このサイトのトップメニューに戻る

ビートルズの編集盤CD 曲目詳細


公式ナンバー以外を収録している編集盤CDの
曲目と簡単なデータです。

実はCDの解説書を引っぱり出して読むのが面倒という
ものぐさな私のためのメモです。



 アンソロジー 1  ディスク 1 ディスク 2
 アンソロジー 2  ディスク 1 ディスク 2
 アンソロジー 3  ディスク 1 ディスク 2
 アンソロジー シングル  Free As A Bird Real Love
 ライブ・アット・ザ・BBC 1  ディスク 1 ディスク 2
 ライブ・アット・ザ・BBC シングル  Baby It's You
 ライブ・アット・ザ・BBC 2  ディスク 1 ディスク 2




『アンソロジー 1』


    
95年日本盤       07年日本盤       13年日本盤        95年輸入盤




ディスク 1

 * …モノラル ●…映像版 『アンソロジー』 に演奏している映像とともに収録されているもの
「公式テイク」の欄は録音が終った日と最終テイク数を記してある(その後のミキシングは無視)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

1 4:24 Free As A Bird   Lennon-McCartney-Harrison-Starkey '94/2月-3月 ジョンのデモは'77年ごろ録音  
2 0:12 ジョン:We were four guys ... that's all.     '70/12/8 雑誌のインタビュー
聞き手:Jann Wenner
このインタビューは 『レノン・リメンバーズ』 として書籍化されている
 
3 2:07 *That'll Be The Day   Allison-Holly-Petty '58 クオリーメン(ジョン、ポール、ジョージと2人のメンバー)による演奏 未発表
4 2:44 *In Spite Of All The Danger   McCartney-Harrison  ↓  ↓ 未発表

5

0:17 ポール:Sometimes I'd borrow ... those still exist.     '94/11/3 聞き手:Mark Lewisohn  
6 1:12 *Hallelujah, I Love Her So   Charles '60 ジョン、ポール、ジョージとスチュアート・サトクリフによる演奏
映像版 『アンソロジー』 のパート1では他に3曲が聴ける
未発表
7 1:38 *You'll Be Mine   McCartney-Lennon  ↓  ↓ 未発表
8 1:13 *Cayenne   McCartney  ↓  ↓ 未発表
9 0:07 ポール:First of all ... it didn't do a thing here.     '62/10/27 病院向け有線放送の番組用インタビュー
聞き手:Malcom Threadgill
 
10 2:41 My Bonnie   traditional, arranged by Tony Sheridan '61/6/22 トニー・シェリダンとの録音  
11 2:12 Ain't She Sweet   Ager-Yellen  ↓ 上の録音時にビートルズのみで録音
ドラムはピート・ベスト
 
12 2:22 Cry for A Shadow   Harrison-Lennon  ↓  ↓  
13 0:10 ジョン:Brian was a beautiful guy ... he presented us well.     '71/10月 ラジオ用インタビュー
聞き手:David Wigg
このインタビューは 『ビートルズ・インタヴューCD』 としてCD化されている
 
14 0:18 ブライアン・エプスタイン:I secured them ... a Beatle drink even then.     '64/10/13 エプスタインによる自伝の朗読  
15 2:58 *Searchin'   Leiber-Stoller '62/1/1 デッカ・オーディション
ドラムはピート・ベスト
 
16 2:24 *Three Cool Cats   Leiber-Stoller  ↓  ↓  
17 1:41 *The Sheik Of Araby   Smith-Wheeler-Snyder  ↓  ↓  
18 2:35 *Like Dreamers Do   Lennon-McCartney  ↓  ↓ 未発表
19 1:39 *Hello Little Girl   Lennon-McCartney  ↓  ↓
映像版 『アンソロジー』 のパート1では16、17と「Besame Mucho」が聴ける
未発表
20 0:31 ブライアン・エプスタイン:Well, the recording test ... by my artists.     '64/10/13 エプスタインによる自伝の朗読  
21 2:35 *Besame Mucho   Vela'zquez-Skylar '62/6/6 EMIでの最初のセッション
ドラムはピート・ベスト
未発表
22 2:31 *Love Me Do   Lennon-McCartney  ↓  ↓ シングル・バージョン(ドラムはリンゴ)は9/4録音、
アルバム・バージョン(ドラムはアンディ・ホワイト)は9/11録音のTake18
23 1:57 *How Do You Do It?   Murray '62/9/4 ドラマーはリンゴ
この日にデビュー・シングル「Love Me Do」も録音されている
ビートルズとしては未発表
24 1:58 *Please Please Me   Lennon-McCartney '62/9/11 テンポを早くして編曲し直したもの
ドラムはアンディ・ホワイト
11/26にリメイク(ドラムはリンゴ)
25 2:22 *One After 909 (Sequence) Takes 3, 4 & 5 Lennon-McCartney '63/3/5 複数のテイクの抜粋 69年に再録音
26 2:54 *One After 909 (Complete) Takes 4 & 5 Lennon-McCartney  ↓ Take4と5を編集した完成バージョン  ↓
27 1:49 *Lend Me Your Comb (ラジオ)   Twomey-Wise-Weisman '63/7/2 ラジオ 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 7/16放送
2013年の 『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』 にも収録された
この日の他の収録曲がCD 『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』 で4曲聴ける
 
28 2:08 *I'll Get You (ライブ)   Lennon-McCartney '63/10/13 TV 『サンデイ・ナイト・アット・ザ・ロンドン・パラディアム』 生放送  
29 0:12 ジョン:We were performers ... in Britain.     '70/12/8 雑誌のインタビュー
聞き手:Jann Wenner
このインタビューは 『レノン・リメンバーズ』 として書籍化されている
 
30 2:48 *I Saw Her Standing There (ライブ)   Lennon-McCartney '63/10/24 ストックホルム(スウェーデン)でのライブ(ラジオ放送された)  
31 2:05 *From Me To You (ライブ)   Lennon-McCartney  ↓  ↓  
32 2:52 *Money(That's What I Want) (ライブ)   Gordy Jr.-Bradford  ↓  ↓  
33 2:58 *You Really Got A Hold On Me (ライブ)   Robinson  ↓  ↓  
34 2:21 *Roll Over Beethoven (ライブ)   Berry  ↓  ↓  
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

ディスク 2

 * …モノラル ●…映像版 『アンソロジー』 に演奏している映像とともに収録されているもの
「公式テイク」の欄は録音が終った日と最終テイク数を記してある(その後のミキシングは無視)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

1 2:50 *She Loves You (ライブ)   Lennon-McCartney '63/11/4 ロイヤル・バラエティ・ショー  
2 2:54 *●Till There Was You (ライブ)   Willson  ↓  ↓  
3 3:05 *●Twist and Shout (ライブ)   Russell-Medley  ↓

 ↓
映像版 『アンソロジー』 のパート2ではこの時の演奏から「From Me To You」も見られる

 
4 2:22 *This Boy (TV)   Lennon-McCartney '63/12/2 TV 『ザ・モーカム・アンド・ワイズ・ショー』 '64/4/18放送  

5

2:36 *I Want To Hold Your Hand (TV)   Lennon-McCartney  ↓  ↓  
6 2:05 「Boys, what I was thinking ...」 (TV)      ↓  ↓
映像版 『アンソロジー』 のパート2では映像付きで見られる
 
7 0:49 *●Moonlight Bay (TV)   Madden-Wenrich  ↓  ↓  
8 2:09 Can't Buy Me Love Takes 1 & 2 Lennon-McCartney '64/1/29 間奏部分のみTake1に差し替えたもの この日のTake4
9 2:19 *●All My Loving (TV)   Lennon-McCartney '64/2/9 TV 『エド・サリバン・ショー』 生放送
映像版 『アンソロジー』 のパート3では映像付きで見られる
 
10 2:40 You Can't Do That Take 6 Lennon-McCartney '64/2/25   この日のTake9
11 1:51 And I Love Her Take 2 Lennon-McCartney  ↓   2/27にリメイク Take21
12 2:40 A Hard Day's Night Take 1 Lennon-McCartney '64/4/16   この日のTake9
13 1:47 I Wanna Be Your Man (TV)   Lennon-McCartney '64/4/19(事前にくちパク用の演奏のみ録音) TV 『アラウンド・ザ・ビートルズ』 '64/4/28収録5/6放送
かつて出ていたビデオ・LD 『ザ・ビートルズ・ライブ』 にも収録されていた(「Boys」以外)
 
14 1:44 Long Tall Sally (TV)   Johnson-Penniman-Blackwell  ↓  ↓  
15 1:49 Boys (TV)   Dixon-Farrell  ↓  ↓  
16 1:28 Shout (TV)   Isley-Isley-Isley  ↓  ↓  
17 1:12 I'll Be Back Take 2 Lennon-McCartney '64/6/1 失敗して中断 この日のTake16
18 1:56 I'll Be Back Take 3 Lennon-McCartney  ↓    ↓
19 1:57 You Know What To Do Demo Harrison '64/6/3   未発表
20 1:45 No Reply Demo Lennon-McCartney  ↓   (このディスクの23曲目を参照)
21 2:46 Mr. Moonlight Takes 1 & 4 Johnson '64/8/14 Take1は失敗 10/18にリメイク Take8
冒頭のシャウトはTake4
22 2:52 Leave My Kitten Alone Take 5 John-Turner-McDougal  ↓   未発表
23 2:26 No Reply Take 2 Lennon-McCartney '64/9/30   この日のTake8
24 1:25 Eight Days A Week (Sequence) Takes 1, 2 & 4 Lennon-McCartney '64/10/6 複数のテイクの抜粋 この日のTake13
アウトロ部分は10/18録音
25 2:47 Eight Days A Week (Complete) Take 5 Lennon-McCartney  ↓ 完奏バージョン  ↓
26 2:44 Kansas City / Hey- Hey-Hey-Hey! Takes 1 & 2 Leiber-Stoller / Penniman '64/10/18 基本はTake 2で、部分的にTake 1の音源を使用 この日のTake1
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc2  3-Disc1  3-Disc2  シングル
Live At The BBC  1-Disc1  1-Disc2  シングル  2-Disc1  2-Disc2


このページの一番上へ



『アンソロジー 2』


    
96年日本盤       07年日本盤       13年日本盤        01年輸入盤




ディスク 1

 * …モノラル ●…映像版 『アンソロジー』 に演奏している映像とともに収録されているもの
「公式テイク」の欄は録音が終った日と最終テイク数を記してある(その後のミキシングは無視)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

1 3:52 Real Love   Lennon-McCartney-Harrison-Starkey '95/2月 ジョンのデモは'79年ごろ録音  
2 1:50 Yes It Is Takes 2 & 14 Lennon-McCartney '65/2/16 前半がTake2、後半がTake14 この日のTake14
3 2:52 I'm Down Take 1 Lennon-McCartney '65/6/14   この日のTake7
4 2:44 *You've Got To Hide Your Love Away Takes 1, 2 & 5 Lennon-McCartney '65/2/18 曲の始まる前の部分がTake1と2の抜粋 この日のTake9

5

2:47 If You've Got Trouble Take 5 Lennon-McCartney  ↓   未発表
6 2:26 That Means A Lot Take 1 Lennon-McCartney '65/2/20 エンディングを多少修正 ビートルズとしては未発表
7 2:32 Yesterday Take 1 Lennon-McCartney '65/6/14 ギターとボーカルのみ この日のTake2
8 1:57 *It's Only Love Takes 2 & 3 Lennon-McCartney '65/6/15 冒頭の失敗する方がTake3 この日のTake6
9

2:15

*I Feel Fine (TVライブ)   Lennon-McCartney '65/8/1 TV 『ブラックプール・ナイト・アウト』 生放送  
10 2:44 *●Ticket To Ride (TVライブ)   Lennon-McCartney  ↓  ↓
映像版 『アンソロジー』 のパート4ではこの他に2曲が見られる
 
11 2:42 *●Yesterday (TVライブ)   Lennon-McCartney  ↓  ↓  
12 2:54 *●Help! (TVライブ)   Lennon-McCartney  ↓  ↓  
13 2:44 *Everybody's Trying To Be My Baby (ライブ)   Carl Perkins '65/8/15 シェイ・スタジアム
映像版 『アンソロジー』 のパート5にはこのライブから5曲収録されている
 
14 1:59 Norwegian Wood (This Bird Has Flown) Take 1 Lennon-McCartney '65/10/12   10/21にリメイク Take4
15 2:53 I'm Looking Through You Take 1 Lennon-McCartney '65/10/24   11/6にリメイク
11/11 Take4(11/10の再リメイク Take4に音を重ねたもの)
16 2:54 12-Bar Original Edited Take 2 Lennon-McCartney- Harrison-Starkey '65/11/4 6:36の長さのものを編集して収録 未発表
17 3:14 Tomorrow Never Knows Take 1 Lennon-McCartney '66/4/6   4/22のTake3(4/6のTake3に音を重ねたもの)
18 2:53 *Got To Get You Into My Life Take 5 Lennon-McCartney '66/4/7   6/17のTake9(4/8のTake8に音を重ねたもの)
19 2:13 And Your Bird Can Sing Take 2 Lennon-McCartney '66/4/20   4/26にリメイク Take10
20 2:31 Taxman Take11 Harrison '66/4/21   5/16のTake12(4/21のTake11に音を重ねたもの)
21 2:06 Eleanor Rigby (Strings Only) Take14 Lennon-McCartney '66/4/28 ストリングスのみ
このテイクにボーカルが重ねられて完成テイクとなった
6/6のTake15(4/28のTake14に音を重ねたもの)
22 0:40 *I'm Only Sleeping (Rehearsal) リメイク
リハーサル
Lennon-McCartney '66/4/29 公式テイクを録った2日後にリメイクしたもの(結局ボツに) 5/6のTake13(4/27のTake11がベース)
23 2:59 *I'm Only Sleeping リメイク
Take 1
Lennon-McCartney  ↓  ↓  ↓
24 1:39 *Rock And Roll Music (ライブ)   Chuck Berry '66/6/30 日本武道館
映像版 『アンソロジー』 のパート5にはこの日の演奏から「Paperback Writer」が収録されている
かつて出ていたビデオ・LD 『ビートルズ武道館コンサート』 にも収録されていた
 
25 2:54 *She's A Woman (ライブ)   Lennon-McCartney  ↓  ↓  
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

ディスク 2

 * …モノラル ●…映像版 『アンソロジー』 に演奏している映像とともに収録されているもの
「公式テイク」の欄は録音が終った日と最終テイク数を記してある(その後のミキシングは無視)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

1 1:42 *Strawberry Fields Forever Demo Sequence Lennon-McCartney '66/11月   最初の1分は11/29のTake7(11/29のTake6に音を重ねたもの)、
残りは12/21のTake26(12/8のTake 15と24を組み合わせたもの)
2 2:34 Strawberry Fields Forever Take 1 Lennon-McCartney '66/11/24    ↓
3 4:12 *Strawberry Fields Forever Take 7 & Edit Piece Lennon-McCartney '66/11/29
'66/12/9
エンディングに12/9録音の音の断片を挿入  ↓
4 3:12 Penny Lane ベースはTake 9 Lennon-McCartney '66/12/29,30
'67/1/4,5,6,9,10,12,17
複数のテイクの音を組み合わせたもの '67/1/17のTake9('66/12/29のTake6がベース)

5

5:04 A Day In The Life Takes 1, 2, 6 & Orchestra Lennon-McCartney '67/1/19,20
'67/2/10
イントロは1/19のTake1、ジョンのパートは1/19のTake2、ポールのパートは1/20のTake6、最後のオーケストラは2/10録音 2/22のTake7(1/20のTake 6のポールのボーカルを2/3に録り直し、2/10にオーケストラを重ねたもの)
3/1にTake6に追加録音されているがボツ
6 2:39 Good Morning Good Morning Take 8   '67/2/8,16 2/8のベーシック・トラック(Take8)に2/16のジョンのボーカル他を重ねたもの 3/29のTake11(2/8のTake 8がベース)
7 2:43 Only A Northern Song Takes 3 & 12 Harrison '67/2/13,14
'67/4/20
2/13のTake3をステレオ・リミックス、ボーカルは2/14のTake12(Take 3に音を重ねたもの)から、ベースとギターは4/20の録音から 「4/20のTake3(2/13のTake3に音を重ねたもの)」と「4/20のTake11(Take3がベース)にボーカルを追加したもの」をモノラル・ミックス
8 1:05 Being For the Benefit Of Mr. Kite Takes 1 & 2 Lennon-McCartney '67/2/17 どちらのテイクも失敗して中断 3/31のTake9(2/17のTake7がベース)
9 2:33 Being For the Benefit Of Mr. Kite Take 7 & Effects Tape Lennon-McCartney '67/2/17,20 Take7に2/20のエフェクトをつないだもの  ↓
10 3:05 Lucy In The Sky With Diamonds Takes 6, 7 & 8 Lennon-McCartney '67/3/1,2 3つのテイクの音を組み合わせたもの 3/2のTake8(3/1のTake7に音を重ねたもの)
11 5:27 Within You Without You (Instrumental)   Harrison '67/3/15,16,22
'67/4/3
伴奏のみ

4/3のTake2(3/15のTake1に音を重ねたもの)

12 1:26 *Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) Take 5 Lennon-McCartney '67/4/1   この日のTake9
13 5:42 You Know My Name (Look Up The Number)   Lennon-McCartney '67/5/17
'67/6/7,8
'69/4/30
ステレオのロング・バージョン '67/6/9のTake30('67/5/17、6/7,8に録音した5つのパートをミックス)の上に'69/4/30にボーカルを追加
14 4:01 I Am The Walrus Take16 Lennon-McCartney '67/9/5 ベーシック・トラック 9/6のTake17(Take16に音を重ねたもの)をベースに、ダビングやリミックスを繰り返したものを編集、9/29にラジオ音声を録音
15 2:47 *The Fool On The Hill Demo Lennon-McCartney '67/9/6 ピアノとボーカルのみ (このディスクの17曲目を参照)
16 3:01 Your Mother Should Know Take27 Lennon-McCartney '67/9/16 8/22,23に録った後にリメイクしたもの(結局ボツに) 9/29のTake52(8/22のTake8がベース)
17 3:43 The Fool On The Hill Take 4 Lennon-McCartney '67/9/25 その後かなり音の削除・追加が行われ、公式テイクになる 10/20のTake6(9/25のTake3から作ったTake4に更にテイクを重ねたもの)
18 3:17 Hello, Goodbye Take16 Lennon-McCartney '67/10/2,19   11/2のTake22(10/2のTake14から作ったTake16に更にテイクを重ねたもの)
19 2:21 Lady Madonna Takes 3 & 4 Lennon-McCartney '68/2/3,6 2/3のTake3と2/6のTake4を組み合わせて編集 2/6のTake5(2/3のTake3から作ったTake4に更にテイクを重ねたもの)
20 3:28 Across The Universe Take 2 Lennon-McCartney '68/2/4(CDの解説書では2/3)   '68/2/8のTake8(2/4のTake7に音を重ねたもの)を元に、'69/10/2にリミックスしたのが 『Past Masters』 バージョン、
'68/2/4のTake7を元に'70/4/1にストリングスを録音し4/2にリミックスしたのが 『Let It Be』 バージョン
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2  3-Disc2  シングル
Live At The BBC  1-Disc1  1-Disc2  シングル  2-Disc1  2-Disc2


このページの一番上へ



『アンソロジー 3』


    
96年日本盤       07年日本盤       13年日本盤        01年輸入盤




ディスク 1

 * …モノラル ●…映像版 『アンソロジー』 に演奏している映像とともに収録されているもの
「公式テイク」の欄は録音が終った日と最終テイク数を記してある(その後のミキシングは無視)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

1 0:50 A Beginning Take6 Martin '68/7/22 「Good Night」のストリングスを録る時に録音 映画 『イエロー・サブマリン』 に使われている(オープニング・タイトルのあと)
2 2:13 *Happiness Is A Warm Gun Demo Lennon-McCartney '68/5月 ジョージの家で録ったデモ 9/25のTake65(9/24のTake53を前半に、Take65を後半につなげてこれも「Take65」とし、翌25日に音を重ねたもの)
3 4:36 *Helter Skelter Edited Take 2 Lennon-McCartney '68/7/18 12分以上あるテイクを編集したもの 9/10のTake21(9/9にリメイクしたTake21に音を重ねたもの)
4 1:57 Mean Mr. Mustard Demo Lennon-McCartney '68/5月 ジョージの家で録ったデモ '69/7/29のTake35('69/7/24の同テイクに音を重ねたもの)

5

1:25 Polythene Pam Demo Lennon-McCartney  ↓  ↓ '69/7/30のTake40('69/7/25のTake39に音を重ねたもの)
「She Came In Through The Bathroom Window」とメドレーで録音
6 1:49 Glass Onion Demo Charles  ↓  ↓ (このディスクの20曲目を参照)
7 2:23 Junk Demo McCartney-Lennon  ↓  ↓ ソロで発表
8 1:59 *Piggies Demo McCartney  ↓  ↓ 10/10のTake12(9/19のTake11に音を重ねたもの)
9 1:18 Honey Pie Demo Lennon-McCartney  ↓  ↓ 10/4のTake1(10/1のTake1に音を重ねたもの)
10 2:40 Don't Pass Me By Takes 3 & 5 Starkey '68/6/5,6 6/5の伴奏(Take3)に6/6のTake5(Take 3に音を重ねたもの)のボーカルを組み合わせたもの

7/12のTake7(6/5のTake3がベース)
イントロのピアノは7/22録音

11 2:54 Ob-La-Di, Ob-La-Da   Lennon-McCartney '68/7/3,4,5 初期バージョンのTake5 7/15のTake23(7/8にリメイクしたTake13がベース)
12 2:37 Good Night Rehearsal & Take34 Lennon-McCartney '68/6/28
'68/7/22
前半はリハーサル、後半はマスター・テイク 7/22 Take34
※7/2にTake15(6/28のTake5がベース)まで作ったが、7/22にオーケストラの演奏で一から再録音
13 2:45 Cry Baby Cry Take 1 Lennon-McCartney '68/7/16   7/18のTake12(7/16のTake10がベース)
「Can you take me back…」の部分は9/16録音
14 2:18 Blackbird Take 4 Lennon-McCartney '68/6/11   この日のTake32
15 4:05 Sexy Sadie Take 6 Lennon-McCartney '68/7/19   7/24にリメイク
8/13から再リメイク
8/21のTake117(8/13のTake107がベース)で録音終了
16 3:26 While My Guitar Gently Weeps Take 1 Harrison '68/7/25   8/16からリメイク
9/5に再リメイク、その時のTake25に9/6に音を重ねて録音終了
17 4:19 Hey Jude   Lennon-McCartney '68/7/29 Take2か 7/31にリメイク、その時のTake1に8/1に音を重ねて録音終了
18 3:21 Not Guilty Take102 Harrison '68/8/8,9,12 オリジナルを細かく切り貼りして少し短くした上で収録 ソロで再録して発表
19 3:16 Mother Nature's Son Take 2 Lennon-McCartney '68/8/9   8/20のTake26(8/9のTake24がベース)
20 2:06 *Glass Onion   Lennon-McCartney '68/9/11,12,13,16,26 ストリングスがなく、様々な効果音が加えられている
後に効果音は破棄されストリングスが重ねられる
10/10のTake33(9/11の同テイクにストリングスを重ねたもの)
21 4:10 Rocky Raccoon Take 8 Lennon-McCartney '68/8/15   この日のTake10(Take 9に音を重ねたもの)
22 6:07 What's The New Mary Jane Take 4 Lennon-McCartney '68/8/14   未発表
23 2:30 Step Inside Love / Los Paranoias   Lennon-McCartney / Lennon-McCartney-Harrison-Starkey '68/9/16 「I Will」の録音中に即興で演奏したものを短く編集 「Step Inside Love」はシラ・ブラックが発表
「Los Paranoias」は未発表
24 2:11 I'm So Tired Takes 3, 6 & 9 Lennon-McCartney '68/10/8

3つのテイクを組み合わせたもの

この日のTake14
25 1:54 I Will Take 1 Lennon-McCartney '68/9/16   9/17のTake68(9/16のTake67がベース)
26 2:13 *Why Don't We Do It In The Road? Take 4 Lennon-McCartney '68/10/9   10/10Take6(10/9のTake5に音を重ねたもの)
27 1:57 Julia Take 2 Lennon-McCartney '68/10/13   この日のTake3
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

ディスク 2

 * …モノラル ●…映像版 『アンソロジー』 に演奏している映像とともに収録されているもの
「公式テイク」の欄は録音が終った日と最終テイク数を記してある(その後のミキシングは無視)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

1 2:48 I've Got A Feeling   Lennon-McCartney '69/1/22(CDの解説書では23日) ゲット・バック・セッション 1/30のTake1(アップル屋上ライブ)
2 3:36 She Came In Through The Bathroom Window (Rehearsal)   Lennon-McCartney

'69/1/21?(CDの解説書では22日)

 ↓ '69/7/30のTake40('69/7/25のTake39に音を重ねたもの)
「Polythene Pam」とメドレーで録音
3 4:18 Dig A Pony   Lennon-McCartney '69/1/22  ↓ 1/30のTake1(アップル屋上ライブ)
4 3:25 Two Of Us   Lennon-McCartney '69/1/24  ↓ 1/31のTake11
エンディングの口笛部分はTake12から
5 2:18 For You Blue   Harrison '69/1/25 ゲット・バック・セッション
公式テイクとは違うテイク(テイク数不明)
'70/1/8のTake6('69/1/25の同テイクのボーカルを録り直す)
6 3:16 Teddy Boy   McCartney '69/1/24,28 ゲット・バック・セッション
前半1分15秒は1/28、後半2分が1/24の録音
ソロで再録して発表
7 3:08 Medley: Rip It Up / Shake, Rattle And Roll / Blue Suede Shoes   Blackwell-Marascalco /  Calhoun / Perkins '69/1/26 ゲット・バック・セッション
「Shake, Rattle And Roll」は映画 『Let It Be』 にも収録
未発表
8 3:39 The Long And Winding Road   Lennon-McCartney  ↓ ゲット・バック・セッション
公式バージョンのオーケストラ抜き
'70/4/1のTake18('69/1/26の演奏にストリングスを重ねたもの)
9 4:07 Oh! Darling   Lennon-McCartney '69/1/27 ゲット・バック・セッション 8/11のTake26(4/20の同テイクに音を重ねたもの)
10 3:07 All Things Must Pass Demo Harrison '69/2/25 ジョージ1人によるデモ ソロで再録して発表 
11 1:54 Mailman, Bring Me No More Blues   Roberts-Katz-Clayton '69/1/29 ゲット・バック・セッション 未発表
12 3:07 Get Back   Lennon-McCartney '69/1/30 ゲット・バック・セッション
アップル屋上での最後の演奏

アルバム・バージョンは1/27の演奏、シングル・バージョンは1/27の演奏の後に1/28の演奏を加えてある

13 3:01 Old Brown Shoe Demo Harrison '69/2/25 ジョージ1人によるデモ 4/18のTake4(4/16の同テイクに音を重ねたもの)
14 2:48 Octopus's Garden Takes 2 & 8 Starkey '69/4/26 最後のコメントはTake8から 7/18のTake32(4/26の同テイクに音を重ねたもの)
15 3:48 Maxwell's Silver Hammer Take 5 Lennon-McCartney '69/7/9   8/6のTake27(7/9のTake21がベース)
8/25にエフェクト類が録音されたがボツ
16 3:16 *Something Demo Harrison '69/2/25 ジョージ1人によるデモ
4/16に録音するがボツにして5/2にリメイク
8/15のTake39(5/2のTake36がベース、8/15にオーケストラを録音)
17 3:38 Come Together Take 1 Lennon-McCartney '69/7/21   7/30のTake9(7/21のTake6がベース)
18 2:27 Come And Get It Demo McCartney '69/7/24 ポール1人によるデモ ビートルズとしては未発表
19 2:06 Ain't She Sweet (Jam)   Ager-Yellen  ↓ 「Sun King」の録音中のジャム 未発表
20 2:20 Because (A cappella)   Lennon-McCartney '69/8/1,4 公式テイクのボーカルのみ 8/5のTake16(8/1の同テイクに音を重ねたもの)
21 4:04 Let It Be   Lennon-McCartney '69/1/25 ゲット・バック・セッション
前後の会話は1/31のもの
1/31のTake27
シングル・バージョンは4/30に更に音を重ねたもの
アルバム・バージョンは(4/30の音を使わずに)'70/1/4に更に音を重ねたもの
22 1:46 I Me Mine Take16 Harrison '70/1/3 公式バージョンで長く伸ばされる前のもの
最初のコメントはTake15から
ジョン以外の3人で録音(この日と翌日がビートルズのバンドとしての最後のレコーディングになった)
'70/4/1のTake18(1/3のTake16に3/23からリミックス作業を加え、4/1にオーケストラを録音)
23 2:50 The End (Remix)   Lennon-McCartney '69/7/23
'69/8/5,7,8,15,18
複数のテイクの音を組み合わせたもの
最後のコードは「A Day In The Life」の最後のピアノの音を使用('67/2/22録音)
8/18のTake7(7/23のTake7に音を重ねたもの)
 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2  3-Disc1  3-Disc2
Live At The BBC  1-Disc1  1-Disc2  シングル  2-Disc1  2-Disc2


このページの一番上へ



『アンソロジー』 シングル



95年日本盤             95年輸入盤              95年輸入盤             00年輸入盤              03年輸入盤




「Free As A Bird」のカップリング

 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

2 2:51 I Saw Her Standing There Take 9 Lennon-McCartney '63/2/11 このテイクのカウントのみ公式バージョンに使用 8/22のTake1
3 3:17 This Boy Takes12 & 13 Lennon-McCartney '63/10/17 どちらのテイクも失敗して中断 この日のTake17(Take15に音を重ねたもの)
4 3:02 Christmas Time (Is Here Again)   Lennon-McCartney-Harrison-Starkey '67/11/28
'66/12/6
・曲は'67/11/28録音
・途中で出てくる4人の挨拶は'66/12/6録音
・エンディングのジョンの語りは67年のクリスマス・レコードから('67/11/28録音)
 






96年日本盤             96年輸入盤              96年輸入盤             05年輸入盤               ?年輸入盤




「Real Love」のカップリング

 

時間

曲名

テイク数

作詞・作曲

録音日

備考

公式テイク

2 3:03 Baby's In Black (ライブ)   Lennon-McCartney '65/8/29,30 ハリウッド・ボウルでのライブ
曲紹介は8/29、演奏は8/30
2016年発売の 『Live At The Hollywood Bowl』 には8/30の曲紹介に戻して収録
 
3 2:48 Yellow Submarine   Lennon-McCartney '66/5/26
'66/6/1
公式テイクと同じテイクに、ボツになったリンゴの冒頭の語り(6/1に作成)や様々なエフェクトを追加したもの 6/3のTake5(5/26のTake4に音を重ねたもの)
4 2:23 Here, There And Everywhere Take 7 Lennon-McCartney '66/6/16

前半はポールのリード・ボーカルのみでコーラスなし、後半に公式バージョンのコーラスをリミックスして追加

6/17のTake14(6/16のTake13に音を重ねたもの)


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2  3-Disc1  3-Disc2
Live At The BBC  1-Disc2  シングル  2-Disc1  2-Disc2


このページの一番上へ



『Live At The BBC (Vol.1)』



94年日本盤      01年日本盤      07年日本盤      01年輸入盤

↓2013年リマスター盤

13年日本盤      13年輸入盤




ディスク 1

 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

以下の各トラックの時間は、左:1994年版、右:2013年版
1 0:14/0:14 Beatle Greetings (語り)   '63/10/3 '63/11/3 『ザ・パブリック・イヤー』  
 
2013年リマスター版では2にラジオDJの「It's The Beatles!」というナレーションがかぶせられている
2 0:28/0:30 From Us To You (Opening Theme) Lennon-McCartney '64/2/28   『フロム・アス・トゥ・ユー』 番組のテーマ曲
3 0:54/0:55 Riding On A Bus (語り)   '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』  
4 2:48/2:48 I Got A Woman Charles '63/7/16 '63/8/13 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #9  
5 2:06/2:08 Too Much Monkey Business Berry '63/9/3 '63/9/10 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #13  
6 2:30/2:31 Keep Your Hands Off My Baby Goffin-King '63/1/22 '63/1/26 『サタデイ・クラブ』  
7 1:58/1:58 I'll Be On My Way Lennon-McCartney '63/4/4 '63/6/24 『サイド・バイ・サイド』  
8 1:57/1:56 Young Blood Leiber-Stoller-Pomus '63/6/1 '63/6/11 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #2  
9 2:15/2:16 A Shot Of Rhythm And Blues Thompson '63/8/1 '63/8/27 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #11  
10 2:08/2:08 Sure To Fall (In Love With You) Perkins-Claunch-Cantrell '63/6/1 '63/6/18 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #3  
11 2:01/2:01 Some Other Guy Leiber-Stoller-Barrett '63/6/19 '63/6/23 『イージー・ビート』  
12 2:02/2:05 Thank You Girl Lennon-McCartney '63/6/19 '63/6/23 『イージー・ビート』  
13 0:28/0:28 Sha La La La La! (語り)   '63/6/1 '63/6/11 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #2  
14 2:44/2:44 Baby It's You David-Bacharach-Williams '63/6/1 '63/6/11 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #2  
15 2:54/2:56 That's All Right (Mama) Crudup '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #5 映像版 『アンソロジー2』 に収録
16 2:35/2:36 Carol Berry '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #5  
 
2013年リマスター版にのみ追加
17  - /0:31 What Is It, George? (語り)   '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #5  
 
2013年版は以下のトラック番号が18から35になる
17 2:00/1:59 Soldier Of Love Cason-Moon '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #5  
18 0:26/0:26 A Little Rhyme (語り)   '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #5  
19 2:39/2:40 Clarabella Pingatore '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #5  
20 2:01/2:02 I'm Gonna Sit Right Down And Cry (Over You) Thomas-Biggs '63/7/16 '63/8/6 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #8  
21 2:09/2:11 Crying, Waiting, Hoping Holly '63/7/16 '63/8/6 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #8  
22 0:42/0:43 Dear Wack! (語り)   '63/7/30 '63/8/24 『サタデイ・クラブ』  
23 2:37/2:38 You Really Got A Hold On Me Robinson '63/7/30 '63/8/24 『サタデイ・クラブ』  
24 2:49/2:51 To Know Her Is To Love Her Spector '63/7/16 '63/8/6 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #8  
25 1:58/1:59 A Taste Of Honey Marlow-Scott '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6  
26 1:53/1:54 Long Tall Sally Johnson-Penniman-Blackwell '63/7/16 '63/8/13 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #9  
27 2:32/2:35 I Saw Her Standing There Lennon-McCartney '63/10/16 '63/10/20 『イージー・ビート』  
28 1:39/1:40 The Honeymoon Song Theodorakis-Sansom '63/7/16 '63/8/6 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #8  
29 2:51/2:51 Johnny B. Goode Berry '64/1/7 '64/2/15 『サタデイ・クラブ』  
30 2:13/2:16 Memphis, Tennessee Berry '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #7  
31 1:49/1:50 Lucille Collins-Penniman '63/9/7 '63/10/5 『サタデイ・クラブ』  
32 2:06/2:08 Can't Buy Me Love Lennon-McCartney '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
33 0:28/0:28 From Fluff To You (語り)   '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
34 2:13/2:18 Till There Was You Willson '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

ディスク 2

 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

1 1:04/1:09 Crinsk Dee Night (語り)   '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』 映像版 『アンソロジー3』 に収録
 
2013年リマスター版は以下の2と3をつなげて「トラック2」としている(3は終わりの部分が少しカットされている) このカットについて2015年にネットに出た記事 
2 2:24/2:44 A Hard Day's Night Lennon-McCartney '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
3 0:22/ - Have A Banana! (語り)   '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
 
2013年リマスター版にのみ追加
3  - /0:14 Ringo? Yep! (語り)   '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
 
以下の4から35までのトラック番号は1994年版も2013年版も同じ
4 2:09/2:10 I Wanna Be Your Man Lennon-McCartney '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
5 0:20/0:20 Just A Rumour (語り)   '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
6 2:16/2:17 Roll Over Beethoven Berry '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
7 2:04/2:07 All My Loving Lennon-McCartney '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
 
1994年版では8のイントロにラジオDJのナレーションがかぶっていたが、2013年リマスター版では削除されている
8 2:18/2:18 Things We Said Today Lennon-McCartney '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
9 3:15/3:19 She's A Woman

Lennon-McCartney

'64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』  
10 2:21/2:22 Sweet Little Sixteen Berry '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6  
11 0:10/0:10 1822! (語り)   '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6  
12 2:36/2:36 Lonesome Tears In My Eyes Johnny Burnette-Dorsey Burnette-Burlison-Mortimer '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6 映像版 『アンソロジー2』 に収録
13 2:59/3:00 Nothin' Shakin' Fontaine-Calacrai-Lampert-Gluck '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6  
14 1:49/1:50 The Hippy Hippy Shake Romero '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #7  
15 1:52/1:53 Glad All Over Bennett-Tepper-Schroeder '63/7/16 '63/8/20 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #10  
16 2:47/2:48 I Just Don't Understand Wilkin--Westberry '63/7/16 '63/8/20 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #10  
17 1:54/1:55 So How Come (No One Loves Me) Bryant '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6 映像版 『アンソロジー2』 に収録
18 2:13/2:16 I Feel Fine Lennon-McCartney '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』  
19 2:33/2:33 I'm A Loser Lennon-McCartney '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』  
20 2:21/2:23 Everybody's Trying To Be My Baby Perkins '64/11/17 '64/12/26 『サタデイ・クラブ』  
21 2:01/2:02 Rock And Roll Music Berry '64/11/25 '64/12/26 『サタデイ・クラブ』  
22 2:56/2:59 Ticket To Ride Lennon-McCartney '65/5/26 '65/6/7 『ザ・ビートルズ・インヴァイト・ユー・トゥ・テイク・ア・ティケット・トゥ・ライド』  
23 2:42/2:44 Dizzy Miss Lizzy Williams '65/5/26 '65/6/7 『ザ・ビートルズ・インヴァイト・ユー・トゥ・テイク・ア・ティケット・トゥ・ライド』  
24 2:38/2:39 Kansas City / Hey-Hey-Hey-Hey! Leiber-Stoller / Penniman '63/7/16 '63/8/6 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #8  
25 0:28/0:28 Set Fire To That Lot! (語り)   '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #7  
26 1:57/1:58 Matchbox Perkins '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #7  
27 2:09/2:06 I Forgot To Remember To Forget Kesler-Feathers '64/5/1 '64/5/18 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #3  
28 0:27/0:28 Love These Goon Shows! (語り)   '63/6/1 '63/6/11 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #2  
29 1:56/1:58 I Got To Find My Baby Berry '63/6/1 '63/6/11 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #2  
30 1:37/1:38 Ooh! My Soul Penniman '63/8/1 '63/8/27 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #11  
31 0:36/0:36 Ooh! My Arms (語り)   '63/8/1 '63/8/27 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #11  
32 2:03/2:05 Don't Ever Change Goffin-King '63/8/1 '63/8/27 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #11  
33 2:36/2:38 Slow Down Williams '63/7/16 '63/8/20 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #10  
34 2:12/2:13 Honey Don't Perkins '63/8/1 '63/9/3 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #12  
35 2:30/2:29 Love Me Do Lennon-McCartney '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #6  
 
2013年リマスター版にのみ追加(音はディスク1の2曲目と同じだが、エンディングにラジオDJのナレーションが付いている)
36  - /0:38 From Us To You (Closing Theme) Lennon-McCartney '64/2/28   『フロム・アス・トゥ・ユー』 番組のテーマ曲
 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考



1994年版と2013年版のその他の違い

■1994年版は曲間がほとんどないかクロスフェイドでつなげられていたが、2013年版はきっちりとトラックが分けられている。そのため、エンディングがちゃんと聴ける曲が増えた。

■上とは別に、「I'll Be On My Way」「She's A Woman」「Don't Ever Change」などではファイド・アウトが少し長くなっており、「Some Other Guy」「Thank You Girl」「I Saw Her Standing There」の演奏後の歓声も長くなっている。

■ほとんど全曲でピッチが修正されている。全編にわたってピッチを変えているものもあれば、部分的に調整しているものもある。特に「I Forgot To Remember To Forget」はかなりピッチが早くなっている。

■音質が劇的に変化した曲はないが、ノイズを無理に抑えようとしていた1994年版に比べ、2013年版は音質が変わるような修正はせず、ある程度のノイズはそのままにされている。


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2  3-Disc1  3-Disc2  シングル
Live At The BBC  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2


このページの一番上へ



『Live At The BBC』 シングル


  
95年日本盤        95年輸入盤       99年輸入盤




「Baby, It's You」のカップリング

 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

2 1:51 I'll Follow The Sun Lennon-McCartney '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』 『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』 にも収録
3 2:23 Devil In Her Heart Drapkin '63/7/16 '63/8/20 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #10 このシングルでしか聴けない
4 2:29 Boys Dixon/Farrell '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #4 『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』 にも収録


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2  3-Disc1  3-Disc2  シングル
Live At The BBC  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc2


このページの一番上へ



『On Air - Live At The BBC Volume 2』


 
13年日本盤       13年輸入盤




ディスク 1

 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

1 0:15 And Here We Are Again (語り) '63/7/10 '63/7/23 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #6  
2 1:56 Words Of Love Holly '63/7/16 '63/8/20 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #10
3 0:27 How About It, Gorgeous? (語り) '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #7  
4 1:48 Do You Want To Know A Secret Lennon-McCartney '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #7  
5 2:29 Lucille Collins-Penniman '63/9/3 '63/9/17 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #14  
6 0:21 Hey, Paul... (語り) '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #4  
7 2:50 Anna (Go To Him) Alexander '63/8/1 '63/8/27 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #11  
8 0:19 Hello! (語り) '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #4  
9 1:56 Please Please Me Lennon-McCartney '63/7/16 '63/8/13 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #9  
10 1:50 Misery Lennon-McCartney '63/3/6 '63/3/12 『ヒア・ウィ・ゴー』  
11 1:52 I'm Talking About You Berry '63/3/16 '63/3/16 『サタデイ・クラブ』  
12 0:37 A Real Treat (語り) '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #4  
13 2:29 Boys Dixon-Farrell '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #4 シングル 『Baby It's You』 にも収録
14 0:27 Absolutely Fab (語り) '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #4  
15 2:15 Chains Goffin-King '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ』 #4
16 1:54 Ask Me Why Lennon-McCartney '63/9/3 '63/9/24 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #15  
17 2:16 Till There Was You Willson '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #7  
18 1:46 Lend Me Your Comb Twomey-Wise-Weisman '63/7/2 '63/7/16 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #5 CD 『アンソロジー1』 ディスク1にも収録
19 0:23 Lower 5E (語り) '63/9/3 '63/9/10 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #13  
20 1:46 The Hippy Hippy Shake Romero '63/9/3 '63/9/10 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #13  
21 2:22 Roll Over Beethoven Berry '63/8/1 '63/9/3 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #12  
22 1:49 There's A Place Lennon-McCartney '63/8/1 '63/9/3 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #12  
23 0:49 Bumper Bundle (語り) '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #4  
24 1:59 P.S. I Love You Lennon-McCartney '63/6/17 '63/6/25 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #4  
25 2:17 Please Mr. Postman Dobbins-Garrett-Gorman-Holland-Bateman '63/7/10 '63/7/30 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #7  
26 1:46 Beautiful Dreamer Foster-Goffin-Keller '63/1/22 '63/1/26 『サタデイ・クラブ』  
27 2:22 Devil In Her Heart Drapkin '63/9/3 '63/9/24 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #15
28 0:17 The 49 Weeks (語り) '63/9/3 '63/9/24 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #15  
29 2:21 Sure To Fall (In Love With You) Perkins-Cantrell-Claunch '63/9/3 '63/9/24 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #15  
30 0:34 Never Mind, Eh? (語り) '63/9/3 '63/9/24 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #15  
31 2:25 Twist And Shout Russell-Medley '63/7/16 '63/8/6 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #8  
32 0:24 Bye, Bye (語り) '63/9/3 '63/9/24 『ポップ・ゴーザ・ビートルズ』 #15  
33 8:22 John - Pop Profile [Bonus track] '65/11/30 『ポップ・プロフィール』 インタビュー
34 8:06 George - Pop Profile [Bonus track] '65/11/30 『ポップ・プロフィール』 インタビュー
 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

ディスク 2

 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考

1 2:36 I Saw Her Standing There Lennon-McCartney '63/9/7 '63/10/5 『サタデイ・クラブ』
2 1:53 Glad All Over Schroeder-Tepper-Bennett '63/7/30 '63/8/24 『サタデイ・クラブ』  
3 0:37 Lift Lid Again (語り) '63/7/30 '63/8/24 『サタデイ・クラブ』  
4 2:02 I'll Get You Lennon-McCartney '63/9/7 '63/10/5 『サタデイ・クラブ』  
5 2:15 She Loves You Lennon-McCartney '63/9/7 '63/10/5 『サタデイ・クラブ』  
6 2:15 Memphis, Tennessee Berry '63/9/7 '63/10/5 『サタデイ・クラブ』  
7 0:33 Happy Birthday Dear Saturday Club M. J. Hill-P. Hill '63/9/7 '63/10/5 『サタデイ・クラブ』  
8 0:25 Now Hush, Hush (語り) '63/10/16 '63/10/20 『イージー・ビート』  
9 1:51 From Me To You

Lennon-McCartney

'63/10/16 '63/10/20 『イージー・ビート』  
10 2:43 Money (That's What I Want) Bradford-Gordy '63/12/18 '63/12/26 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #1  
11 2:23 I Want To Hold Your Hand Lennon-McCartney '63/12/18 '63/12/26 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #1  
12 0:59 Brian Bathtubes (語り) '63/12/17 '63/12/21 『サタデイ・クラブ』
13 2:16 This Boy Lennon-McCartney '63/12/17 '63/12/21 『サタデイ・クラブ』  
14 0:45 If I Wasn't In America (語り) '64/1/7 '64/2/15 『サタデイ・クラブ』  
15 2:36 I Got A Woman Charles-Richard '64/3/31 '64/4/4 『サタデイ・クラブ』  
16 1:58 Long Tall Sally Johnson-Blackwell-Penniman ''64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
17 2:09 If I Fell Lennon-McCartney '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』
18 1:20 A Hard Job Writing Them (語り) '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
19 2:20 And I Love Her Lennon-McCartney '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
20 0:20 Oh, Can't We? Yes We Can (語り) '64/2/28 '64/3/30 『フロム・アス・トゥ・ユー』 #2  
21 2:32 You Can't Do That Lennon-McCartney '64/7/14 '64/7/16 『トップ・ギア』  
22 2:24 Honey Don't Perkins '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』  
23 1:51 I'll Follow The Sun Lennon-McCartney '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』 シングル 『Baby It's You』 にも収録
24 0:59 Green With Black Shutters (語り) '65/5月or6月 『トップ・オブ・ザ・ポップス』  
25 2:43 Kansas City / Hey-Hey-Hey-Hey! Leiber-Stoller / Penniman '64/11/25 '64/12/26 『サタデイ・クラブ』  
26 0:24 That's What We're Here For (語り) '64/11/17 '64/11/26 『トップ・ギア』  
27 3:29 I Feel Fine [Studio outtake sequence] Lennon-McCartney '64/11/17 『トップ・ギア』 セッション音源
28 7:50 Paul - Pop Profile [Bonus track] '66/5/2 『ポップ・プロフィール』 インタビュー
29 8:04 Ringo - Pop Profile [Bonus track] '66/5/2 『ポップ・プロフィール』 インタビュー
 

時間

曲名

作詞・作曲

収録日

放送日

番組名

備考


各項目の頭へ  アンソロジー  1-Disc1  1-Disc2  2-Disc1  2-Disc2  3-Disc1  3-Disc2  シングル
Live At The BBC  1-Disc1  1-Disc2  シングル  2-Disc1  2-Disc2


このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system