このサイトのトップメニューに戻る

ポール・マッカートニーの参加作品
その4(2001〜2015)

作曲・演奏・プロデュースなどで関わった作品

ポールがリード・ボーカルを取っているものなどは、ポール本人の作品に含め、ここでは除外します。

ページの一番下の ポール全時期の参加作品一覧表 で確認して下さい。

Rings Around The World [Super Furry Animals]
日本盤CD 『リングス・アラウンド・ザ・ワールド』

2001年。演奏に参加。

ポールとは2000年の 『Liverpool Sound Collage』 でも仕事をしたスーパー・ファーリー・アニマルズのアルバム。

「Receptacle For The Respectable」で「ポールが野菜をかじる音」がサンプリングされている。もちろんビーチ・ボーイズの「Vegetables」(1967年)でポールが野菜をかじったことに対するオマージュですね(本人は「録音には参加したが野菜をかじったかどうか覚えてない」と言ってますが)。

かじった野菜はセロリとニンジンだそうです。

Together [Lulu]

2002年。演奏に参加?

「Inside Thing」はウイングスの「Let'Em In」をベースに作ったラップ調の曲。オリジナルのウイングス版のポールのボーカルがサンプリングされている。

それ以外でもポールに非常に似た声が聴こえるが、クレジットには「Vocal recorded by Billy Lawrie and Lulu」としか記載されておらず、ポールの新たな録音があるのかどうかはっきりしない(Billy Lawrieはルルの兄か弟)。

Gettin' in Over My Head [Brian Wilson]
日本盤CD 『ゲティン・イン・オーヴァー・マイ・ヘッド』

2004年。演奏に参加。

ブライアン・ウィルソンの「A Friend Like You」で限りなくデュエットに近いコーラスを担当。共作してほしかった…。

このアルバムのジャケット・デザインは 『サージェント・ペパー』 と同じピーター・ブレイクが担当したもの。

Undressing Underwater [Rusty Anderson]
日本盤CD 『アンドレッシング・アンダーウォーター』

2004年。演奏に参加。

現在のポール・バンドのギタリストのファースト・ソロをバック・アップ。
「Hurt Myself」にギター、ベース、バック・ボーカルで参加。

英米でジャケットが違う(ここに挙げたのは米盤)。

日本盤は米盤と同じジャケットで、英米より1曲多い。

アマゾンMP3 Hurt Myself

Do They Know It's Christmas? [Band Aid 20]
日本盤CD 『ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?』

2004年。演奏に参加。

20年ぶりのリメイクにベースで参加。

この曲のビデオ・クリップにも出演している。

このCDシングルは1984年のオリジナル・バージョンと1985年7月13日のライブ・エイドでのライブ・バージョンをカップリングした3曲入り。ライブ・バージョンにはポールも参加しているが(ただしフィナーレでその他大勢とステージにいるだけ)、音声のみで商品化されているのはこのシングルだけ。
2004年発売のDVDには映像とともに収録されている。

アマゾンMP3  

A Time To Love [Stevie Wonder]
日本盤CD 『タイム・トゥ・ラヴ』

2005年。演奏に参加。

スティービー・ワンダーの10年ぶりのアルバム。

「A Time To Love」にアコースティック・ギターとエレキ・ギターで参加。

アマゾンMP3 A Time To Love

Witchazel [Matt Berry]

2009年、演奏に参加。

イギリスの俳優/コメディアン/ミュージシャンのマット・ベリー(WOWOWで放送されていたTVドラマ 『ハイっ、こちらIT課!』 に出演)が2009年3月11日に無料ダウンロードで発表したアシッド・ジャズ・アルバム 『Witchazel』 に収録の「Rain Came Down」にベースで参加。

2011年3月にはCDとして発売された。

アマゾンMP3 Rain Came Down

Roadsinger: Special Edition (CD+DVD) [Yusuf Islam(Cat Stevens)]


2009年5月26日発売(録音は2008年)。演奏に参加。

かつてキャット・スティーブンスとして音楽活動を行い、イスラム教に改宗後、改名したユスフ・イスラムの「Boots & Sand」に参加。

ポールとドリー・パートンがバック・コーラスで参加している(ポールが左チャンネル、ドリー・パートンが右チャンネル)。

アルバム 『Roadsinger』 の発売と同時に発表されたが、アルバムには収録されず、海外ではアナログ7インチ・シングル(←アマゾン)、米 iTunes のボーナス・トラック、英アマゾンMP3などで販売された。

左の商品はアルバム 『Roadsinger』 のDVD付きスペシャル・エディションで、DVDに「Boots & Sand」のビデオ・クリップが収録されている(ポールは出演していない)。

下の商品は2010年に出た 『Roadsinger』 の「ツアー・エディション」で、ボーナス・トラックとして「Boots & Sand」が追加されている(音声のみ)。

Y Not [Ringo Starr]
日本盤CD 『ワイ・ノット』

2010年1月12日発売(録音は2009年)。演奏に参加。

リンゴのソロ15作目。

「Walk With You」にバック・コーラス、「Peace Dream」にベースで参加。

「Walk With You」はデュエットと喧伝されていたが、私の基準ではそこまでのものではない。

アマゾンMP3  

Wreckorder [Fran Healy]
日本盤CD 『レコーダー』

2010年9月22日発売(録音は2009年)。演奏に参加。

英国のバンド、トラヴィスの中心メンバー、フラン・ヒーリーのファースト・ソロ・アルバムに収録の「As It Comes」にベースで参加。

こちらでフル試聴可能。

アマゾンMP3 As It Comes

Extraordinary Lives [Glenn Aitken]

2010年6月21日発売。演奏に参加。

ポールの音楽出版社MPLと契約したニュージーランド出身のミュージシャン、グレン・エイトケンのデビュー・アルバム。

1曲目の「Ordinary People」にベースで参加。

モルディブで演奏していたエイトケンを見たポールがすぐにMPLとの契約を勧め、イギリスに呼んでレコーディングさせた…というようなことがアマゾンの商品ページに書いてある。

英音楽雑誌 『Uncut』 の2004年7月号の付録としてポールが選曲したCDが付いていたが、このアルバムに収録されている「The Way」が含まれていた。

この曲を収録したシングルCDも出ている。
 『Ordinary People』 (←アマゾン)

アマゾンMP3 Ordinary People

Available Light [James McCartney]

icon


2010年。プロデュース。

息子のジェームズの5曲入りデビューEP。デヴィッド・カーンと共同プロデュース。

のちに 『The Complete EP Collection』 でCD化されるまではダウンロードのみの販売だった。

Close At Hand [James McCartney]

icon


2011年。プロデュース。

息子のジェームズの2作目で6曲入りEP。デヴィッド・カーンと共同プロデュース。

のちに 『The Complete EP Collection』 でCD化されるまではダウンロードのみの販売だった。

The Complete EP Collection [James McCartney]

2010〜11年。プロデュース。

上記のジェームズ・マッカートニーのEP2作11曲に、5曲を追加した2枚組CD。

Old Sock [Eric Clapton]
日本盤CD 『オールド・ソック』


2013年。演奏に参加。

エリック・クラプトンが自分の好きな曲をカバーしたアルバム。

ジャズ・スタンダードの「All Of Me」にコーラスとアップライト・ベースで参加。

アマゾンMP3 All Of Me 

L'ecume Des Jours [オリジナル・サウンドトラック(Etienne Charry) / V.A.]


2013年。演奏に参加。

2007年に「Dance Tonight」のビデオ・クリップを監督したミシェル・ゴンドリーの映画 『ムード・インディゴ〜うたかたの日々』 のサウンドトラックでベースを演奏。

当時の報道から
・ポールはサントラの音楽のうち「Course Cloches」「Fleuriste」「Adieux」に参加
・「Course Cloches」は主人公コランとクロエの結婚式、「Fleuriste」はコランがクロエのために花を買いに行くシーンで使用されている
・ポールは音楽だけではなく、映画の中の効果音作りにも参加している
・ゴンドリー監督「僕は、光のビームやウナギが管から飛び出してくるところなど、映画の中でビジュアル効果を使ったいくつかのシーンにサウンドエフェクトをつけてくれないかとポールに頼んだ。彼が子供みたいに遊びながら面白い音をつくる姿を見るのは本当に楽しかった」

左はサントラCD(2枚組で1枚は映画のサウンドトラック、もう1枚は映画内で流れる既存の音楽)。日本盤はなし。
下はブルーレイとDVD。

 
    ブルーレイ         DVD 

Me [James McCartney]


2013年。演奏に参加。

息子のジェームズの3作目で初のフル・アルバム。

ドラム、ギター、ボーカルで参加。

アマゾンMP3 

Under The Influence: Holiday Edition [Straight No Chaser]

2013年。昔の録音音源の提供。

アカペラ・グループ、ストレート・ノー・チェイサーのクリスマスEP。

「Wonderful Christmastime」のカバーに、オリジナル・バージョンのポールのボーカル・トラックが使用されている。

アマゾンMP3 Wonderful Christmastime

Destiny [オリジナル・サウンドトラック(Michael Salvatori, C Paul Johnson, Martin O Donnell & Paul McCartney)]


MP3


2014年。曲を共作。

2014年9月に発売されたビデオ・ゲーム 『Destiny』 のスコア集。

ポールはマイク・サルバトーリとマーティ・オドネルとともに曲作りに参加。

この音楽制作についてのポールのインタビュー(ユニバーサルミュージックジャパン)

ゲーム内に収録されている制作クレジットのバックで、ポールがこのために録音した主題歌「Hope For The Future」が聴けるが、このスコア集には未収録。
この曲は後にシングルとして発売された。


↓ゲーム「Destiny」 左から PS3用、PS4用、PS4同梱セット

Only One [Kanye West featuring Paul McCartney]


MP3

2014年。曲を共作/共同プロデュース/演奏に参加。

カニエ・ウェストの曲を共作し、キーボードとプロデュースも担当。

作曲は、Kanye West、Paul McCartney、Kirby Lauryen、Mike Dean、Noah Goldstein、Donda West の5人。

プロデュースはポールと Mike Dean。

FourFiveSeconds [Rihanna And Kanye West And Paul McCartney]


MP3

2015年。曲を共作/共同プロデュース/演奏に参加。

アコースティック・ギターはポールの演奏で、カニエ・ウェストのボーカルのバックで小さく聴こえている宇宙人のようなボーカルもポール。

ポールとカニエがいろいろな雑談をしながら即興に近い形で演奏し、iPhone に録音したものを使用しており、ポールのボーカルはかなりピッチが上げられている。

作曲は、Kanye West、Paul McCartney、Kirby Lauryen、Mike Dean、Ty Dolla Sign、Dave Longstreth、Dallas Austin、Elon Rutberg、Noah Goldstein の9人。

プロデュースはカニエ・ウェストとポールの他に、Mike Dean、Dave Longstreth、Noah Goldstein、Kuk Harrell の4人も共同でプロデュースしている。

CDシングルにはビデオ・クリップも収録。

Wallflower [Diana Krall]
日本盤CD 『ウォールフラワー』

2015年。曲提供。

『Kisses On The Bottom』 に参加したダイアナ・クラールのアルバムに、書き下ろしのバラード「If I Take You Home Tonight」を提供。

アマゾンMP3 If I Take You Home Tonight

All Day [Kanye West featuring Theophilus London, Allan Kingdom and Paul McCartney]


MP3

2015年。曲を共作/演奏に参加。

カニエ・ウェストの曲を共作し、演奏に参加。

最後の方で出てくるアコースティック・ギターと口笛の部分の演奏がポールで、このメロディーはポールの過去の未発表曲「When The Wind Is Blowing」からのもの。

曲の冒頭などにもこのメロディをアレンジしたものが使われている。

作曲は、Kanye West、Tyler Bryant、Karim Kharbouch、Mario Winans、Ernest Brown、Cydel Young、Victor Mensah、Allan Kyariga、Mike Dean、Che Pope、Noah Goldstein、Paul McCartney、Allen Ritter Charles、Njapa Malik、Yusef Jones、Patrick Reynolds、Kendrick Lamar、Rennard East、Noel Ellis の19人。

FoodRevolutionDay Song [Jamie Oliver]

未商品化


2015年。演奏に参加。

イギリスの料理番組で有名になった料理家のジェイミー・オリヴァーの食育キャンペーン「フード・レボリューション・デイ」のキャンペーン・ソングに参加。

YouTube で公式にアップされたクリップが見られる(商品化はされていない)。
【2016年11月8日追記】
キャンペーン終了に伴い見られなくなったので、公式でないものをリンク

とりあえず「レボリューション♪」のコーラスに参加していることはわかるが、その他は不明。

参加ミュージシャン : Ed Sheeran / Paul McCartney / Jazzie B / Professor Green / Alesha Dixon / Jamie Cullum / Mr Hudson / Hugh Jackman / Us the Duo / George The Poet / Che'nelle / DJ MK / The London Youth Choir

このキャンペーンについては以下参照。
Food Revolution Day ホームページ(英語)
日本語のメッセージ・ページ 

Midnight Mccartney [John Pizzarelli]
日本盤CD 『ミッドナイト・マッカートニー〜ポール・マッカートニー・ソングブック』

2015年。カバー・アルバムの選曲に参加。

ジョン・ピザレリがビートルズ解散後のポールの曲をジャズ&ボサ・ノヴァ・タッチでカバーしたアルバム。

ピザレリはポールの 『Kisses On The Bottom』 に参加した縁でこの企画を勧められ、ポール自身も選曲に加わったとのこと。

日本盤CDには海外でダウンロード版のボーナス・トラックだった14も収録。

1. Silly Love Songs /2. My Love /3. Heart Of The Country /4. Coming Up /5. No More Lonely Nights /6. Warm And Beautiful /7. Hi, Hi, Hi /8. Junk /9. My Valentine /10. Let ‘Em In /11. Some People Never Know /12. Maybe I’m Amazed /13. Wonderful Christmastime (ボーナス・トラック)/14. With A Little Luck (日本盤ボーナス・トラック)

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ



ポール・マッカートニーの参加作品 一覧

年度は録音年だったり発表年だったり、オオザッパです。
ページの区切りに特に意味はありません(20作品前後で区切っているだけ)。
また、年度に◎を付けた作品はポール本人の作品に含めたため、「ソロ 音源編」のリストを参照して下さい。

年度

アーティスト名

タイトル(『』はアルバム名)

参加内容

このサイトのページ

1962(2004) トニー・シェリダン Tell Me If You Can 曲を共作  1ページ目
 
移動する
1963/64 ビリー・J・クレーマー I'll Be On My Way / I'll Keep You Satisfied / From A Window 曲提供
1963/67 ローリング・ストーンズ I Wanna Be Your Man / We Love You 曲提供/演奏に参加
1963 トミー・クイックリー Tip Of My Tongue 曲提供
1963/64/68 シラ・ブラック Love Of The Loved / It's For You / Step Inside Love 曲提供/演奏に参加
1964/66 ピーターとゴードン A World Without Love / Nobody I Know / I Don't Want To See You Again / Woman 曲提供
1964 マイク・シャノン One And One Is Two 曲提供
1964 アップルジャックス Like Dreamers Do 曲提供
1964 アルマ・コーガン I Knew Right Away 演奏に参加
1965 シルキー You've Got To Hide Your Love Away 演奏に参加
1965 P.J.プロビー That Means A Lot 曲提供
1966 クリフ・ベネット Got To Get You Into My Life

曲提供/プロデュース

1966 エスコーツ From Head To Toe 演奏に参加
1966/68 ドノヴァン Mellow Yellow / Atlantis 演奏に参加
◎1966 サントラ Theme From “The Family Way” 曲提供
1967 ビーチ・ボーイズ Vegetables 演奏に参加?
1967 クリス・バーバー・バンド Catcall 曲提供/演奏に参加
1968 グレープフルーツ Lullaby 他 プロデュース/アレンジ?
1968 ポール・ジョーンズ And The Sun Will Shine / The Dog Presides 演奏に参加
1968 マッゴー&マクギア 『McGough And McGear』 共同プロデュース/演奏に参加
1968/69 ジャッキー・ロマックス Sour Milk Sea / Thumbin' A Ride プロデュース/演奏に参加
1968 ブラック・ダイク・ミルズ・バンド Thingumybob / Yellow Submarine 曲提供/プロデュース
1968 ボンゾ・ドッグ・バンド I'm The Urban Spaceman プロデュース
1968 ジェームズ・テイラー Carolina In My Mind 演奏に参加
1968/69 メリー・ホプキン 『Post Cards』
(ボーナス・トラックの68年作品を含む)
プロデュース/演奏に参加  2ページ目
 
移動する
1969 メリー・ホプキン Goodbye / Sparrow / Lontano Dagli Occhi / Que Sera, Sera / Fields Of St. Etienne 曲提供/プロデュース/演奏に参加
1969 フォーモスト Rosetta / Just Like Before プロデュース
1969 スティーヴ・ミラー・バンド My Dark Hour 演奏に参加
1969/74 スキャッフォルド Charity Bubbles / Goose / Liverpool Lou / Ten Years After On Strawberry Jam プロデュース/演奏に参加
1969 カルロス・メンデス/Jotta Herre Penina 曲提供
1970 バッドフィンガー Come And Get It / Rock Of All Ages / Carry On Till Tomorrow 曲提供/プロデュース/演奏に参加
1970 リンゴ・スター Stardust アレンジ
1972 マイク・マクギア Bored As Butterscotch 曲を共作
1972 カーリー・サイモン Night Owl 演奏に参加
1973 リンゴ・スター Six O'Clock(2バージョン)/ You're Sixteen 曲提供/演奏に参加
1974 ソーントン、フラッドキン&アンガー God Bless California / Black Gypsy 演奏に参加
1974 ジョン・クリスティ 4th Of July 曲提供
1974 ジェームズ・テイラー Rock'n'Roll Is Music Now / Let It All Fall Down 演奏に参加
1974 アダム・フェイス Change / Never Say GoodBye / Goodbye / Star Song 演奏に参加
1974/75 マイク・マクギア 『McGear』
(ボーナス・トラックの75年作品を含む)
曲提供/プロデュース/演奏に参加

1974

ロッド・スチュワート Mine For Me 曲提供
1974 ペギー・リー Let's Love(2バージョン) 曲提供/プロデュース/演奏に参加
1976 リンゴ・スター Pure Gold 曲提供/演奏に参加
1977 ロイ・ハーパー One Of Those Days In England(Part1) 演奏に参加
1977 デニー・レイン 『Holly Days』 プロデュース/演奏に参加
1977 ロジャー・ダルトリー Giddy 曲提供
1978 フレディー・スター You've Lost That Lovin' Feelin' 演奏に参加

 3ページ目
 
移動する

1978 ケイト・ロビンス Tomorrow その他の関与
1979 ゴドリー&クリーム Get Well Soon 演奏に参加
1979〜82?
(1986?)
アイヴォリー Runaway / Freedom  Land 曲を共作
1980 デニー・レイン Send Me The Heart / Weep For Love / I Would Only Smile 曲を共作/演奏に参加
1981 ジョージ・ハリスン All Those Years Ago 演奏に参加
1981 リンゴ・スター Private Property / Attention / Sure to Fall / You Can't Fight Lightning 曲提供/プロデュース/演奏に参加
◎1981(1996) カール・パーキンス My Old Friend プロデュース/演奏に参加
1982 ローレンス・ジューバー Maisie 演奏に参加
◎1982 マイケル・ジャクソン The Girl Is Mine 演奏に参加
◎1983 サントラ Theme From “The Honorary Consul” 曲提供/演奏に参加
1984 エヴァリー・ブラザーズ On The Wings Of A Nightingale 曲提供/プロデュース/演奏に参加
1984 バンド・エイド Feed The World 声で参加
1985 ザ・クラウド Messages 声で参加
1987 フェリー・エイド Let It Be 昔の録音音源の提供
1987 デュアン・エディ Rockestra Theme 曲提供/プロデュース/演奏に参加
1988 クリケッツ T-Shirt プロデュース/演奏に参加
◎1988 ジョニー・キャッシュ New Moon Over Jamaica 曲を共作/プロデュース/演奏に参加
1988 スピリット・オブ・プレイ Children In Need プロデュース/演奏に参加
1989 エルヴィス・コステロ ...This Town / Veronica / Pads, Paws And Claws 曲を共作/演奏に参加
◎1989 V.A. Ferry 'Cross The Mersey 演奏に参加
1991 エルヴィス・コステロ So Like Candy / Playboy To A Man 曲を共作
1992 10cc Don't Break The Promises 曲を共作
1993 エディ・マーフィー Yeah 演奏に参加
◎1994 飲酒運転に反対するアーティスト Drive My Car 曲提供/演奏に参加
1995 ヨーコ・オノ Hiroshima Sky Is Always Blue 演奏に参加
1995 10cc Yvonne's The One 曲を共作/演奏に参加
1996 エルヴィス・コステロ

Shallow Grave 曲を共作
1996 アレン・ギンズバーグ The Ballad Of The Skeletons 曲を共作/演奏に参加
◎1998 リンダ・マッカートニー 『Wide Prairie』 曲を共作/プロデュース/演奏に参加
1998 リンゴ・スター What In The...World / I Was Walkin' / La De Da 演奏に参加
◎1999 ピート・カートリー Little Children 演奏に参加
2001 スーパー・ファーリー・アニマルズ Receptacle For The Respectable 演奏に参加  4ページ目
 
移動する
◎2001 リンゼイ・パガーノ So Bad 曲提供/演奏に参加
2002 ルル Inside Thing 演奏に参加?
2004 ブライアン・ウィルソン A Friend Like You 演奏に参加
2004 ラスティ・アンダーソン Hurt Myself 演奏に参加
2004 バンド・エイド20 Do They Know It's Christmas? 演奏に参加
2005 スティービー・ワンダー A Time To Love 演奏に参加
◎2006 トニー・ベネット The Very Thought Of You 演奏に参加
◎2006 ジョージ・マイケル Heal The Pain 演奏に参加
◎2006 ジョージ・ベンソン&アル・ジャロウ Bring It On Home To Me 演奏に参加
◎2008 ニティン・サウニー My Soul 曲を共作/演奏に参加
2008(2009) ユスフ・イスラム Boots & Sand 演奏に参加
2009 マット・ベリー Rain Came Down 演奏に参加
◎2009 クラウス・フォアマン I'm In Love Again 演奏に参加
2009(2010) リンゴ・スター Walk With You / Peace Dream 演奏に参加
2009(2010) フラン・ヒーリー As It Comes 演奏に参加
2010 グレン・エイトケン Ordinary People 演奏に参加
2010 ジェームズ・マッカートニー 『Available Light』 プロデュース
◎2011 スティーブ・マーティン Best Love 演奏に参加
2011 ジェームズ・マッカートニー 『Close At Hand』 プロデュース
◎2012 ザ・ジャスティス・コレクティヴ He Ain't Heavy He's My Brother 演奏に参加
2013 エリック・クラプトン All Of Me 演奏に参加
2013 『ムード・インディゴ』 サントラ Course Cloches / Fleuriste / Adieux 他 演奏に参加
2013 ジェームズ・マッカートニー 『Me』 演奏に参加
◎2013 ザ・ブラッディ・ビートルーツ Out Of Sight 演奏に参加
2013 ストレート・ノー・チェイサー Wonderful Christmastime 昔の録音音源の提供
2014 カニエ・ウェスト Only One 曲を共作/共同プロデュース/演奏に参加
2015 リアーナ&カニエ・ウェスト&ポール Fourfiveseconds 曲を共作/共同プロデュース/演奏に参加
2015 ダイアナ・クラール If I Take You Home Tonight 曲提供
2015 カニエ・ウェスト All Day 曲を共作/演奏に参加
◎2015 V.A. Love Song To The Earth 演奏に参加
◎2015 ハリウッド・ヴァンパイアーズ Come And Get It 曲提供/演奏に参加
2015 ジェイミー・オリヴァー FoodRevolutionDay Song 演奏に参加
2015 ジョン・ピザレリ 『Midnight Mccartney』 選曲に参加
2016 ベルンハルト・ヴェルツ Maybe I´m Amazed 昔の録音音源の提供  5ページ目
 
移動する

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system