このサイトのトップメニューに戻る

リンゴ・スターのビデオ・クリップ

PH…CD+DVD 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 に収録

※年号はおよそのもので、正確な制作年ではありません。
なにしろ YouTube ですので、リンク切れはご了承下さい(たまに確認していますが…)。

タイトル・内容

PH

 Sentimental Journey ('70)

  • ディナー・ショーのような設定でハンドマイク片手に歌うリンゴ
  • 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 のDVD付き2枚組に収録
  • オリジナルのクリップの音声はレコードのテイクとは違い、リンゴのボーカルが別テイクだったが、上記DVDではレコードのテイクに差し替えられている

  • YouTube(Sentimental Journey) (DVDバージョン) EMI公式UP

  • このビデオは iTunes で公式に購入できます。
    ICON

    画像をクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )

    ※音声はレコード・バージョン

 It Don't Come Easy #1 ('71)

  • 庭園で歌ったりドラムを叩く真似をするリンゴ
  • リンゴの自宅で撮影され、リンゴ自身が監督した
  • 『ロック映像年鑑1971』(日本ではビデオ・LDで発売、未DVD化)と 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 のDVD付き2枚組に収録
  • 上記のソフトに収録のものは、映像の左右が反転している(途中、文字の書かれた看板が映るところでわかる)が、2012年にNHK BSプレミアムで放送されたものは反転していなかった。

  • YouTube(It Don't Come Easy #1) EMI公式UP

  • このビデオは iTunes で公式に購入できます。
    ICON

    画像をクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )


 It Don't Come Easy #2 ('71)

  • 冬山でピアノを弾きながら歌うリンゴと、スキーやスノーバイクをするリンゴの映像を編集したもの

  • YouTube(It Don't Come Easy #2)

 

 Back Off Boogaloo ('72)

  • 庭園を散歩するリンゴの前にフランケンシュタインが現れる
  • ジョンのアスコットの邸宅 (「Imagine」関連の映像で出てくる白い家の庭)で撮影され、リンゴ自身が監督した
  • 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 のDVD付き2枚組に収録
  • 上記DVDに収録されているものは冒頭にリンゴの映像が加えられ(元のフィルムのこの部分にゴミかキズがあったためと思われる)、エンディングのフェイド・アウトが早い(オリジナル版はリンゴが画面から完全に出るまで続く)

  • YouTube(Back Off Boogaloo) (DVDバージョン) EMI公式UP

  • このビデオは iTunes で公式に購入できます。
    ICON

    画像をクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )


 Photograph ('73)

  • この曲にもクリップがあるとのことだが、筆者未見のため詳細不明

  • YouTube(Photograph) (これか?)

 

 Only You ('74)

  • キャピトル・レコーズの屋上に降り立ったUFOから出てきた宇宙人のリンゴ( 『Goodnight Vienna』 のジャケットと同じ)が歌う
  • コーラスを付けているニルソンも登場
  • 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 のDVD付き2枚組に収録

  • YouTube(Only You) EMI公式UP

  • このビデオは iTunes で公式に購入できます。
    ICON

    画像をクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )


 Hey Baby ('76)

  • 女性が並ぶ階段を登ったり降りながら歌うリンゴ

  • YouTube(Hey Baby)

 

 I'll Still Love You ('76)

 

 You Don't Know Me ('76)

 

 Drowning In The Sea Of Love ('77)

 

 Tonight ('78)

  • 去っていった女性の面影を求めてさまよい、幻想の女性と踊るリンゴ
  • 当時リンゴが交際していたナンシー・アンドリューズが出演している

  • YouTube(Tonight)

 

 You're Sixteen ('78)

  • 写真を使ったアニメ作品で、リンゴと恋人役のキャリー・フィッシャーが踊る
  • リンゴの1978年のTV特番 『Ringo(Ognir Rrats)』 に挿入するために作られた映像(この特番の音声は新録でキャリー・フィッシャーとのデュエットだった)
  • 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 のDVD付き2枚組に収録
  • レコードのテイク(2分50秒)より映像の方が短い(2分)ので、オリジナル版の音声はショート・バージョン(2箇所をカットしてある)だったが、上記DVDに収録のものは単にレコード・テイクをカブせて早めにフェイド・アウトするだけのものになっている

  • YouTube(You're Sixteen) (DVDバージョン) EMI公式UP

  • このビデオは iTunes で公式に購入できます。
    ICON

    画像をクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )

    ※音声はレコード・バージョン

 Ron Wood / Buried Alive ('79)

 

 The Cooler ('81)

  • ポールの会社MPL製作の短編映画で、正確にはビデオ・クリップではないが一応挙げておく
  • アルバム 『Stop And Smell The Roses』 収録曲の「Private Property」「Sure To Fall」「Attention」をBGMに、女性に管理された強制収容所に入れられたリンゴの姿をセリフなしで描く
  • 元10ccのゴドリー&クリームが監督で、ポールとバーバラも出演

  • YouTube(The Cooler) (エンドクレジットはカット)

 

 Wrack My Brain ('81)

 

 Stop And Take The Time To Smell The Roses ('82)

  • リンゴが白いタキシードで登場し、後半は警官になってマーチング・バンドと行進しながら歌詞の内容を訴える

  • YouTube(Stop & Smell The Roses)

 

 Paul McCartney / Take It Away ('82)

  • ポールのクリップにゲスト出演
  • バンドが演奏したり男が車を走らせる映像が歌詞の通りに登場する
  • リンゴやジョージ・マーティン、俳優ジョン・ハートが登場する
  • DVD 『ポール・マッカートニー・アンソロジー』 収録のものは画面の一部をカットした強引ワイド・サイズ
  • 『Tug Of War』 の2015年リマスター盤(スーパー・デラックス・エディション)付属のDVDには、オリジナルの画面サイズで収録されているが、音声はモノラル

  • YouTube(Take It Away)

 

 Paul McCartney / So Bad ('83)

  • ポールのクリップにゲスト出演
  • ポールやエリック・スチュアートらとスタジオで演奏するリンゴ
  • 頭と終りに収録風景が付いているものが完全版だが、この部分がカットされて放送されることがよくある
  • DVD 『ポール・マッカートニー・アンソロジー』 に収録
  • 『Pipes Of Peace』 の2015年リマスター盤(スーパー・デラックス・エディション)付属のDVDにも収録されているが、音声はモノラル

  • YouTube(So Bad)

 

 Paul McCartney / No More Lonely Nights(Ballad) ('84)

 

 Artists United Against Apartheid / Sun City ('85)

  • 反アパルトヘイトのミュージシャンが集まって作ったチャリティ・ソング
  • 息子のザックと二人でドラムを叩く姿がチラッと映る
  • ビデオ・LD 『サン・シティ』(未DVD化)に収録

  • YouTube(Sun City) (5:10ごろ登場)

 

 The Singing Rebel's Band / Freedom ('86)

  • ジョージがプロデュースした映画 『Water』(日本版ビデオ 『レゲエdeゲリラ』)の挿入曲
  • 劇中で登場人物(ビリー・コノリー)がジョージやリンゴ、エリック・クラプトンらをバック・バンドに従えて歌う場面に、映画のハイライト・シーンを織りまぜたもの

  • YouTube(Freedom 1) (始めは映画からの抜粋、1:15からビデオ・クリップの映像になる。ただし映像が上下につぶれている)
  • YouTube(Freedom 2) (映画からの抜粋)

 

 George Harrison / When We Was Fab ('87)

  • ジョージのクリップにゲスト出演
  • 壁の前で歌うジョージに様々な特殊効果が加えられ、ビートルズに関連する事柄や衣装などが次々に登場する
  • エルトン・ジョンも出演
  • 監督は元10ccのケヴィン・ゴドリー
  • DVD 『ダーク・ホース・イヤーズ 1976-1992』 に収録

  • YouTube(When We Was Fab) ジョージ公式UP

 

 Tom Petty / I Won't Back Down ('89)

  • トム・ペティの曲のクリップに出演、ただし映像で演奏しているだけで、実際にはリンゴはこの曲のレコーディングには参加していない
  • レコーディングに参加したジョージ、ジェフ・リンも出演している
  • トム・ペティのDVD 『プレイバック』 に収録

  • YouTube(I Want Back Down)

 

 Spirit Of The Forest / Spirit Of The Forest ('89)

 

 Act Naturally(With Buck Owens) ('89)

  • 西部劇を撮影するリンゴとバック・オーエンズがセットで歌う
  • 『フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター』 のDVD付き2枚組に収録

  • YouTube(Act Naturally) 

 Jan Hammer / Too Much To Lose ('89)

  • ジャズ/フュージョン系のミュージシャン、ヤン・ハマーのビデオ・クリップにゲスト出演
  • 映像で演奏しているだけで、実際にはリンゴはこの曲のレコーディングには参加していない
  • 他にデヴィッド・ギルモアとジェフ・ベックも出演している

  • YouTube(Too Much To Lose)

 

 Nils Lofgren / Valentine ('91)

  • ニルス・ロフグレンのクリップにドラムでゲスト出演
  • ブルース・スプリングスティーンも参加している
  • 映像で演奏しているだけで、実際にはリンゴはこの曲のレコーディングには参加していない
  • ニルス・ロフグレンのライブ・ビデオ 『ライヴ』 に収録

  • YouTube(Valentine)

 

 Weight Of The World ('92)

  • サーカスっぽい装飾のステージでバンドとともに歌うリンゴ
  • レコーディングに参加したジェリーフィッシュのメンバーなども登場する

  • YouTube(Weight Of The World)

 

 Don't Go Where The Rord Don't Go ('92)

  • オール・スター・バンドのライブやオフステージ、リハーサルの映像などで構成
  • 音声はライブではなく、アルバム 『Time Takes Time』 からのもの

 

 The Beatles / Free As A Bird ('95)

  • ビートルズとしての作品だが、発表当時のメンバーは出てこない
  • ビートルズに関連するさまざまな事柄が、飛んでいく鳥の視点の中に現れては消えてゆく
  • DVD 『ビートルズ・アンソロジー』 に収録された

  • YouTube(Free As A Bird) ビートルズ公式UP(音声は2016年リミックス版)

 

 The Beatles / Real Love ('96)

  • ビートルズとしての作品
  • 監督は元10ccのケヴィン・ゴドリー
  • レコーディング時の映像と、メンバーそれぞれの夫婦の映像を編集したもの
  • 当初TVで放送されたものとDVD 『ビートルズ・アンソロジー』 に収録されたものでは、夫婦の映像が一部異なっている
  • 2016年のBD/DVD 『1+』(ディスク2)に収録されたものの音声はジェフ・リンがリミックスしている

  • YouTube(Real Love 2) (改訂版) ビートルズ公式UP(音声はリミックス版)

 

 Recording Artists Against Drunk Driving / Drive My Car ('96)

  • 飲酒運転撲滅キャンペーンのために制作されたクリップで、レコードやCDでは出ていない
  • リンゴ、ポール、リトル・リチャード、ジュリアン・レノンらが参加

  • YouTube(RADD) (短縮版)
  • YouTube(RADD) (全長版)

 

 Paul McCartney / Beautiful Night ('97)

 

 La De Da ('98)

  • 雨の降るニューヨークの街角で傘をさして一般人と一緒に歌うリンゴと、バンドでの演奏シーンを織りまぜて構成
  • 音声はラジオ・エディット・バージョン(ドラムで始まる)
  • コーラスを入れるポールが一瞬映る
  • 画面は16:9より上下に少し広いワイド・サイズ(ただし4:3の上下を隠しただけで、一部の場面では上の部分にも映像が出る)
  • iTunes では「Version2」となっているので、別バージョンもあるらしい

  • YouTube(La De Da) (16:9に合わせたもの) 公式UP

  • このビデオは iTunes で公式に購入できます。
    ICON

    画像をクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )


 

 Paul McCartney / Band On The Run '99version ('99)

  • ポールのアルバム 『Band On The Run』 の25周年記念リマスター盤のプロモ用に制作されたクリップにリンゴが出てくる映像が使用されている
  • ジャケット写真の撮影の様子から始まり、ツアーやプライベートの映像などを編集したもので、楽屋でのリンゴとポールが一瞬映る

  • YouTube(Band On The Run'99)

 

 With A Little Help From My Friends ('01)

 

 Never Without You ('03)

  • 一人でドラムを叩きながら歌うリンゴ(モノクロ)とバンドでの演奏(カラー)が交互に登場
  • ジョージを追悼する歌なので、時々出てくる撮影用カメラのモニターにジョージの映像が小さく映っている
  • 画面サイズは16:9
  • アルバム 『Ringorama』 のDVD付き3枚組デラックス・エディションに収録

  • YouTube(Never Without You)

 

 Liam Lynch / Cuz You Do ('03)

  • リンゴのレーベル「パンキンヘッド・レコーズ」の第1弾アーティスト、リアム・リンチの曲
  • リンゴが参加したレコーディング時の映像を使ったクリップ
  • リンチのアルバム 『Fake Songs』 の米盤(CD+DVDの2枚組)と日本盤(『フェイク・ソングス』、CDエクストラ)に収録

 

 V.A. / Tears In Heaven ('05)

  • 2005年3月に起きたスマトラ島沖地震被害者のためのチャリティで、エリック・クラプトンの曲がカバーされたもの
  • オジー・オズボーン夫妻が中心となり、エルトン・ジョンやロッド・スチュアート、メアリー・J.ブライジなどが参加 
  • リンゴは 3:22 と 3:36 あたりにチラッと登場(レコーディングにも参加しているようだが詳細不明)

  • YouTube(Tears In Heaven)

 

 Paul McCartney / Nod Your Head ('07)

  • ポールのクリップにゲスト出演(というか映像が使用されている)
  • ギグでの演奏の映像と、首を振る女性の映像を編集したもの
  • 観客として来ているリンゴとバーバラが一瞬映る
  • 画面サイズは16:9
  • 公式に YouTube にアップされている

  • YouTube(Nod Your Head) (0:55ごろ登場) コンコード・ミュージック公式UP

 

 Liverpool 8 ('07)

  • デイヴ・スチュワートらとの演奏シーンに、ビートルズ時代のリンゴの映像がかぶる
  • 画面サイズは16:9

  • YouTube(Liverpool 8)

 

 Wings ('12)

 

 I Wish I Was A Powerpuff Girl ('14)

  • 米TVアニメ 『パワーパフ・ガールズ』 のスペシャル版として2014年1月20日にアメリカで放送された「Dance Pantsed(日本放送タイトル:ダンスパンツにご用心!)」の放送前の予告用に流されたもの
  • リンゴはこのエピソードで声のゲスト出演(数学者フィボナッチ役)とオリジナル曲の提供を行い、リンゴをアニメ化したビデオも作られた
  • 本編ではこの曲は流れず、リンゴも自身の姿で登場するわけではない
  • 画面サイズは16:9

  • YouTube(PP Girl) 

 

 Postcards From Paradise(Lyric Video) ('15)

  • 歌に合わせて歌詞が出るビデオで、映像は写真を使ったアニメ
  • 画面サイズは16:9

  • YouTube(Postcards From Paradise) 公式UP

 

 Now The Time Has Come ('16)

  • 国連が定めた記念日「国際平和デー」(9月21日)のためにリンゴが作った曲のクリップで、レコードやCDでは出ていない
  • 画面サイズは16:9
  • リンゴとプロデューサーのブルース・シュガーの共作で、コリン・ヘイ、ビリー・バレンタイン、クリスチャン・コリンズ、マディ・ジェーン、ケイシー・マクファーソン、ジェームス・マスロウ、ウェスレイ・ストロンバーグが歌で参加

  • YouTube(Now The Time Has Come) ブルース・シュガー公式UP

 

 Majek Fashek / We Are Not Afraid ('16)

  • 難民危機、宗教・政治的暴力の犠牲者へ支援を募る国際的キャンペーン「We Are Not Afraid(私たちは恐れない)」のキャンペーン・ソング
  • キース・リチャーズ、ロバート・プラント、ブライアン・ウィルソン、エルヴィス・コステロ、ピーター・ゲイブリエル、ブルース・スプリングスティーン、スティング、イギー・ポップ、オノ・ヨーコ、ナイル・ロジャースなど175人を超えるアーティスト達が「Not Afraid」を掲げる静止画で構成
  • 歌はナイジェリア出身のマジェック・ファシェックの1992年7月10日のライブ
  • 画面サイズは16:9
  • リンゴは2分24秒あたりで登場

  • YouTube(We Are Not Afraid) 公式UP

 

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system