このサイトのトップメニューに戻る

リンゴ・スターが出ている映像ソフト 2000年代

ソフト化されたものに限っています

Ringo Starr And His New All-Starr Band


2001年8月22日。第7期オールスター・バンドのシカゴでのライブ。本編80分。

曲目(太字がリンゴの曲)
PhotographAct Naturally / Logical Song (ロジャー・ホジソン) / Cleveland Rocks* (イアン・ハンター) / Back Off BoogalooI Wanna Be Your ManYou're SixteenYellow Submarine / Things Can Only Get Better* (ハワード・ジョーンズ) / Lucky Man (グレッグ・レイク) / Give A Little Bit (ロジャー・ホジソン) / No One Is To Blame (ハワード・ジョーンズ) / The No-No SongIt Don’t Come Easy* / Glamorous Life (シーラ・E) / Take The Long Way Home (ロジャー・ホジソン) / All The Young Dudes (イアン・ハンター) / Don’t Go Where The Road Don’t GoWith A Little Help From My Friends

特典映像:
 Featurette/Extra Ringo Interview/Howard Jones Photo Album


日本ではNHK‐BS2で短縮版が放送されたが未ソフト化。3曲少ないCD版(上記*が未収録)もあり。

参加メンバー
Ringo Starr - drums, vocals
Roger Hodgson - guitar, keyboards, vocals
Ian Hunter - guitar, keyboards, vocals
Howard Jones - keyboards, vocals
Greg Lake - bass, vocals
Sheila E. - drums, vocals
Mark Rivera - saxophone, guitar, harmonica, vocals

(輸入盤DVD購入の際にはリージョン等の確認を)

コンサート・フォー・ジョージ [V.A.]



2002年11月29日。

この日一番大きな歓声が上がったのが、リンゴが登場した時だった(編集している可能性もあるが)。

ビートルズ解散後もこの二人はずっと仲良く助け合ってきたことが皆の頭にあったんだろう。

2枚組の1枚目にはコンサートの完全版(146分)、2枚目には数曲カットのうえ曲順を入れ替えて出演者のインタビュー映像などを交えた劇場公開版(149分)を収録。

曲目(完全版)※太字はリンゴがリード・ボーカル
Sarve Shaam / Your Eyes / The Inner Light / Arpan / Sit On My Face / Lumberjack Song / I Want To Tell You / If I Needed Someone /Old Brown Shoe / Give Me Love / Beware Of Darkness / Here Comes The Sun / That's The Way It Goes / Horse To The Water / Taxman / I Need You / Handle With Care / Isn't It A Pity / PhotographHoney Don't / For You Blue / Something / All Things Must Pass / While My Guitar Gently Weeps / My Sweet Lord / Wah Wah / I'll See You In My Dreams

ディスク2の特典映像
ラヴィ・シャンカール・オーケストラの練習風景(11分)
モンティ・パイソンの舞台裏(12分)
「ジョージのバンド」の練習風景(7分) リンゴも参加
出演者たちのインタビュー(10分) リンゴ含む
■フォト・ギャラリー

収録音声はドルビー・デジタル・ステレオ2ch/ドルビー・デジタル5.1ch/DTS5.1ch。

上の商品はDVD、下は2011年9月発売のブルーレイ。
ワーナー・ミュージック・ジャパンから発売のブルーレイは米盤ブルーレイにギター・フィギュア(グレッチのデュオ・ジェット)を同梱したもので、3000セットの限定生産。
ブルーレイにはDVD未収録の特典映像「Drummer」(リンゴ、ジム・ケルトナー、レイ・クーパーのインタビュー、6分)が追加されている。

米盤には日本語字幕も入っている(ただしDVDはリージョン1)。
 米盤DVD 米盤ブルーレイ (←アマゾン)

CD版 もあり。

ツアー2003


2003年7月24、25日。第8期オールスター・バンドのカナダでのライブ。111分。

一曲毎にツアー・ドキュメントが織り込まれていて、メンバーのおふざけぶりが楽しい(もともと寄せ集め的ライブなので途中に挿入されてもあまり気にならない)。

曲目(太字がリンゴの曲)
It Don't Come EasyHoney Don'tMemphis In Your Mind / How Long (ポール・キャラック) / Down Under (コリン・ヘイ) / When I See You Smile (ジョン・ウェイト) / Love Bizarre (シーラ・E) / BoysDon't Pass Me By Yellow Submarine / Living Years (ポール・キャラック) / Missing You (ジョン・ウェイト) / Glamorous Live (シーラ・E) / I Wanna Be Your Man / Who Can It Be Now (コリン・ヘイ) / With A Little Help From My Friends

CD版 と曲目は同じだが、ジョン・ウェイトの「When I See You Smile」とシーラ・Eの「Glamorous Life」は別テイク。

特典映像ではリハーサル(リンゴは出てないけど)などが見られる。

収録音声はドルビー・デジタル・ステレオ2ch/ドルビー・デジタル5.1ch。

参加メンバー
Ringo Starr - drums, keyboards, vocals
Colin Hay - guitar, vocals
Paul Carrack - keyboards, vocals
John Waite - bass, vocals
Sheila E. - drums, vocals
Mark Rivera - saxophone, vocals

Ringo Rama(Deluxe Edition)(CD+DVD)

2003年発売のアルバムのデラックス・エディション。CD2枚とDVD1枚の3枚組。

付属のDVDに「Never Without You」のビデオ・クリップやアルバムのメイキング映像などを収録(リージョン・オール)。

【DVD収録内容】
■ドキュメンタリー(レコーディング風景やインタビュー) 41分35秒
■アルバム収録曲(ボーナス・トラック除く)の歌詞(静止画)
■「Never Without You」 ビデオ・クリップ 4分35秒
■「Never Without You」 クリップ撮影風景とインタビュー 
19分52秒
■隠しトラック マーク・ハドソン主演のコントみたいな映像 4分48秒

このデラックス・エディションは日本未発売。

Fake Songs(CD+DVD) [Liam Lynch]

2003年。

リンゴの新レーベル「パンキンヘッド・レコーズ」の第1弾アーティスト、リアム・リンチのアルバム。リンチはポールの設立した芸術学校(LIPA)の卒業生だったが、リンゴは後からそれを知ったらしい。

米盤はDVDとの2枚組で、いろいろな映像が収録されているが、そのうちリンゴがドラムで参加した2曲(「Cuz You Do」「Try Me」)のレコーディング風景と「Cuz You Do」のビデオ・クリップにはリンゴが出てくる(DVDはリージョン・ オール)。

※英盤はCDのみで映像は収録されておらず、日本盤 (『フェイク・ソングス』) はCDのみで、CDエクストラ仕様でビデオ・クリップ5曲のみ(うちリンゴが出てくるのは「Cuz You Do」のみ)を収録、レコーディング風景は未収録。

Choose Love(Dual Disc)

2005年発表のアルバムは、片面がCD、もう片方がDVDという「デュアル・ディスク」仕様。

DVDの方にはアルバム全曲の音声に加え、アルバムのメイキング映像を収録(リージョン0なので日本のDVDプレーヤーでも見られる)。

【DVD収録内容】
■アルバム全曲音声(リニアPCMステレオ2ch、画面には歌詞を表示)
■ドキュメンタリー(レコーディング風景やインタビュー) 9分30秒
■ライナーノーツ(文字画面によるアルバム全曲解説)
■リンゴのバイオグラフィー(文字画面)

日本盤 (『チューズ・ラヴ』) は普通のCDです。

バンド・デュ・ラック・ライヴ [Band Du Lac]

2005年6月11日に英サリー州で行われたチャリティー・コンサートの模様を収録。

元プロコル・ハルムのゲイリー・ブルッカーをフロントマンに、エリック・クラプトン他豪華メンバーが出演。

リンゴは「Act Naturally」「Photograph」「With A Little Help From My Friends」を演奏。

特典映像としてリハーサルの模様が付いている。

このDVDのブルーレイ版は 『A Concert By The Lake』 のタイトルで2010年2月16日に発売されている(輸入盤)。

Live At Soundstage(Deluxe Edition) (CD+DVD)
2007年10月にCDで発売されていた 『Live At Soundstage』 に、DVDを付けて2009年4月7日に再発したもの。

CDには2005年6月24日の米イリノイ州ウァキガンでのライブを収録。全14曲。

この時の映像は米TV 『サウンドステージ』 で放送された。

DVDにはCDとは違う演奏で「Choose Love」「It Don't Come Easy」「I'm The Greatest」「Don't Pass Me By」の4曲とインタビューなどが収録されている。
Soundstage : Ringo Starr And The Roundheads - Live

上のライブ(CDの方)の映像版。全14曲。56分。

It Don't Come Easy / Octopus's Garden / Choose Love / I Wanna Be Your Man / Who Can It Be Now(ゲスト参加のコリン・ヘイの曲)/ Don't Pass Me By / I'm The Greatest / Give Me Back The Beat / Memphis In Your Mind / Photograph / Back Off Boogaloo / Yellow Submarine / Act Naturally / With A Little Help From My Friends

上のCDに入っていた「Never Without You」「Boys」はDVDには未収録だが、「Who Can It Be Now?」「Give Me Back The Beat」はDVDのみの収録。

収録音声はドルビー・デジタル・ステレオ2ch/ドルビー・デジタル5.1ch。

2009年9月15日にDVD(←アマゾンの商品ページ)で発売後、2012年1月3日にDVD(左の商品)とブルーレイ(←アマゾンの商品ページ)で再発。

(輸入盤DVD購入の際にはリージョン等の確認を)

Ringo Starr And His All-Starr Band / Live 2006


2006年7月16日。第9期オール・スター・バンドのライブ。全26曲。2008年7月発売。
本編129分。1曲ごとにメンバーがお互いをほめ合ってる(笑)コメントが入る。

曲目(太字がリンゴの曲)
Show Opening(With A Little Help From My Friends
)〜It Don't Come Easy What Goes On / Honey Don't / Everybody Wants You (ビリー・スクワイア) / Free Ride (エドガー・ウィンター) / Love Bizarre (シーラ・E) / Boys* / Don't Mean Nothin' (リチャード・マークス) / She's Not There (ロッド・アージェント) / Never Without You* / Yellow Submarine / Dying To Live* (エドガー・ウィンター) / Right Here Waiting* (リチャード・マークス) / Ramblin' On My Mind* (ビリー・スクワイア) / Time Of The Season* (ロッド・アージェント) / Frankenstein (エドガー・ウィンター) / PhotographChoose Love* / Should Have Known Better (リチャード・マークス) / Glamorous Life (シーラ・E) / I Wanna Be Your Man / Rock Me Tonight (ビリー・スクワイア) / Hold Your Head Up (ロッド・アージェント) / Act NaturallyMemphis In Your Mind* / With A Little Help From My Friends

特典映像として、サウンドチェックや楽屋での様子など、ツアー各地で撮られた映像を収録(約9分)。

収録音声はドルビー・デジタル・ステレオ2ch/ドルビー・デジタル5.1ch。

同時発売の CD版 は全18曲収録で、DVDより8曲少ない(上記*の曲が未収録
)。←テイク違いは未確認です

参加メンバー
Ringo Starr - drums, vocals
Billy Squier - guitar, vocals
Richard Marx - guitar, keyboards, vocals
Edgar Winter - keyboards, saxophone, vocals
Rod Argent - keyboards, vocals
Hamish Stuart - bass, vocals
Sheila E. - drums, vocals

(輸入盤DVD購入の際にはリージョン等の確認を)
※筆者が購入したものはリージョン0(どこの国のプレーヤーでも再生可能)でしたが、生産ロットで変わる可能性もあります

フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター<コレクターズ・エディション>(CD+DVD)

2007年発売のベスト盤。DVD付のコレクターズ・エディション。

6曲のプロモーション・フィルム映像( Sentimental Journey / It Don't Come Easy #1 / Back Off Boogaloo / You're Sixteen / Only You / Act Naturally )と、アルバム 『Goodnight Vienna』 の60秒の宣伝フィルム(ジョンとリンゴがナレーションを付けている)を収録。

収録音声はリニアPCMステレオ2chのみ。

米盤のDVDはリージョン0もしくはオールなので日本のDVDプレーヤーでも再生可能。

※収録されたビデオ・クリップの詳細については当HPの ビデオ・クリップ(リンゴ) を参照下さい。

ABC News Classics : A Conversation With Paul And Ringo

米ABCテレビのニュース番組 『Nightline』 からリンゴとポールの出演時の映像を収録したDVD。

リンゴは2007年9月3日放送のもので、上のベスト盤の宣伝を兼ねてのインタビュー。
いろいろな映像(ビートルズ時代、ソロのビデオ・クリップ、オールスター・バンドのライブ、シルク・ド・ソレイユの舞台 『LOVE』 の記者会見など)がコマ切れに挿入されている。
6分45秒。字幕なし。

ポールは2007年6月14日放送分を収録(詳細)。

NTSCのリージョン・オールなので日本のプレーヤーでの再生は可能だが、パソコンではリージョン1と認識され、正常に再生できなかった。

このDVDはアメリカでオン・デマンド方式のDVD-Rの商品として販売されたもの。
ポール・マッカートニー・アンソロジー [Paul McCartney]

2007年発売。

リンゴの出演したポールのビデオ・クリップ「Take It Away」(1982年)、「So Bad」(1983年)、「No More Lonely Nights(Ballad)」(1984年)、「Beautiful Night」(1997年)が収録されている。

この他、ポールのビデオ・クリップでは、「Band On The Run」(1999年バージョン)と「Nod Your Head」(2007年)にもチラッと映っている。

※収録されたビデオ・クリップの詳細については当HPの ビデオ・クリップ(リンゴ) を参照下さい。

Liverpool 8(USB wristband)


2008年発表のアルバムの「USBリストバンド」仕様。この仕様では日本未発売。

アルバム全曲の音声に加え、リンゴのビデオ・メッセージ、インタビューと全曲解説、写真等の映像が収録されている。

クラシック・アルバムズ: メイキング・オブ・「ジョンの魂」 [John Lennon]

2008年。ロックの名盤の制作の舞台裏を探る人気のシリーズ。90分。

ジョンの1970年のファースト・ソロ 『John Lennon / Plastic Ono Band』 のメイキング・ドキュメンタリー。

レコーディングに参加したリンゴがインタビューで登場。リンゴのドラムのトラックだけを聴けるシーンもある。

レジェンド・オブ・ロック ジョン・レノン(DVDブック) [John Lennon]

ジョンの基本データ(ヒストリー/サウンド分析/ディスコグラフィー)を収めた本に上のDVDを付けたもの。2008年10月25日発売。

DVDの内容は全く同じ。

ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター2008


2008年8月2日。第10期オール・スター・バンドのLAでのライブ。129分
2010年7月発売(日本盤は10月発売)。

曲目(太字がリンゴの曲)
Introduction/With A Little Help From My Friends / It Don’t Come EasyWhat Goes OnMemphis In Your Mind* / Ringo And His Drums* / Lonely Is The Night* (ビリー・スクワイア) / Free Ride (エドガー・ウィンター) / Down Under* (コリン・ヘイ) / Dream Weaver (ゲイリー・ライト) / Boys / Pick Up The Pieces (ヘイミッシュ・スチュアート) / Liverpool 8* / Act NaturallyYellow Submarine / Frankenstein* (エドガー・ウィンター) / All Starr Band Introduction* / Never Without YouChoose Love* / The Stroke (ビリー・スクワイア) / Work To Do* (ヘイミッシュ・スチュアート) / I Wanna Be Your Man / Love Is Alive* (ゲイリー・ライト) / Who Can It Be Now (コリン・ヘイ) / PhotographOh My MyWith A Little Help From My FriendsGive Peace A Chance

同時発売の CD版 には上記*のトラックが未収録。

参加メンバー
Ringo Starr - drums, vocals
Billy Squier - guitar, bass, vocals
Colin Hay - guitar, vocals
Edgar Winter - keyboards, saxophone, vocals
Gary Wright - keyboards, keytar, vocals
Hamish Stuart - bass, guitar, vocals
Gregg Bissonette - drums, vocals

(輸入盤DVD購入の際にはリージョン等の確認を)

ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009


ブルーレイ

2009年4月4日に行われたデヴィッド・リンチ財団主催のチャリティ・コンサートでポールと共演。2017年にソフト化。

他の出演者の演奏6曲のあとにリンゴとポールの演奏を収録。
リンゴ : It Don't Come Easy / Boys / Yellow submarine
ポール : Drive My Car / Jet / Got To Get You Into My Life / Let It Be / Here Today / Band On The Run 
ポール&リンゴ : With A Little Help From My Friends / Cosmically Conscious / I Saw Her Standing There

ポールのパートでは「Lady Madonna」「Blackbird」「Can't Buy Me Love」も演奏されたが未収録。

収録音声はブルーレイがLPCM Stereo、DVDがDoiby Digital Stereo。

ボーナス映像として、デヴィッド・リンチ、ポール、リンゴ、ベン・ハーパー、エディ・ヴェダーのインタビューを収録。

日本盤DVD(←アマゾン)

A Sideman's Journey(CD+DVD+BOOK) [Voormann & Friends]

日本のアマゾンでは2009年7月28日発売。

クラウス・フォアマン(ヴーアマン)が多くの友人とレコーディングして作ったファースト・ソロ・アルバム。「I'm In Love Again」にリンゴとポール、「You're Sixteen」にリンゴが参加している。

限定ボックス・セット(CD+DVD+豪華本)/CDのみ/限定アナログLPの3形態で発売された。
このうちボックス・セット(左の商品)に付属のDVDにアルバムのメイキング・ドキュメンタリーが収録されており、リンゴとポールも登場すると思われる。

YouTubeで宣伝用ビデオ(約4分、リンゴとポールも登場する)が見られる。

The Official BBC Children In Need Medley [Peter Kay's Animated All Star Band]

2009年。演奏に参加。

BBCが行っている若年層の障害者のためのチャリティ「Children In Need」の一環で2009年にリリースされたシングル。

イギリスの子供番組やアニメのキャラクターが多数出演して以下のメドレーを歌う。
Can You Feel It(ジャクソンズ)〜Don't Stop(フリートウッド・マック)〜Jai Ho!(A.R.ラーマン&ザ・プッシーキャット・ドールズ)〜Tubthumping(チャンバワンバ)〜Never Forget(テイク・ザット)〜Hey Jude(ビートルズ)〜One Day Like This(エルボウ)

リンゴはきかんしゃトーマスの声を久しぶりに担当し、「Jai Ho!」の一節を歌っている。

登場する全キャラクターがウィキペディア英語版に記載されている。

ビデオ・クリップ(YouTube)
左の商品はこのビデオを収録したDVDシングル。音だけのCDシングル(アマゾン)も出た。

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system