このサイトのトップメニューに戻る

ジョージ・ハリスンのソロを(できるだけ)全部聴く 1987〜2001年

The Prince's Trust Concert 1987 [V.A.]
日本盤CD 『プリンシズ・トラスト・ライヴ '87』

1987年6月6日のプリンス・トラストの演奏を収めたライブ・アルバム。

リンゴとともに出演して、「While My Guitar Gently Weeps」「Here Comes The Sun」「With A Little Help From My Friends」を演奏。

映像版(ビデオ・LD・DVD)も出ていた。

ここには収録されていないが、前日5日のステージでもベン・E・キングの「Stand By Me」の演奏に参加している。

Cloud Nine
日本盤CD 『クラウド・ナイン』


1987年通常盤


1987年ゴールドCD


1987年のソロ11作目。

ジェフ・リンのプロデュースでヒットし、世間に「カムバック」的な印象を与えた1枚。
何でも「ジェフ・リン印」にしてしまうプロデュースのおかげでジョージ独特の味わいが薄まっている感じはあるが、「それもいいか」と思える出来。

1. Cloud 9 / 2. That's What It Takes / 3. Fish On the Sand / 4. Just For Today / 5. This Is Love / 6. When We Was Fab // 7. Devil's Radio / 8. Someplace Else / 9. Wreck Of the Hesperus / 10. Breath Away From Heaven / 11. Got My Mind Set On You

初CD化盤
1987年発売。ボーナス・トラックなし。プラケース。

アマゾン日本盤
 32XD-848 1987.11.10 初CD化
 43XD-2001 1988.6.25 ゴールドCD
 WPCP-3991 1990.11.15 オビ新装
アマゾン輸入盤 1990年 


【未CD化情報】
シングル 『Got My Mind Set On You』 のB面「Lay His Head」(アルバム 『Somewhere In England』 収録予定だった未発表曲をリミックスしたもの)は下で紹介する豪華本の付録CDに収録されたが既に絶版で入手困難なため、正規盤で聴くにはシングル盤を探すしかない(日本盤アナログ…ワーナーP-2327、日本盤CD…ワーナー10SW-17)。
また、『Got My Mind Set On You』 の12インチ・シングルに収録された「Got My Mind Set On You」のロング・バージョンも未CD化だが、こちらはアマゾンMP3や iTunes で入手可能。
   
左から、日本盤CDシングル、日本盤アナログ7インチ、次の3つは輸入アナログ7インチ、右端は輸入アナログ12インチ

シングル 『When We Was FAB』 に収録された「When We Was FAB」(終りに逆回転つき)、「That's The Way It Goes」(リミックス)は現在のところ当時のシングルを入手しないと聴けない。
  
左から、輸入CDシングル、輸入アナログ12インチ


2004年リマスター盤

プラケース。

[ボーナス・トラック]
12. Shanghai Surprise / 13. Zig Zag

ボーナス・トラック12は映画 『上海サプライズ』 の主題歌で初商品化、13はシングル「When We Was FAB」のB面。

アマゾン日本盤
 TOCP-67339 2004.3.3 CCCD
 TOCP-70879 2010.9.15 CCCDではない 左の商品
アマゾン輸入盤 2004年米盤(CCCDではない) 2004年欧盤(CCCD)

iTunes のダウンロード版には「Got My Mind Set On You」(ロング・バージョン)が追加されている。
Got My Mind Set On You (extended version) 
↑ここをクリックすると iTunes の商品ページに飛びます(無料のiTunes プレーヤーをインストールしておく必要があります → プレーヤーのダウンロードサイト )

その後アマゾンでもこの曲を追加したMP3ダウンロード版が販売された。

ダウンロード版のボーナス・トラックは、販売当初はアルバム全曲を買った場合のオマケだったが、後に(2015年後半から?)単品購入可能になった。


2017年リマスター盤

紙ジャケット。ボーナス・トラックなし。

2017年に海外で発売されたリマスター・アナログ盤の音源(オリジナル・アナログ・マスターテープからのリマスター)を使用。
この音源のCD化は日本のみ。

アマゾン日本盤 UICY-78146 2017.3.8

The Best Of Rock And Roll Hall Of Fame + Musium Live [V.A.]


1986年から始まった「ロックの殿堂(Rock'n'Roll Hall Of Fame)」でのライブ演奏を集めた3
枚組CD。

1988年度(1月20日)にジョージとリンゴが参加したロックンロール・ジャムから「I Saw Her Standing There」「(I Can't Get No)Satisfaction」が収録されている。

また、1999年度(3月15日)のポールの殿堂入りの際に演奏した「Let It Be」も収録されている。

このCDの曲目は米アマゾンで。

米 iTunes では、デジタル・オンリーの10巻組ライブ音源集が販売されており、上記3曲以外に、Vol.5には1999年(ポール参加)の「Blue Suede Shoes」「What'd I Say」も含まれている(日本からは買えない)。

「ロックの殿堂」関連商品としてはDVDボックスも発売されており、上記のビートルズ・メンバーがらみの演奏はすべて映像付きで見られる。→ 詳細はこちら

Songs By George Harrison Vol.1 & 2(洋書、本+CD)


Songs By George Harrison Vol.1

革装豪華本。1988年にVol.1、92年にVol.2が出た。それぞれ2500部限定で、ジョージの直筆サイン入り。
ISBNナンバーによれば、左の商品はVol.1。

それぞれに付いたシングルCD(もしくは7インチ・アナログ)には、未発表曲を収録。

Vol.1には以下の4曲を収録。
■「Sat Singing」「Lay His Head」「Flying Hour」 … 『Somewhere In England』 収録予定曲をリミックスしたもの
 ※「Sat Singing」はリミックスされているようだが元の未発表バージョンとほとんど同じ
 ※「Lay His Head」は既にシングル 『Set On You』 のB面で発表されたものと同じ
 ※「Flying Hour」は元の未発表バージョンと同一のテイクだが、曲の速さをはじめ、アレンジや構成が随分変えられている → このリミックス版が iTunes の 『Somewhere In England』 のボーナス・トラックで購入可能
■「For You Blue」 … ライブ、1974年12月13日

出版社のサイトの商品ページ(英語)


Songs By George Harrison Vol.2

革装豪華本。ISBNナンバーによれば、左の商品は1992年に出たVol.2。

付属のシングルCD(もしくは7インチ・アナログ)には、未発表曲を収録。

Vol.2には以下の4曲を収録。
■「Tears Of The World」 … 『Somewhere In England』 収録予定曲をリミックスしたもの(イントロにピアノが入っている) → リミックス前のバージョンが 『Thirty Three & 1/3』 のリマスター盤 に追加収録されている
■「Life Itself」 … デモ、1979年
■「Hottest Gong In Town」 … 『上海サプライズ』 サントラ用に録音、1986年
■「Haris' On Tour」 … ライブ、1974年12月13日

出版社のサイトの商品ページ(英語)

Traveling Wilburys Vol.1 [Traveling Wilburys]
日本盤CD 『ヴォリューム・ワン』(1988年発売時)/『トラヴェリング・ウィルベリーズVol.1』(2008年発売時)


1988年発売。

ボブ・ディラン、ジェフ・リン、トム・ペティ、ロイ・オービソン、ジム・ケルトナーと組んだ覆面グループの1作目。

1. Handle With Care / 2. Dirty World / 3. Rattled / 4. Last Night / 5. Not Alone Any More / 6. Congratulations / 7. Heading For The Light / 8. Margarita / 9. Tweeter And The Monkey Man / 10. End Of The Line

2007年にボックス・セット 『The Traveling Wilburys Collection』 としてリマスター再発された際に、以下の未発表曲2曲が追加された。
11. Maxine / 12. Like A Ship

12インチ・シングル収録の「Handle With Care」「End Of The Line」のロング・バージョンは未CD化だが、2007年の3枚組アナログLPボックスには追加収録されている。

2008年には単品でもボーナス・トラック入りで再発された。左は輸入再発盤。
アマゾン 
88年日本盤 ボーナス・トラックなし
08年日本盤 ボーナス・トラック入り

Best Of Dark Horse 1976-1989
日本盤CD 『ダーク・ホース1976‐1989』

1989年発売。

初登場の「Poor Little Girl」「Cockamamie Business」、サントラ提供曲「Cheer Down」、シングル用ショート・エディット版「Love Comes To Everyone」、このCDのためのショート・エディット版「Here Comes The Moon」が聴ける。

Traveling Wilburys Vol.3 [Traveling Wilburys]
日本盤CD 『ヴォリューム3』(1990年発売時)/『トラヴェリング・ウィルベリーズVol.3』(2008年発売時)


1990年発売。

トラヴェリング・ウィルベリーズの2作目。

1作目の発売後、ロイ・オービソンが他界したため、別のメンバーを加えようとしたが、結局4人(とジム・ケルトナー)で作った2作目。

別のメンバーはデル・シャノンだと言われているが、自殺という形で他界してしまい、そのためかどうか、タイトルが「ヴォリューム3」になっている。

1. She's My Baby / 2. Inside Out / 3. If You Belonged To Me / 4. The Devil's Been Busy / 5. 7 Deadly Sins / 6. Poor House / 7. Where Were You Last Night? / 8. Cool Dry Place / 9. New Blue Moon / 10. You Took My Breath Away / 11. Wilbury Twist

2007年にボックス・セット 『The Traveling Wilburys Collection』 としてリマスター再発された際に、以下の2曲が追加された。
12. Nobody's Child(オムニバス盤で発表)/ 13. Runaway(未発表ミックス)

2008年には単品でもボーナス・トラック入りで再発された。左は輸入再発盤。
アマゾン 
90年日本盤 ボーナス・トラックなし
08年日本盤 ボーナス・トラック入り

She's My Baby(CDシングル) [Traveling Wilburys]
日本盤CD 『シーズ・マイ・ベイビー』

1990年発売のトラヴェリング・ウィルベリーズのCDシングル。

表題曲の他に、「New Blue Moon」のカラオケ、「Runaway」のオリジナル・ミックスを収録。

2007年にトラベリング・ウィルベリーズのアルバムがリマスター発売された際、4曲のボーナス・トラックが収録されたが、この2曲と「Handle With Care」「End Of The Line」のロング・バージョン(それぞれのシングルに収録)はもれている。

ただし、3枚組アナログLPボックスには「Handle With Care」「End Of The Line」のロング・バージョンは追加収録された。

Live In Japan
日本盤CD 『ライヴ・イン・ジャパン』


1991年12月の日本公演を収録。

【Disc 1】
1. I Want To Tell You / 2. Old Brown Shoe / 3. Taxman / 4. Give Me Love / 5. If I Needed Someone / 6. Something / 7. What Is Life / 8. Dark Horse / 9. Piggies / 10. Got My Mind Set On You

【Disc 2】
1. Cloud 9 / 2. Here Comes The Sun / 3. My Sweet Load / 4. All Those Years Ago / 5. Cheer Down / 6. Devil's Radio / 7. Isn't It A Pity / 8. While My Guitar Gently Weeps / 9. Roll Over Beethoven

【収録日】
11日大阪 … Disc1の5、8
12日大阪 … Disc1の6、Disc2の2
14日東京+17日東京 … Disc2の8
15日東京 … Disc1の1、3、4、9、10、Disc2の1、3、4、5、6、7、9
17日東京 … Disc1の2、7

この時の映像は 『Living In The Material World』 の2006年リマスター盤およびボックス・セット 『The Apple Years 1968-1975』 に付属のDVDに「Give Me Love」が、DVD 『ダーク・ホース・イヤーズ 1976-1992』 に「Cheer Down/Devil's Radio/Cloud 9/Taxman」が収録されている(「Cloud 9」以外はすべてこのアルバムと同じ日の演奏)。

初CD化盤
1992年発売。2枚組。プラケース。

アマゾン日本盤 
 WPCP-4901〜2 1992.7.16 初CD化 左の商品
 WPCR-1193〜4 1997.5.25
アマゾン輸入盤 1992年 


2004年リマスター盤

SACDとのハイブリッド盤。2枚組。ボーナス・トラックなし。スーパー・ジュエル・ケース。

旧版と比べると、歓声のみの部分をつめて曲間を短くしているのだが、「Cheer Down」の曲紹介までカットされてしまった。また、「Something」で歓声があがる箇所の変更などが行われている。

以下の3種類の音声を収録(普通のCDプレーヤーで再生できるのは1のみ)。
1.普通のCD用2チャンネル
2.SACD用高音質2チャンネル
3.SACD用サラウンド 5.1チャンネル

旧版とリマスター盤の違いについては 『ジョージ・ハリスン 至福のサウンド』 の全バージョンガイドが参考になる(ほとんどは歓声の違いだけ)。

アマゾン日本盤 TOGP-15007〜8 2004.3.3
アマゾン輸入盤 2004年 


2017年リマスター盤

紙ジャケット。2枚組。ボーナス・トラックなし。

2017年に海外で発売されたリマスター・アナログ盤の音源(オリジナル・アナログ・マスターテープからのリマスター)を使用。
この音源のCD化は日本のみ。

アマゾン日本盤 UICY-78147〜8 2017.3.8

The Bunbury Tails [V.A.]

1992年10月5日にイギリスのみで発売されたオムニバス盤。同年に放送されたTVアニメのサントラで、ビー・ジーズが中心になって作られた。

ジョージはインド音楽スタイルの童謡のような曲「Ride Rajbun」を収録。息子のダニーと共演している。

Bob Dylan: 30th Anniversary Concert Celebration [V.A.]
日本盤CD 『30TH・アニヴァーサリー・コンサート・セレブレイション』(1993年)/『ボブ・ディラン 30周年記念コンサート』(2014年)

1992年10月16日、ボブ・ディランのトリビュート・コンサートに出演。
これは1993年発売のCD版。

「Absolutely Sweet Marie」でリード・ボーカルを取り、「My Back Pages」「Knockin' On Heaven's Door」で他の出演者とともに歌う。

もう1曲「If Not For You」は、TVでは放送したが、ビデオ・CDともカットされた。


2014年の改訂新版CD。やはり「If Not For You」は未収録。

ジョージには関係ないが、上の1993年版の収録曲に以下の2曲が追加されている。
・エリック・クラプトン / Don't Think Twice, It's Alright
・シンニード・オコナー / I Believe In You
どちらもリハーサル時の演奏で、シンニード・オコナーの方は本番で観客のブーイングを浴びていなければやる予定だった曲。

This Guitar [Platinum Weird featuring George Harrison]
 ※演奏者名は筆者が適当に付けたものです
ネットのみで発表


2006年に開設されたPlatinum Weird (プラチナム・ウィアード)というバンドのホームページで流されていた音源(現在は聴けない)。
1975年のアルバム 『Extra Texture』 収録曲の新録音版で、ジョージのリード・ボーカルにバンドの女性ボーカルのコーラスがついている。

1992年(?)にジョージとデイヴ・スチュワートでプライベートに録音されたものをリンゴやジョージの息子ダニーらの追加レコーディングで完成させたもの。
(2014年のオリヴィア・ハリスンのインタビューによると、追加レコーディングは2005年に行われたとのこと)

このPlatinum Weird というバンドはデイヴとKara DioGuardi という女性シンガーソングライターの2人からなるユニットなのだが、2006年のデビュー・アルバム発売に際して、少し凝ったプロモーションが行われた。
まず以下のようなストーリーがデッチ上げられた。「もともとPlatinum Weird はデイヴが1973年〜74年に在籍していたバンドで、多くの有名ミュージシャンが彼らに注目していたが、女性リード・ボーカリストの突然の失踪により活動を停止、一枚のレコードも残さぬまま幻のバンドとなった

さらに過去のPlatinum Weird として男4人・女1人の5人組を使って70年代風の写真や映像を撮影し、TVの音楽チャンネルVH1でニセ・ドキュメンタリー(リンゴも出演)まで放送された(「ラトルズ」みたいなもんです)。
そして74年に録音されていた音源という触れ込みでアルバム 『Make Believe』 が発売された(実際にはデイヴとKara DioGuardi が2005年前後に録音)。

アルバム発売前、ホームページでは74年当時の音源として5曲が流されており、その中の1曲として「Platinum Weird の活動中にジョージと共演して録音された音源」というような感じで「This Guitar」も含まれていたが、その後この曲だけ聴けなくなり、アルバム 『Make Believe』 にも収録されなかった。

2014年になって、この新録版はアルバム 『Extra Texture』 のリマスター盤のボーナス・トラックとして収録された。ただしネットで聞けたものとは別ミックスになっている。

Free As A Bird(CDシングル)
日本盤CD 『フリー・アズ・ア・バード』

1995年。「スリートルズ」による再結成。

Real Love(CDシングル)
日本盤CD 『リアル・ラヴ』

もう1曲(発売は1996年)。

この2枚のシングルのカップリング曲(すべてビートルズ時代の音源)は、すべてアルバム 『Anthology』 には入っていない。

Go Cat Go! [Carl Perkins]
日本盤CD 『ゴー・キャット・ゴー』

1996年発売のカール・パーキンスのアルバム。

「Distance Makes No Difference With Love」(パーキンス作曲)にコーラス、スライド・ギター、ベースで参加し、プロデュースとミキシングも担当。ほぼデュエットと言っていい。

Brainwashed
日本盤CD 『ブレインウォッシュド』

晩年に録音していた音源をまとめて、ジェフ・リンとダニー・ハリスンのプロデュースのもとに死後2002年に出たアルバム。

1. Any Road / 2. P2 Vatican Blues(Last Saturday Night) / 3. Pisces Fish / 4. Looking For My Life / 5. Rising Sun / 6. Marwa Blues / 7. Stuck Inside A Cloud / 8. Run So Far / 9. Never Get Over You / 10. Between The Devil And The Deep Blue Sea / 11. Rocking Chair In Hawaii / 12. Brainwashed

たぶん制作途中の状態のものが多かったのだと思うが、そんな感じがしない位うまくまとまっている。

初CD化盤
2002年発売。二つ折りデジスリーブ。

アマゾン日本盤 TOCP-67074 2002.11.18 左の商品
アマゾン輸入盤 2002年 

海外ではDVD付きの限定ボックス・セットも出た。


2017年リマスター盤

紙ジャケット。ボーナス・トラックなし。

2017年に海外で発売されたリマスター・アナログ盤の音源(オリジナル・アナログ・マスターテープからのリマスター)を使用。
この音源のCD化は日本のみ。

アマゾン日本盤 UICY-78149 2017.3.8

Small World Big Band [Jools Holland & His Rhythm & Blues Orchestra]
日本盤CD 『ジュールズと素晴らしき仲間たち』

2001年、死の数日後に発売されたCD。

生前最後(2001年10月2日)のレコーディング曲「Horse To The Water」を収録。

ジュールズ・ホランドは元スクイーズのメンバーで、イギリスのテレビで音楽番組 『Later With...』 の司会をやっているツテを生かして、豪華ミュージシャン参加のセッション・アルバムを出し続けている。

Best Of Friends [Jools Holland]

2007年。ジュールズ・ホランドのベスト盤。

「Horse To The Water」の「2007リミックス」バージョンを収録。

上のテイクを少しいじっただけかと思ったら、ジョージのボーカルは一部別テイクで、曲の構成も変えられて、少し長くなっている(ちょっと聴いただけでは大して変わらないが)。

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system