. Diptheria Blues(この曲の終了後からザッパとジョンのMCが始まる) / 22. Well / 23. Say Please / 24. Aawk / 25. Scumbag / 26. A Small Eternity With Yoko Ono

・「Well」の後半が長い(ジョン版ではフェイド・アウトして終わってしまうが、その後1分ほど先が聴ける)、
・ジョン版の「Jamrag」は「Say Please」「Aawk」の2つのトラックに分けられており、ジョン版より短くなっている
・「Scumbag」ではマザーズのメンバーのボーカルが消されていない
・ジョン版の「Au」は「A Small Eternity With Yoko Ono」というタイトルになっている
・ジョン版では「Au」のトラックの頭出しの位置が「Scumbag」の途中に打たれているが(初CD化盤も2010年リマスター盤も同じ)、ザッパ版では正しく区切られている

フランク・ザッパのDVD 『フランク・ザッパの軌跡 1969-1973』 で、この時の「Well」の映像がほんの少し見られる。

Live In New York City
日本盤CD 『ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ』


1972年8月30日の「ワン・トゥ・ワン・コンサート」。1986年発売。

1. Power To The People〜New York City / 2. It's So Hard / 3. Woman Is The Nigger Of The World / 4. Well Well Well / 5. Instant Karma! / 6. Mother / 7. Come Together / 8. Imagine / 9. Cold Turkey / 10. Hound Dog / 11. Give Peace A Chance

映像版(55分)と比べてCD(43分)は以下の4点が違う。

■ヨーコの曲(2曲)をカット
■「Hound Dog」のヨーコのボーカルをカット
■「Give Peace a Chance」は1分程の抜粋
  (映像版も抜粋だが、それとはカブらない部分を収録)
■「New York City」は映像版のテイクともう一つの別テイクをツギハギしてある
  (あるいはCD版の方がオリジナルで映像版の方がツギハギ編集されているかも)
■MCを多少カット

このライブは昼夜2回行われたが、夜の部からは「Cold Turkey」「Hound Dog」「Give Peace A Chance」が収録され、残りは昼の部の演奏を収録(「New York City」は昼と夜のハイブリッドかも)。MCについては昼からのものもあれば夜からのものもある。
4枚組アウトテイク集 『Anthology』 には「Woman Is The Nigger Of The World」「It's So Hard」「Come Together」が収録されており、日本語解説によれば昼の部の演奏ということだが、このビデオのものとは違うので夜の部の演奏ではないかと思われる。

また、別の発売元から出ていた映像ソフト 『ワン・トゥ・ワン』 では「Come Together」と「Instant Karma!」の別テイクの演奏が見られる(「Come Together」は 『Anthology』 と同じ演奏)。

Shaved Fish
日本盤CD 『ジョン・レノンの軌跡』


1975年に出たベスト盤。 内容の詳細 

ラストに収録されている「Give Peace A Chance」は「ワン・トゥ・ワン・コンサート」からの1分ほどの抜粋。

上のCD版とも映像版ともカブらない部分の上、スティービー・ワンダーのボーカルも消されていない (『ワン・トゥ・ワン』 というタイトルで出た映像ソフトで聴けるものと同じ音源)。

2007年に日本で紙ジャケCDが出たが、音源は旧マスターが使用されている(上述の「Give Peace A Chance」のライブはリマスター化された音源がない上に、「Happy Xmas」とフェイド編集でつながっている
ため)。

また、1曲目の「Give Peace A Chance」(ライブではない方)も、1分ほどの抜粋なので、この曲をちゃんと聴くには他の編集盤を買う必要がある。

「Mother」「Whatever Gets You Thru The Night」はアルバム収録のものより少し早くフェイド・アウト、「Woman Is The Nigger Of The World」は中間部をカットしたエディット版。

Mind Games
日本盤CD 『マインド・ゲームス(ヌートピア宣言)』


1973年のソロ4作目。

ソフトな印象の美しい曲が多い。こういうアルバムを作れる所もジョンの魅力のひとつ。

1. Mind Games / 2. Tight A$ / 3. Aisumasen(I'm Sorry) / 4. One Day(At A Time) / 5. Bring On The Lucie(Freeda Peeple) / 6. Nutopian International Anthem // 7. Intuition / 8. Out The Blue / 9. Only People / 10. I Know(I Know) / 11. You Are Here / 12. Meat City

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 CP32-5464 1987.9.22 初CD化
 TOCP-6858 1991.9.20 オビ新装(Super Masters シリーズ) 左の商品
 TOCP-3123 1995.11.8 オビ新装(Cool Price シリーズ)
アマゾン輸入盤 1991年 


2002年リミックス&リマスター盤

プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。

ボーナス・トラック3曲。「Aisumasen」「Bring On The Lucie」「Meat City」をギター1本で歌うホーム・デモ。

アナログ時代のミックスとの違いについては当HPのこちらで。

アマゾン日本盤
 TOCP-67075 2002.10.17 初回生産分は外箱付 左の商品
 TOCP-53474 2005.9.30 オビ新装 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70395 2007.11.28 紙ジャケ
アマゾン輸入盤 2002年 


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。

アマゾン日本盤 TOCP-70904 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)

Walls And Bridges
日本盤CD 『心の壁、愛の橋』


1974年のソロ5作目。

ヨーコとの別居中、さんざん自堕落な生活をしながら作ったアルバム。オーバー・プロデュースと評されることも多いが、その過剰さが混沌とした内容によく合っている。

1. Going Down On Love / 2. Whatever Gets You Thru The Night / 3. Old Dirt Road / 4. What You Got / 5. Bless You / 6. Scared // 7. #9 Dream / 8. Surprise, Surprise(Sweet Bird Of Paradox) / 9. Steel And Glass / 10. Beef Jerky / 11. Nobody Loves You(When You're Down And Out) / 12. Ya Ya

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 CP32-5465 1987.8.5 初CD化
 TOCP-65526 2000.5.31 オビ新装 左の商品
アマゾン輸入盤 1991年 


2005年リミックス&リマスター盤

プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。

ボーナス・トラック3曲。1974年11月28日のエルトン・ジョンとのライブ「Whatever Gets You Thru The Night」(既発)と、アコギ1本で歌う「Nobody Loves You」の初期テイクと、インタビュー(アルバムの発売に際してEMI UK社員のボブ・マーサーに語った宣伝用メッセージ。3分50秒)。

アナログ時代のミックスとの違いについては当HPのこちらで。

アマゾン日本盤
 TOCP-67778 2005.11.16 CCCD 左の商品
 TOCP-70396 2007.12.5 紙ジャケ CCCDではない
 TOCP-54131 2009.7.1 オビ新装 CCCD
アマゾン輸入盤 2005年(CCCDではない) 2005年(CCCD)


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。


アマゾン日本盤 TOCP-70905 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)

Lennon
日本盤CD 『レノン』
To Be Continued... / Rare Masters / Here And There / Made In England(CDシングル)
[Elton John]
日本盤CD 『トゥ・ビー・コンティニュード…』 / 『イエス・イッツ・ミー〜レア・トラックス』 / 『ヒア・アンド・ゼア』 ※CD2枚組のリマスター盤 / 『メイド・イン・イングランド』(CDシングル)




1974年11月28日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでエルトン・ジョンのライブにゲスト出演した際の音源3曲。

Whatever Gets You Thru The Night / Lucy In The Sky With Diamonds / I Saw Her Standing There

このライブ音源のソフト化は以下の通りで、エルトン側でリリースしたものとジョン側でリリースしたものではミックスが違う。

エルトン・ジョン名義の商品
■1975年 エルトン・ジョンのシングル 『Philadelphia Freedom』 のB面に「I Saw Her Standing There」をカップリング → この時のミックスはエルトンの編集盤 『To Be Continued...』(1990年)と 『Rare Masters』(1992年)でCD化
■1981年 ジョンの死を受けてエルトンがリリースした33回転7インチEPに3曲とも収録 (日本などでは同じ時のライブから曲を追加してLPでリリース) 
■1995年 エルトンのライブ盤 『Here And There』 のリマスター拡大盤に3曲とも追加収録 (同年リリースのマキシ・シングル 『Made In England』にも収録) 
※1975年と1995年の「I Saw Her Standing There」は、タンバリンの位置や聴こえ方が微妙に違う。1981年のものは未確認だが、1995年ミックスと同じ?

ジョン・レノン名義の商品
■1990年 ジョンの4枚組CDボックス 『Lennon』 に3曲とも収録 
■2005年 ジョンの 『Walls And Bridges』 リミックス&リマスター拡大盤に「Whatever Gets You Thru The Night」を追加収録 
※エルトン・ジョン名義の商品のミックスとは定位などが大きく異なる。また「I Saw Her Standing There」の20秒くらいのところで鳴る「I Feel Fine」のリフっぽいギターがあまり聴こえない。2005年の「Whatever Gets You Thru The Night」は1990年ミックスと変わらないので、リマスターのみと思われる。



※「Made In England」の輸入盤シングルはカップリング曲違いで数種類存在し、ジョンとのライブ音源が含まれないものもありますのでご注意下さい。


【2017年1月30日追記】
2016年11月にネットに掲載された記事(英語)によると、ジョンはこのコンサートのアンコール・ナンバー「The Bitch Is Back」にもバック・ボーカル(Bitch, Bitch, Bitch is back...)とタンバリンで参加している。
『Here And There』 のリマスター拡大盤にはこの曲も収録されているが、ジョンとわかるバック・ボーカルは聴こえないので、ミックスで消されているのかもしれない。

Rock'n'Roll
日本盤CD 『ロックンロール』


1975年のソロ6作目。

ロックの名曲のカバー集。単純にカバーするのではなく、どの曲も独自の解釈が施されていて、ビートルズ時代のセンスの良いカバーぶりを彷彿とさせる。

1. Be-Bop-A-Lula / 2. Stand By Me / 3. Medley: Rip It Up / Ready Teddy / 4. You Can't Catch Me / 5. Ain't That A Shame / 6. Do You Wanna Dance? / 7. Sweet Little Sixteen // 8. Slippin' And Slidin' / 9. Peggy Sue / 10. Medley: Bring It On Home To Me / Send Me Some Lovin' / 11. Bony Moronie / 12. Ya Ya / 13. Just Because

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 CP32-5452 1987.7.22 初CD化
 TOCP-65527 2000.10.9 オビ新装 左の商品
アマゾン輸入盤 1990年 


2004年リミックス&リマスター盤

プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。

「Be-Bop-A-Lula」の頭にカウントが追加され、「Ain't That A Shame」と「Do You Wanna Dance」はフェイド・アウトが遅くなっている。

ボーナス4曲のうち、「Angel Baby」と「To Know Her Is To Love Her」は下の編集盤 『Menlove Ave.』 収録のものと同じ(後者は若干ピッチが早くなっている)で、「Since My Baby Left Me」は 『Menlove Ave.』 収録のものとは別テイク。「Just Because(Reprise)」はアルバム本編でフェイド・アウトした後の部分を少し収録したもの(ジョンがアドリブでビートルズのメンバーにメッセージを送っている)。

アナログ時代のミックスとの違いについては当HPのこちらで。

アマゾン日本盤
 TOCP-67500 2004.9.29 CCCD 左の商品
 TOCP-53476 2005.9.30 オビ新装 CCCD
 TOCP-70397 2007.12.5 紙ジャケ CCCDではない
 TOCP-54130 2009.7.1 オビ新装 CCCD
アマゾン輸入盤 2004年(CCCDではない) 2004年(CCCD)


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。

アマゾン日本盤 TOCP-70906 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)

Menlove Ave.
日本盤CD 『メンローヴ・アヴェニュー』

1986年にアナログLPで発売され、1987年にCD化されたアウトテイク集。

1. Here We Go Again / 2. Rock And Roll People / 3. Angel Baby / 4. Since My Baby Left Me / 5. To Know Her Is To Love Her // 6. Steel And Glass / 7. Scared / 8. Old Dirt Road / 9. Nobody Loves You(When You're Down And Out) / 10. Bless You

1〜5はアルバム 『Rock'n'Roll』 録音時のオクラ入り曲が中心、6〜10はアルバム 『Walls And Bridges』 録音時のリハーサル・テイク。

1〜5の5曲はこのアルバムが出て初めて聴けたもの。

アルバム 『Rock'n'Roll』 の項で記した2曲以外にダブリはないので、現在でも価値は減じていない(いいアルバムかどうかは別にして)。

ジャケットは親交のあったアンディ・ウォーホルの作品(元の写真はイェイン・マクミランの撮影)。

The Old Grey Whistle Test - 40th Anniversary Album [V.A.]

英BBCの音楽番組 『オールド・グレイ・ホイッスル・テスト』 の40周年記念オムニバス・アルバム。

ジョンが出演した1975年4月18日放送の回(3月18日に撮影)の演奏から、「Stand By Me」を収録。

TV放送された音源をそのまま収録したもので、モノラル。

この映像は過去に商品化済み。→詳細はこちら

Double Fantasy
日本盤CD 『ダブル・ファンタジー』


1980年、生前最後のオリジナル・アルバム。

ジョンの曲とヨーコの曲が交互に収められていて、男と女の対話がテーマのひとつになっている。
5年間の充電のあとに発表されたジョンの曲が素晴らしすぎる。

1. (Just Like)Starting Over / 2. Kiss Kiss Kiss / 3. Cleanup Time / 4. Give Me Something / 5. I'm Losing You / 6. I'm Moving On / 7. Beautiful Boy(Darling Boy) // 8. Watching The Wheels / 9. Yes, I'm Your Angel / 10. Woman / 11. Beautiful Boys / 12. Dear Yoko / 13. Every Man Has A Woman Who Loves Him / 14. Hard Times Are Over

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 32XD-447 1986.9.25 ポリドールから初CD化 左の商品
 CP32-5750 1988.12.21 東芝EMIから再発
アマゾン輸入盤 1989年 


2000年リマスター盤 『ミレニアム・エディション』

プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。リミックスはされず、リマスターのみで出された。

「Hard Times Are Over」は旧CDより少しスピードが遅くなっている。

ボーナス・トラック3曲。「Help Me To Help Myself」は未発表曲のピアノ弾き語りデモ、「Walking On Thin Ice」はジョンが死の直前まで録音作業をしていたヨーコの曲(既発)、「Central Park Stroll(Dialogue)」は公園を散歩中のジョンの一言(17秒しかない)。

アマゾン日本盤
 TOCP-65528 2000.10.9 初回生産分は外箱付 左の商品
 TOCP-53477 2005.9.30 オビ新装 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70399 2007.12.5 紙ジャケ 
アマゾン輸入盤 2000年 


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。二つ折りデジスリーブ。


このリマスター盤は2枚組で、アルバム全曲をボーカル中心のサウンドにリミックスした「ストリップト・ダウン・バージョン」が付いている。その他のボーナス・トラックはなし。

アマゾン日本盤 TOCP-70907〜8 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。「ストリップト・ダウン・バージョン」も含む全28曲。 e-onkyo  (flac 96kHz/24bit)

SACDほか
2014年12月に日本のみでSACD(SHM仕様)/プラチナSHM-CD/SHM-CDの3種のフォーマットと紙ジャケット仕様で発売。
オリジナル・ミックス1枚のみで、「ストリップト・ダウン・バージョン」は付かない。
SACDは 96kHz/24bitのPCM2ch のみ収録でハイブリッドではなく、対応のプレーヤーでないと再生不可。
SACD  プラチナSHM-CD  SHM-CD (←アマゾン)

Milk And Honey
日本盤CD 『ミルク・アンド・ハニー』


ジョンの死後1984年に出たアルバム。

前作と同様にジョンの曲とヨーコの曲で構成。なんとかアルバムの体裁を整えてはいるが、やはりジョンの曲は制作途中の印象が強い。

1. I'm Stepping Out / 2. Sleepless Night / 3. I Don't Wanna Face It / 4. Don't Be Scared / 5. Nobody Told Me / 6. O' Sanity // 7. Borrowed Time / 8. Your Hands / 9. (Forgive Me)My Little Flower Princess / 10. Let Me Count The Ways / 11. Grow Old With Me / 12. You're The One

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

現在、「Grow Old With Me」のは2001年のリマスター以降のリミックス版が公式のミックスとなっているようだが、最初に発表された方のバージョンは初CD化マスターのCDや、4枚組CDボックス 『Lennon』 で聴ける。

アマゾン日本盤
 817-1602 1985? 西独製CDに日本でオビを付けたもの 
 P33P-25044 1987.9.30 日本製CD 左の商品
 POCP-1884 1990.12.1 オビ新装 
 POCP-9071 1996.11.21 オビ新装 
アマゾン輸入盤 1987年 1990年 


2001年リマスター盤 『ニュー・センチュリー・エディション』

プラケース(2007年の紙ジャケ版も音は同じ)。

このリマスター盤では、「Grow Old With Me」だけは手が加えられていて、別バージョンのようになっている。早められていた曲のスピードが元に戻り、リズム・ボックス(実際はタンバリンらしいが)のビートに付けられていた深いエコーもなくなっており、こちらの方が録音された時の状態に近いのではないかと思われる。

ボーナス・トラック4曲。「Every Man Has A Woman Who Loves Him」はヨーコの曲をジョンが歌ったバージョンで、1990年の4枚組CDボックス 『Lennon』 でCD化済みだが、そちらよりフェイド・アウトが早められている。
「Stepping Out(Home Version)」はアコギ1本で歌うデモ、「I'm Moving On」はヨーコのデモ、最後のトラックはジョンの死の当日に行われたインタビュー(約22分)。

ここに収録されたインタビューは1981年に 『ジョン・レノン 愛の遺言』 として書籍化されている。

アマゾン日本盤
 TOCP-65535 2001.9.27 初回生産分は外箱付 左の商品
 TOCP-53478 2005.9.30 オビ新装 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70400 2007.12.5 紙ジャケ
アマゾン輸入盤 2001年 


2010年リマスター盤

アナログ時代からのミックスを継承。ボーナス・トラックなし。二つ折りデジスリーブ。

「Grow Old With Me」は2001年リミックス版のミックスで収録。

アマゾン日本盤 TOCP-70908 2010.10.6
アマゾン輸入盤 2010年 

このリマスター音源を基に以下の高音質版が商品化されている。

ハイレゾ
2014年10月よりダウンロード販売開始。 e-onkyo (flac 96kHz/24bit)

Imagine: John Lennon [オリジナル・サウンドトラック]
日本盤CD 『イマジン(オリジナル・サウンドトラック)』

1988年の伝記映画のサントラ。 内容の詳細 

1971年の「Imagine(Rehearsal Version)」は映画の中からの抜粋。

デモ「Real Love」は 『Acoustic』 およびジョンのアウトテイク集 『Anthology』 収録のものとは別の録音。

ソロではないが「A Day In The Life」は前の曲とカブらずに最初の一音からちゃんと聴こえるバージョン(ビートルズのベスト 『青盤』 でも聴ける)。

Anthology
日本盤CD 『アンソロジー』

1998年発売の4枚組アウトテイクBOX。

ジョンが1971年に変名で発表し、入手困難になっていたシングル曲「Do The Oz」(Elastic Oz Band名義で発表した 『God Save Us』 のB面)以外はすべて初登場音源。

ジョージ・マーティンが新たにオーケストラを加えた「Grow Old With Me」は、『Milk And Honey』 で最初に発表されたバージョンに単純にオーケストラを付けたものではなく、オリジナル・デモ・テープを使用していると思われる。

ホーム・デモやリハーサルなどのラフな録音をたっぷり聴くことができるが、元の音源にいろいろと手を加えて編集してあり、録音されたままの状態ではないので、そのへん差し引いて聴いた方がいい。

Lennon Legend(DVD)
日本盤DVD 『レノン・レジェンド』

2003年発売のDVD。

音声は2000年以降のリミックス&リマスター音源
を使用している(2003年以降にリマスター盤が出たアルバムの収録曲は、ここでのリミックスがそのまま使われている)。

ただしCDと違い、Instant Karma! / Power To The People / Whatever Gets You Thru The Night / Stand By Me / Borrowed Time / Give Peace A Chance の6曲はフェイド・アウトせずに終るので、少し長い。

特典では、「Imagine」のライブ(1975/4/18)、「Everybody Had A Hard Year」(1968/12)、「Imagine」のカラオケ・バージョン(映像はフォト・ギャラリー)が聴ける。
もう1曲、「Slippin' & Slidin'」(1975/3/18、TV番組出演時の映像で、ビデオ・クリップ扱いされている)が収録されているが、音声はレコード・バージョンに替えられている。

Happy Xmas(War Is Over)(CDシングル)

2003年12月発売の4曲入りエンハンスド・マキシ・シングル。

Happy Xmas / Imagine / Instant Karma! / Imagine(Photo Gallery)

上の2003年リミックス版を使用しており、「Instant Karma!」はフェイド・アウトせずに終る。

4曲目の「Imagine」は映像付きのカラオケ・バージョン(アマゾンMP3 や iTunesで音のみも販売されている)。


ちなみに、2005年の2枚組ベスト盤 『Working Class Hero』 に収録されている Instant Karma!/Happy Xmas/Cold Turkey/Give Peace A Chance の4曲も2003年リミックス版(ただしフェイド・アウトはする)。

Acoustic
日本盤CD 『LOVE 〜ジョン・レノン・アコースティック・ギター〜』 ※日本盤はCCCD

2004年発売の編集盤。「アコースティック」などと銘打っているが、要はギター伴奏付きのデモを集めただけ。

全16曲中7曲( Well Well Well / God / My Mummy's Dead / Cold Turkey / What You Got / Dear Yoko / Real Love )が初登場で、あとは 『Anthology』 で既発の曲。

The U.S. vs. John Lennon
日本盤CD 『アメリカ vs. ジョン・レノン』

2006年発売の同名記録映画のサントラ。 内容の詳細 

1971年12月10日のライブ「Attica State」(同じ日のライブから、「The Luck Of The Irish」と「John Sinclair」は既に 『Anthology』 でCD化済み)と、「How Do You Sleep?」のカラオケ・バージョンが初登場。

5の「Bed Peace」はベッド・インの時にジョンとヨーコが「ベッド・ピース、ヘア・ピース」と言っている音声(12秒)。DVD 『レノン・レジェンド』 の特典で映像付きで見られる。
この他にも映画に使われたジョンとヨーコの声が冒頭に挿入された曲が数曲ある。

Signature Box
日本盤CD 『ジョン・レノンBOX』


2010年のジョン全作品リマスターに伴って発売のCDボックス。

オリジナル・アルバム8作9枚(『Double Fantasy』 の「ストリップト・ダウン・バージョン」のディスクは含まれない)に、未発表音源とアルバム未収録曲を収録した特典ディスク2枚がセットになった計11枚組ボックス。

【特典ディスク1】 (未発表音源集)
1. Mother / 2. Love / 3. God / 4. I Found Out / 5. Nobody Told Me / 6. Honey Don't / 7. One Of The Boys / 8. India, India / 9. Serve Yourself / 10. Isolation / 11. Remember / 12. Beautiful Boy / 13. I Don't Wanna Be A Soldier

1・2・3・4・6・10・11・13がスタジオ・アウトテイクで、5・7・8・9・12がホーム・レコーディング。音源としてはすべて初商品化で、6・7・8は曲自体が初登場(ただし6はカバー)。

【特典ディスク2】 (リマスターされたアルバム未収録曲6曲)
Power To The People / Happy Xmas(War Is Over)/ Instant Kalma!(We All Shine On)/ Cold Turkey / Move Over Ms. L. / Give Peace A Chance

限定アート・プリントと、このボックスのためのブックレットが付属。


2010年リマスター音源を使用して2015年に発売されたアナログLP・ボックス。輸入盤のみで日本盤は発売されず。 ユニバーサルミュージックジャパン 

オリジナル・アルバム8作9枚のみで、『Double Fantasy』 の「ストリップト・ダウン・バージョン」もCDボックスに付いていた特典ディスクの音源も含まれない。

発売後、アルバム 『Rock'n'Roll』 の不良(「Sweet Little Sixteen」が2回収録され、「You Can't Catch Me」が未収録)が発覚し、交換の処置が取られた。 ユニバーサルミュージックジャパン 

その後、バラ売りでも発売された。
アマゾン Plastic Ono Band  Imagine  Sometime In NYC  Mind Games  Walls & Bridges  Rock'n'Roll  Double Fantasy  Milk & Honey

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

 ジョンのオリジナル・アルバムのCD化の流れ(日本盤)

1984年 ジョンの作品の最初のCD 『Milk And Honey』 発売
 ↓
1988年までに、オリジナル・アルバム8作がすべてCD化
 ↓
2000年〜2005年 オリジナル・アルバム8作をリミックス/リマスター盤で再発
        (『Imagine』 以外の各アルバムにボーナス・トラックを追加)
 ↓
2007年 日本で紙ジャケットCDで再発
        (『Sometime In New York City』 と 『Shaved Fish』 以外はリミックス音源)
 ↓
2010年 オリジナル・アルバム8作をもとのアナログ時代のミックスでリマスターして再発
        (ボーナス・トラックなし)
 ↓
2014年 ハイレゾ音源ダウンロード販売(2010年リマスター版)
 ↓
2014年 日本で紙ジャケット/高音質CDで再発(2010年リマスター版)


リミックス盤と旧盤の違いについては、当HPの「ジョン・レノンのリミックス盤」のページでまとめています。

◎以下のリンクはすべてアマゾン

■John Lennon / Plastic Ono Band (ジョンの魂)

 CP32-5463  1988.4.24  初CD化
 TOCP-6857  1991.9.20  オビ新装(Super Masters シリーズ)
 TOCP-3122  1995.11.8  オビ新装(Cool Price シリーズ)
 TOCP-65520  2000.10.9  ミレニアム・エディション(リミックス) 曲追加 初回は外箱付
 TOCP-53472  2005.9.30  ミレニアム・エディションのオビ新装 曲追加 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70391  2007.11.28  紙ジャケ(音はリミックス版) 曲追加
 TOCP-70900  2010.10.6  2010年リマスター
 UIGY-9644  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-SACD
 UICY-40100  2014.12.3  紙ジャケ/プラチナSHM-CD
 UICY-76936  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-CD


■Imagine (イマジン)

 CP32-5451  1987.7.22  初CD化
 CP43-5773  1988.12.21  「エタニティ・ゴールドCD」シリーズ ゴールドCD
 TOCP-65522  2000.2.16  ミレニアム・エディション(リミックス) 初回は外箱付
 TOCP-53473  2005.9.30  ミレニアム・エディションのオビ新装 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70392  2007.11.28  紙ジャケ(音はリミックス版)
 TOCP-70901  2010.10.6  2010年リマスター
 UIGY-9645  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-SACD
 UICY-40101  2014.12.3  紙ジャケ/プラチナSHM-CD
 UICY-76937  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-CD


■Sometime In New York City (サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ)

 CP25-5466〜7  1987.8.24  初CD化
 TOCP-65523〜4  2000.3.29  オビ新装
 TOCP-67779  2005.11.16  リミックス&デジタル・リマスタリング 曲削除&追加
 TOCP-70393〜4  2007.11.28  紙ジャケ(音はリミックス前のもの)
 TOCP-70902〜3  2010.10.6  2010年リマスター
 UIGY-9646  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-SACD
 UICY-40102〜3  2014.12.3  紙ジャケ/プラチナSHM-CD
 UICY-76938〜9  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-CD


■Mind Games (ヌートピア宣言)

 CP32-5464  1987.9.22  初CD化
 TOCP-6858  1991.9.20  オビ新装(Super Masters シリーズ)
 TOCP-3123  1995.11.8  オビ新装(Cool Price シリーズ)
 TOCP-67075  2002.10.17  リミックス&デジタル・リマスタリング 曲追加 初回は外箱付
 TOCP-53474  2005.9.30  リミックス&デジタル・リマスタリングのオビ新装 曲追加 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70395  2007.11.28  紙ジャケ(音はリミックス版) 曲追加
 TOCP-70904  2010.10.6  2010年リマスター
 UIGY-9647  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-SACD
 UICY-40104  2014.12.3  紙ジャケ/プラチナSHM-CD
 UICY-76940  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-CD


■Walls And Bridges (心の壁、愛の橋)

 CP32-5465  1987.8.5  初CD化
 TOCP-65526  2000.5.31  オビ新装
 TOCP-67778  2005.11.16  リミックス&デジタル・リマスタリング 曲追加 CCCD
 TOCP-70396  2007.12.5  紙ジャケ(音はリミックス版) 曲追加
 TOCP-54131  2009.7.1  リミックス&デジタル・リマスタリングのオビ新装 曲追加 CCCD
 TOCP-70905  2010.10.6  2010年リマスター
 UIGY-9648  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-SACD
 UICY-40105  2014.12.3  紙ジャケ/プラチナSHM-CD
 UICY-76941  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-CD


■Rock'n'Roll (ロックンロール)

 CP32-5452  1987.7.22  初CD化
 TOCP-65527  2000.10.9  オビ新装
 TOCP-67500  2004.9.29  リミックス&デジタル・リマスタリング 曲追加 CCCD
 TOCP-53476  2005.9.30  リミックス&デジタル・リマスタリングのオビ新装 曲追加 CCCD
 TOCP-70397  2007.12.5  紙ジャケ(音はリミックス版) 曲追加
 TOCP-54130  2009.7.1  リミックス&デジタル・リマスタリングのオビ新装 曲追加 CCCD
 TOCP-70906  2010.10.6  2010年リマスター
 UIGY-9649  2014.12.3  紙ジャケット仕様/SHM-SACD
 UICY-40106  2014.12.3  紙ジャケット仕様/プラチナSHM-CD
 UICY-76942  2014.12.3  紙ジャケット仕様/SHM-CD


■Double Fantasy (ダブル・ファンタジー)

 32XD-447  1986.9.25  ポリドールから初CD化
 CP32-5750  1988.12.21  東芝EMIから再発
 TOCP-65528  2000.10.9  ミレニアム・エディション 曲追加 初回は外箱付
 TOCP-53477  2005.9.30  ミレニアム・エディションのオビ新装 曲追加 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70399  2007.12.5  紙ジャケ(音はリミックス版) 曲追加
 TOCP-70907〜8  2010.10.6  2010年リマスター+ストリップト・ダウン・バージョン
 UIGY-9650  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-SACD
 UICY-40107  2014.12.3  紙ジャケ/プラチナSHM-CD
 UICY-76943  2014.12.3  紙ジャケ/SHM-CD


■Milk And Honey (ミルク・アンド・ハニー)

 ※は「Grow Old With Me」の最初に発表された方のバージョンが聴ける
 817-1602  1984  西独製CDに日本でオビを付けたもの ※
 P33P-25044  1987.9.30  日本製CD ※
 POCP-1884  1990.12.1  オビ新装 ※
 POCP-9071  1996.11.21  オビ新装 ※
 TOCP-65535  2001.9.27  ニュー・センチュリー・エディション 曲追加 初回は外箱付
 TOCP-53478  2005.9.30  ニュー・センチュリー・エディションのオビ新装 曲追加 同じ型番で2009.7.1にも再発
 TOCP-70400  2007.12.5  紙ジャケ(音はリミックス版) 曲追加
 TOCP-70908  2010.10.6  2010年リマスター

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system