このサイトのトップメニューに戻る

リンゴ・スターの参加作品
その1(1960〜1972)

作曲・演奏・プロデュースなどで関わった作品

リンゴがリード・ボーカルを取っているものなどは、リンゴ本人の作品に含め、ここでは除外します。

ページの一番下の リンゴ全時期の参加作品一覧表 で確認して下さい。

Live At The Jive Hive [Rory Storm & The Hurricanes]

1960年。演奏に参加?

リンゴがビートルズ加入前に在籍していたバンド、ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズが1960年3月5日にリバプールで録音したという音源。2012年発売。

リンゴは自分は参加していないとのコメントを出している。

アマゾンMP3  

Liverpool 1963-1968, Vol.1 [V.A.]
 ※ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズの「America」を収録

1964年。演奏に参加。

リンゴがビートルズ加入前に在籍していたバンド、ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズがシングルで出した「America」(映画 『ウエスト・サイド物語』 の挿入歌のカバー)にコーラスで参加。

プロデュースはブライアン・エプスタイン。

このCDに収録されている。

Wonderwall Music [George Harrison]
日本盤CD 『不思議の壁』

1968年。演奏に参加。

ジョージのサントラ・アルバム。

「Ski-Ing」にドラムで参加。

Is This What You Want? [Jackie Lomax]
日本盤CD 『イズ・ディス・ホワット・ユー・ウォント?』


1968、69年。演奏に参加。

ジョージのプロデュースで1969年にアップルから出たジャッキー・ロマックスのアルバム。

「Sour Milk Sea」(68年にシングルで発売され、このアルバムにも収録された)と「You've Got Me Thinking」にドラムで参加。

「Sour Milk Sea」にはリンゴ、ジョージ、ポールが演奏に参加している。

左の商品は1991年の初CD化盤で、2010年発売のリマスター盤では、ボーナス・トラックが変更されている。

アマゾンMP3 2010年リマスター 

Goodbye [Cream]
日本盤CD 『グッバイ・クリーム』

1969年。曲を共作。

クリームのナンバーで、ジョージとエリック・クラプトンの共作「Badge」の歌詞の一節を書いている。 

アマゾンMP3 Badge

Those Were The Days [Mary Hopkin]
日本盤CD 『ベスト・オブ・メリー・ホプキン』

1969年。演奏に参加。

アップルから出たメリー・ホプキンのベスト。

カバー曲「Que Sera, Sera」にドラムで参加。

ポールがアレンジと演奏で参加、一部を新たに作曲している。

Fly [Yoko Ono]
日本盤CD 『フライ』

1969、70年。演奏に参加。

1971年に出たヨーコの2nd。

このアルバム自体には関わっていないが、ドラムで参加した1969年のシングル曲「Don't Worry, Kyoko」が収録されている。

また、ボーナス・トラック「Between The Takes」(1970年録音)にもドラムで参加。

Leon Russell [Leon Russell]
日本盤CD 『レオン・ラッセル』 ※日本盤にはボーナス・トラックはなし

1970年。演奏に参加。

レオン・ラッセルの1作目。

アルバム12曲中の4曲( Shoot Out On The Plantation / Delta Lady / Pisces Apple Lady / Roll Away The Stone )にドラムで参加。ジョージもギターで参加している。

もう1曲リンゴがドラムで参加した「(Can't Seem To)Get A Line On You」は1993年にDCCから出たゴールドCD(左の商品)
のボーナス・トラックとして初登場した。

アマゾンMP3 ボーナス・トラックなし

Doris Troy [Doris Troy]
日本盤CD 『ドリス・トロイ』

1970年(録音は前年に終っているらしい)。曲を共作/演奏に参加。

アップルから出たドリス・トロイのアルバム。

「Gonna Get My Baby Back」と「You Give Me Joy Joy」をジョージ、ドリス・トロイ、スティーヴン・スティルスと共作、ドラムで参加。

その他、「Ain't That Cute」「Give Me Back My Dynamite」でもドラムを叩く。

左の商品は1992年の初CD化盤で、2010年発売のリマスター盤では、ボーナス・トラックが1曲追加されている。

アマゾンMP3 2010年リマスター

The Whale [John Tavener]
日本盤CD 『くじら』

1970年。演奏に参加。

アップルから出たクラシック/現代音楽の作曲家ジョン・タヴナーのアルバム 『The Whale』 に参加。

声(始めから8分あたりで右チャンネルに聴こえる「and cause suffocation!」)やパーカッションで参加している。

Stephen Stills [Stephen Stills]
日本盤CD 『スティーヴン・スティルス』

1970年。演奏に参加。

スティーヴン・スティルスのソロ1作目。

「To A Flame」「We Are Not Helpless」にドラムで参加。

アマゾンMP3

Carry On [Stephen Stills]

2013年発売のスティーヴン・スティルスの4枚組ボックス。

リンゴがドラムで参加した1970年の「To A Flame」の別バージョンを収録。

上のものと大きな差異は感じられず、スティルスのボーカルのミックスが一部異なるだけで、バックの演奏自体は同じもののようである。

他に、1975年の3rdアルバム収録の「As I Come Of Age」(リンゴがドラム)も収録されているが、こちらは既発のものと同じ。

輸入盤2 MP3 

All Things Must Pass [George Harrison]
日本盤CD 『オール・シングス・マスト・パス』

1970年。演奏に参加。

ジョージのソロ3作目。

「My Sweet Lord」「Isn't It A Pity」「All Things Must Pass」などでドラムを叩く。

このリマスター盤再発の際、きちんとした参加ミュージシャンのクレジットを入れるためにジョージから確認を受けたリンゴは「参加したかどうかよく覚えてない」と答えたが、後で調べ直したジョージから「ほとんどオマエが叩いてんじゃないか」と言われ、「そんな昔のこと、覚えてるわけないだろ!」と答えた…と後にリンゴが笑い話として語っていた。

アマゾンMP3

Early Takes Volume 1 [George Harrison]

1970年。演奏に参加(?)。

2012年発売のジョージの未発表音源集に、アルバム 『All Things Must Pass』 収録曲の初期テイクが収められているが、ドラムの入っている「My Sweet Lord」「Awaiting On You All」「All Things Must Pass」のドラムはリンゴだと思われる(各曲の参加ミュージシャンの記載は一切ない)。

John Lennon / Plastic Ono Band [John Lennon]
日本盤CD 『ジョンの魂』

1970年。演奏に参加。

ジョンの本格的ソロ1作目。

ドラムの入っている曲全部に参加。

音数が少ないので、じっくりリンゴの演奏を楽しめる。

アマゾンMP3

Anthology [John Lennon]
日本盤CD 『アンソロジー』

1970年。演奏に参加。

1998年発売のジョンのアウトテイク・ボックス。

アルバム 『John Lennon / Plastic Ono Band』 のセッション音源「God」「Hold On」「Isolation」「Mother」「Remember」にリンゴが参加している。

Signature Box [John Lennon]
日本盤CD 『ジョン・レノンBOX』

1970年。演奏に参加。

2010年発売のジョンのリマスター・ボックス。

付属のボーナス・ディスクに未発表音源が収録されているが、アルバム 『John Lennon / Plastic Ono Band』 のセッション音源「Mother」「God」「I Found Out」「Honey Don't」にはリンゴが参加している。

Yoko Ono / Plastic Ono Band [Yoko Ono]
日本盤CD 『プラスティック・オノ・バンド(ヨーコの心)』

1970年。演奏に参加。

上と同時に録られたヨーコのアルバム。ヨーコがずっとうなってます。

「AOS」を除くアルバム全曲と、ボーナス・トラック「Open Your Box」「“Something More Abstract”」でドラムを叩いている。

2016〜2017年にオノ・ヨーコの全作品のリマスター再発で出たものはボーナス・トラックが1曲追加になっている(「Why (Extended Version)」)。
2016年輸入盤
アマゾンMP3(2016年リマスター)

The London Howlin' Wolf Sessions [Howlin' Wolf]
日本盤CD 『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ(デラックス・エディション)』

1971年。演奏に参加。

エリック・クラプトンらとハウリン・ウルフのセッションに参加。

「I Ain't Superstitious」でドラムを叩く。

2003年に出た2枚組デラックス・エディションには、この曲の別テイクと別ミックスが収録されており、そちらでもリンゴの演奏が聴ける。

アマゾンMP3

B.B. King In London [B.B. King]
日本盤CD 『イン・ロンドン』

1971年。演奏に参加。

B.B.キングがロンドンで録音したアルバム。

「Ghetto Woman」「Wet Hayshark」「Part-Time Love」にドラムで参加。

アマゾンMP3

Oo Wee Baby, I Love You [Bobby Hatfield、シングル]
商品見つからず
(未CD化?)


1972年。演奏に参加。

ライチャス・ブラザーズのボビー・ハットフィールドのソロ・シングルにドラムで参加。


アマゾンの音楽内を検索  Bobby Hatfield  ボビー・ハットフィールド

Wind Of Change [Peter Frampton]
日本盤CD 『ウインド・オブ・チェンジ』

1972年。演奏に参加。

オール・スター・バンドにも参加しているピーター・フランプトンのソロ1作目。

「The Lodger」と「Alright」にドラムで参加。

アマゾンMP3 

Bobby Keys [Bobby Keys]
日本盤CD 『ボビー・キーズ』

1972年。演奏に参加。

サックス奏者ボビー・キーズのソロ・アルバムにギターで参加(曲ごとの詳細は不明)。

ジョージも参加している。

2012年日本盤 紙ジャケット
2015年日本盤 リマスター
2015年輸入盤 リマスター


アマゾンMP3  

Born To Boogie [T.Rex]
日本盤CD 『Born To Boogie』


1972年。演奏に参加。

リンゴが監督したTレックスの短編映画 『ボーン・トゥ・ブギー』 の音のみを収録したサントラ盤。内容は映像版と同じだが、CD用のミックスにされているかもしれない。2枚組。

「Children Of The Revolution」と「Tutti Frutti」で、エルトン・ジョンと共に演奏に参加している他、ボランと掛け合い漫才のようなことをやっている音声も聴ける(映像版 を見た方がいいと思うが)。
終りにマーク・ボランのインタビューを収録。

Disc2は1972年3月18日のウェンブリーでのコンサート・夜の部(このコンサートの一部が 『ボーン・トゥ・ブギー』 に使用されている)を収録。

この商品は2005年のリマスター版DVDの発売に伴って出たもので、それ以前にも音のみを収録した 1枚ものCD 『ボーン・トゥ・ブギー』(←アマゾンの商品ページ)が出ていた。


The Slider [T.Rex]
日本盤CD 『ザ・スライダー』

1972年。ジャケット写真を撮影(?)。

アルバム・ジャケット写真(表と裏)の撮影はリンゴとクレジットされているのだが、実際にはプロデューサーのトニー・ヴィスコンティが撮影したらしい。

衣装からすると映画 『ボーン・トゥ・ブギー』 のお茶会のシーンで撮られたものだろう。

Son Of Schmilsson [Harry Nilsson]
日本盤CD 『シュミルソン二世』

1972年。演奏に参加。

特に親しく付き合った友人の一人、ニルソンの7作目。

アルバム中5曲(「Take 54」「Spaceman」「At My Front Door」「Ambush」「The Most Beautiful World In The World」)でドラムを叩く。

「You're Breakin' My Heart」ではジョージがギターを弾いている。

左の商品(2006年の再発盤)にはジョージとリンゴが参加した1974年の(録音は1973年2月13日)「Daybreak」のシングル・バージョンもボーナス収録されている 。  → 『Son Of Dracula』ベスト盤 も参照のこと。

2013年のニルソンのボックス 『The RCA Albums Collection』 にも同じボーナス・トラックが収録されている。

Brother [Lon & Derrek Van Eaton]
日本盤CD 『ブラザー』


1972、73年。演奏に参加。

アップルからデビューした兄弟デュオ、ロン&デレク・ヴァン・イートンの1972年のシングル「Sweet Music」(ジョージがプロデュース)でドラムを叩く。この曲は翌年に出たアルバム 『Brother』 に収録された。

アルバムの中で、リンゴはもう1曲「Another Thought」でもドラムを叩いている。

また、1998年発売の彼らの3rdアルバム 『Black & White』 の冒頭には、アルバム 『Brother』 の発売当時のラジオCMが収録されており、リンゴの語りが聴ける。

「Sweet Music」はアップル・レーベルのベスト盤 『Come And Get It』 やアップルの音楽出版部門が契約したミュージシャンの未発表/レア曲を集めたオムニバスCDシリーズの第4弾 『Lovers From The Sky』 にも収録されている。


このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ



リンゴ・スターの参加作品 一覧

年度は録音年だったり発表年だったり、オオザッパです。
ページの区切りに特に意味はありません(20作品前後で区切っているだけ)。
また、年度に◎を付けた作品はリンゴ本人の作品に含めたため、「ソロ 音源編」のリストを参照して下さい。

年度

アーティスト名

タイトル(『』はアルバム名)

参加内容

このサイトのページ

1960 ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ 『Live At The Jive Hive』 演奏に参加?  1ページ目
 
移動する
1964 ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ America 演奏に参加
1968 ジョージ・ハリスン Ski-Ing 演奏に参加
1968/69 ジャッキー・ロマックス Sour Milk Sea / You've Got Me Thinking 演奏に参加
1969 クリーム Badge 歌詞を共作
1969 メリー・ホプキン Que Sera, Sera 演奏に参加
1969 ヨーコ・オノ Don't Worry, Kyoko 演奏に参加
1970 ヨーコ・オノ Between The Takes 演奏に参加
1970 レオン・ラッセル Shoot Out On The Plantation / Delta Lady / Pisces Apple Lady / Roll Away The Stone /(Can't Seem To)Get A Line On You 演奏に参加
1970 ドリス・トロイ Gonna Get My Baby Back / You Give Me Joy Joy / Ain't That Cute / Give Me Back My Dynamite 曲を共作/演奏に参加
1970 ジョン・タヴナー 『The Whale』 演奏に参加
1970 スティーヴン・スティルス To A Flame / We Are Not Helpless 演奏に参加
1970 ジョージ・ハリスン 『All Things Must Pass』 演奏に参加
1970 ジョン・レノン 『John Lennon』 演奏に参加
1970 ヨーコ・オノ 『Yoko Ono』 演奏に参加
1971 ハウリン・ウルフ I Ain't Superstitious 演奏に参加
1971 B.B.キング Ghetto Woman / Wet Hayshark / Part-Time Love 演奏に参加
1972 ボビー・ハットフィールド Oo Wee Baby, I Love You 演奏に参加
1972 ピーター・フランプトン The Lodger / Alright 演奏に参加
1972 ボビー・キーズ 『Bobby Keys』 演奏に参加
1972 Tレックス 『Born To Boogie』 演奏に参加
1972 Tレックス 『The Slider』 ジャケット写真を撮影(?)
1972 ニルソン Take 54 / Spaceman / At My Front Door / Ambush / The Most Beautiful World In The World 演奏に参加
◎1972 ザ・フー Fiddle About / Tommy's Holiday Camp 演奏に参加
1972/73 ロン&デレク Sweet Music / Another Thought 演奏に参加
1973 ニッキー・ホプキンス 『The Tin Man Was A Dreamer』 演奏に参加

 2ページ目
 
移動する

1973 ジョージ・ハリスン 『Living In The Material World』 演奏に参加
1973 ジョン・レノン I'm The Greatest 演奏に参加
1973 ビリー・ロウリー Rock And Roller 曲を共作
1974(1971) オール・オケイジョン・ブラス・バンド Oh Happy Day 演奏に参加
1974 ニルソン Daybreak 演奏に参加
1974 ジミー・ウェッブ 『Land's End』 演奏に参加
1974 ニルソン 『Pussy Cats』 演奏に参加
1974 ラヴィ・シャンカール I Am Missing You / Lust 演奏に参加
1974 ジョン・レノン Goodnight Vienna 演奏に参加
1974 ジョージ・ハリスン Ding Dong, Ding Dong / So Sad 演奏に参加
1975 デヴィッド・ヘンツェル Step Lightly 演奏に参加
1975 キース・ムーン Solid Gold / Together 他 演奏に参加
1975 ニルソン Kojak Columbo / Good For God 演奏に参加
1975 カーリー・サイモン More And More 演奏に参加
1975 スティーヴン・スティルス As I Come Of Age 演奏に参加
1975 ニルソン 『That's The Way It Is』 のラジオCM 声で参加
1976 ヴェラ・リン Don't You Remember When 演奏に参加
1976 ガスリー・トーマス Band Of Steel / Good Days Are Rollin' In / Ramblin' Cocaine Blues 曲提供/演奏に参加
1976 ニルソン A Thousand Miles Away 声で参加
1976 マンハッタン・トランスファー Zindy Lou / S.O.S. 演奏に参加
1976 キンキー・フリードマン Men's Room, L.A. 声で参加
1976 ザ・バンド I Shall Be Released(Live)/ Jam #1(Live)/ Jam #2(Live) 演奏に参加
1977 アティテューズ Good News 演奏に参加
1977 アルファ・バンド Born In Captivity / You Angel You 演奏に参加
1977 ピーター・フランプトン 『I'm In You』 演奏に参加
1977 デラニー・ブラムレット 『Delaney & Friends - Class Reunion』 演奏に参加?
◎1977 V.A. 『Scouse The Mouse』 演奏に参加
1978 ロニー・ドネガン Have a Drink On Me / Ham 'n' Eggs 演奏に参加
1979 イアン・マクレガン Hold On 演奏に参加
1980 ニルソン How Long Can Disco On / I've Got It! 曲を共作/演奏に参加

 3ページ目
 
移動する

1981 ジョージ・ハリスン All Those Years Ago / Teardrops 演奏に参加
1981 ボブ・ディラン Heart Of Mine 演奏に参加
1982 ポール・マッカートニー Take It Away / Ballroom Dancing / Wanderlust 演奏に参加
1983 ポール・マッカートニー So Bad 演奏に参加
1983 ガスリー・トーマス Captain Jack 他 演奏に参加
1984 ビーチ・ボーイズ Back In The U.S.S.R.(Live) 演奏に参加
1984 ポール・マッカートニー Wanderlust / Ballroom Dancing / Not Such a Bad Boy / So Bad / No Values 演奏に参加
1985 ビーチ・ボーイズ California Calling 演奏に参加
1985 ザ・シンギング・レベルズ・バンド Freedom 演奏に参加
1985 アパルトヘイトに反対するアーティスト Sun City 演奏に参加
◎1985(2006) カール・パーキンス 『Blue Suede Shoes』 演奏に参加
1986 クリーズ/オディー/スター Naughty Atom Bomb 演奏に参加
1987 ジョージ・ハリスン Just For Today / When We Was Fab / Wreck Of The Hesperus 演奏に参加
◎1988 V.A. When You Wish Upon A Star 演奏に参加
◎1989 スピリット・オブ・ザ・フォレスト Spirit Of The Forest 演奏に参加
◎1989 バック・オウエンズ Act Naturally 演奏に参加
◎1989(1996) カール・パーキンス Honey Don't ライブ音源を提供
1991 リトル・リチャード Good Golly Miss Molly 演奏に参加
1991 ニルス・ロフグレン Walkin' Nerve / Bein' Angry 演奏に参加
◎1991 サントラ You Never Know 演奏に参加
1993 ポール・シェイファー 『The World's Most Dangerous Party』 声で参加
1994 飲酒運転に反対するアーティスト Drive My Car 演奏に参加
◎1994 レオン・レッドボーン My Little Grass Shack 演奏に参加
1994 トム・ペティ To Find A Friend 演奏に参加
◎1995 リンゴ&スティービー・ニックス Lay Down Your Arms 演奏に参加
1996 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Hung Up And Overdue 演奏に参加
1997 ポール・マッカートニー Really Love You / Beautiful Night / Looking For You 曲を共作/演奏に参加
1998 ロン&デレク My World Is Empty / Get Happy / Hold On 演奏に参加
2000 E.バードン&B.プレストン Power To The People 演奏に参加

 4ページ目
 
移動する

2000 ジョン・ウェットン Real World 曲を共作
2001 ELO Moment In Paradise / Easy Money 演奏に参加
◎2003 ジュールス・ホランド Boys 演奏に参加
2003 リアム・リンチ Cuz You Do / Try Me 演奏に参加
2005 V.A. Tears In Heaven 演奏に参加

2005?
 (2014)

ジョージ・ハリスン
(プラチナム・ウィアード)
This Guitar(Can't Keep From Crying)[Platinum Weird version] 演奏に参加
2006 プラチナム・ウィアード If You Believe In Love 演奏に参加
◎2006 ジェリー・リー・ルイス Sweet Little Sixteen 演奏に参加
2009 クラウス・フォアマン I'm In Love Again / You're Sixteen 演奏に参加
2010

ゲイリー・ライト

Satisfied 演奏に参加
2010
(2011)

ベン・ハーパー

Spilling Faith / Get There From Here 曲を共作/演奏に参加
2010

ジェリー・リー・ルイス

Roll Over Beethoven 演奏に参加
2012 レイ・ウィリー・ハバード Coochy Coochy 曲提供/演奏に参加
2012

ジョー・ウォルシュ

Lucky That Way 演奏に参加
2012

ジョー・ウォルシュ

Rocky Mountain Way(Live) 演奏に参加
2014

マーク・リヴェラ

Money, Money, Money 演奏に参加
2014

ベンモント・テンチ

Blonde Girl, Blue Dress 演奏に参加
2014

ケニー・ウェイン・シェパード

Cut You Loose 演奏に参加
◎2016

V.A.

Now The Time Has Come 曲を共作/演奏に参加

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system