このサイトのトップメニューに戻る

リンゴ・スターの参加作品
その3(1980〜1999)

作曲・演奏・プロデュースなどで関わった作品

リンゴがリード・ボーカルを取っているものなどは、リンゴ本人の作品に含め、ここでは除外します。

ページの一番下の リンゴ全時期の参加作品一覧表 で確認して下さい。

Flash Harry [Harry Nilsson]

1980年。曲を共作/演奏に参加。

ニルソンのオリジナル・アルバムとしては最後の作品。

「How Long Can Disco On」(ニルソンとの共作)と「I've Got It!」でドラムを叩く。

このアルバムにはジョンの 『Walls And Bridges』 収録の「Old Dirt Road」(ジョンとニルソンの共作)のニルソン版が収録されている。

2013年にCD化され、4曲のボーナス・トラックが追加されているが、詳しいクレジットがないのでリンゴの参加があるかどうか不明。

Somewhere In England [George Harrison]
日本盤CD 『想いは果てなく〜母なるイングランド』

1981年。演奏に参加。

ジョージのソロ9作目。

「All Those Years Ago」(ポール、リンダ、デニー・レインがあとからコーラスをダビング)と「Teardrops」にドラムで参加。

アマゾンMP3

Shot Of Love [Bob Dylan]
日本盤CD 『ショット・オブ・ラヴ』

1981年。演奏に参加。

ボブ・ディランのアルバムに参加、「Heart Of Mine」でタムタムを叩く。

Tug Of War [Paul McCartney]
日本盤CD 『タッグ・オブ・ウォー』

1982年。演奏に参加。

ポールのソロ3作目。

「Take It Away」のドラム。この曲のビデオ・クリップにも出演。DVD 『ポール・マッカ−トニー・アンソロジー』 で見られる。

このアルバムの2015年リマスター盤のクレジットでは、ドラムの演奏者として「Ballroom Dancing」と「Wanderlust」にもリンゴが追加されている(それ以前は「Ballroom Dancing」はポールのみ、「Wanderlust」はエイドリアン・シェパードのみだった)。

アマゾンMP3  

Pipes Of Peace [Paul McCartney]
日本盤CD 『パイプス・オブ・ピース』

1983年。演奏に参加。

ポールのソロ4作目。

「So Bad」のドラム。この曲のビデオ・クリップにも出演。DVD 『ポール・マッカ−トニー・アンソロジー』 で見られる。

この時期、ジョージは隠居状態だったので、リンゴはポールと活動することが多かった。

アマゾンMP3  

Like No Other [Guthrie Thomas]


アナログLP


1983年。演奏に参加。

ガスリー・トーマスの1983年のアルバムに参加。細かいクレジットはないが、トーマスによれば「Captain Jack」「Wake Up」「Ship Of Fools」と、おそらく「Carolyn And Benjamin」「If You Want Me To」でドラムを叩いているとのこと。

このアルバムはアメリカでは 『Hobo Eagle Thief』 というタイトルで出て(1曲多い)、イタリアでは 『Like No Other』 のタイトルで出た。

「Captain Jack」は2011年のベスト盤 『Way Back When』 にも収録されている。

アマゾン 『Way Back When』(CD-Rのようです) 
アマゾンMP3 Captain Jack

Fourth Of July [V.A.]

米アマゾン


1984年(発売は86年)。演奏に参加。

ビーチ・ボーイズのマイク・ラブの設立したレーベル Love Foundation から発売されたアメリカ建国記念日のコンサートのライブ・アルバム。1986年発売。未CD化。

1984年7月4日のワシントンD.C.でのライブから、リンゴがビーチ・ボーイズとドラムで共演した「Back In The U.S.S.R.」のカバーを収録。

リード・ボーカルはマイク・ラヴとジェフリー・フォスケット(当時のビーチ・ボーイズのツアー・メンバー)。

アマゾンの音楽内を検索  The Beach Boys,Fourth Of July  Fourth Of July

2015年11月にアマゾンのMP3で1984年7月4日のビーチ・ボーイズのコンサートが販売開始された。
ただしソースはFM放送されたもののようで音質は海賊盤なみ。レーベルも Doxy Records というところで、公式の商品ではない。
全10曲のうち、リンゴは 7. Back In The U.S.S.R. / 8. Good Vibrations / 9. Help Me Rhonda / 10. Fun Fun Fun の4曲でドラムを叩いている。
このコンサートは当時TV放送されたが、それを録画したものが YouTube に上がっている。   

Give My Regards To Broad Street [Paul McCartney]
日本盤CD 『ヤァ!ブロード・ストリート』

1984年。演奏に参加。

リンゴも出演した同名映画のサントラ・アルバム。

「Wanderlust」「Ballroom Dancing」「Not Such a Bad Boy」「So Bad」「No Values」のドラム。

ビートルズ・ナンバーのカバーには参加したくなかったので、映画の中では演奏中ずっとスティックを探している設定になった。

アマゾンMP3  

The Beach Boys [The Beach Boys]
日本盤CD 『ザ・ビーチ・ボーイズ '85』

1985年。演奏に参加。

ビーチ・ボーイズのアルバムに参加、「California Calling」でドラムとティンパニを担当。

アマゾンMP3 California Calling

Water [オリジナル・サウンドトラック]

未CD化


1985年。演奏に参加。

ジョージ、リンゴも出演した1985年のハンドメイド・フィルムズ社の映画 『Water』 (日本版ビデオタイトル 『レゲエ de ゲリラ』)のサントラ盤。

「Freedom」(エリック・クラプトンと La Frerais の共作)でドラムを叩く。この曲はジョージ やエリック・クラプトンらを交えたThe Singing Rebel's Bandというユニットによる演奏で、ボーカルは映画に出演しているビリー・コノリーとクリス・タミングス。

他に2曲でジョージが作曲や演奏に関わっている。

(日本盤LPタイトル 『ウォーター』)

Sun City [Artists United Against Apartheid]


1985年。演奏に参加。

反アパルトヘイト・ソング「Sun City」に息子のザックと参加。

この曲のビデオ・クリップではリンゴ親子のツイン・ドラムを見ることができる。

他のチャリティと違って、アパルトヘイトは制度上撤廃されたので、今後再発の可能性は低いかもしれない。

日本未CD化(日本盤LPタイトル 『サン・シティ』)。
1993年発売の米盤CD(左の商品)は、アナログLP収録の7曲に「Sun City (The Last Remix)」(12インチ・シングル収録バージョン)を追加。
1996年発売の仏盤CDはやはりシングルに収録されていた「Sun City (Single Version) 」「Not So Far Away (Dub Version)」「Sun City (The Last Remix)」の3曲を追加している。
仏盤CD(アマゾン)

映像作品 『サン・シティ』 も出ていた。

It's A Live-In World [The Anti-Heroin Project、オムニバス]


アナログLP


1986年。演奏に参加。

麻薬撲滅チャリティの2枚組オムニバス盤に収録されたジョン・クリーズ/ビル・オディー/リンゴ・スター名義の「Naughty Atom Bomb」でドラムを担当。作詞作曲は K. Craddock と C. Gibson。

リンゴ単独名義の「You Know It Makes Sense」も収録されている。

このアルバムは日本では1枚もののアルバムとして発売され(日本盤タイトル 『リヴ・イン・ワールド』)、「Naughty Atom Bomb」はカットされてしまったので、英国オリジナルLP(EMI、AHPLP1)を買わないと聴けない。

「You Know It Makes Sense」の方は後にこのアルバムの収録曲から選曲したCD 『ロック・ザ・ワールド〜ドラック撲滅キャンペーンに捧ぐ』 にも収録された。

収録曲詳細 

Cloud Nine [George Harrison]
日本盤CD 『クラウド・ナイン』

1987年。演奏に参加。

ジョージの復活アルバム。

「Just For Today」「When We Was Fab」「Wreck Of The Hesperus」にドラムで参加。

「When We Was Fab」のビデオ・クリップにも出演。DVD 『ダーク・ホース・イヤーズ 1976〜1992』 で見られる。

アマゾンMP3  

Good Golly Miss Molly [Little Richard、シングル]

商品見つからず


1991年。演奏に参加。

リトル・リチャードのセルフ・カバーにドラムで参加。プロデュースはジェフ・リン。

映画 『ラルフ一世はアメリカン』(原題 『King Ralph』)のエンド・タイトルで流れる。

アメリカではカセット・シングル、オランダでCDシングルとして出ただけ。

アマゾンで 『ラルフ一世はアメリカン』 のビデオを探す(DVDは未発売)

アマゾンの音楽内を検索  Little Richard  Good Golly Miss Molly

Silver Lining [Nils Lofgren]
日本盤CD 『シルヴァー・ライニング』

1991年。演奏に参加。

オール・スター・バンドにも参加したニルス・ロフグレンの10作目。

「Walkin' Nerve」のドラムと「Bein' Angry」のバック・コーラスがリンゴ。

このアルバムの収録曲「Valentine」のビデオ・クリップにもリンゴが出演している(映像で演奏するだけで、実際のレコードには不参加)。

アマゾンMP3 『Favorites 1990-2005』 2曲とも収録のベスト盤

The World's Most Dangerous Party [Paul Shaffer & The Party Boys Of Rock'n'Roll]

1993年。声で参加。

キーボード奏者ポール・シェイファーのアルバム。

ディスク1の5曲目「Mysterious Ways」の前にシェイファーとリンゴの会話が入っている。

Drive My Car [Recording Artists Against Drunk Driving]

未CD化


1994年。演奏に参加。

飲酒運転撲滅キャンペーンのためのチャリティ・カバーで、ビデオ・クリップが作られたが、一般向けのレコードやCDでは出ていない。リンゴはボーカルで参加。ビデオ・クリップにはニルソンと一緒に出演している。

ポールが冒頭と途中のワンフレーズを歌っている。

他に、リトル・リチャードやジュリアン・レノンらが参加。

 YouTube(RADD)

Wildflowers [Tom Petty]
日本盤CD 『ワイルドフラワーズ』

1994年。演奏に参加。

トム・ペティの2枚目のソロ・アルバム。

「To Find A Friend」にドラムで参加。

アマゾンMP3 To Find A Friend

She's The One [Tom Petty And The Heartbreakers]
日本盤CD 『彼女は最高』

1996年。演奏に参加。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズが音楽を担当した映画のサントラ。

「Hung Up And Overdue」でドラムを叩く。

アマゾンMP3 Hung Up And Overdue

Flaming Pie [Paul McCartney]
日本盤CD 『フレイミング・パイ』

1997年。曲を共作/演奏に参加。

ポールのソロ9作目。

「Beautiful Night」(ビデオ・クリップにも出演している)にドラムとコーラスで参加した翌日のジャム・セッションの中から生まれたのが「Really Love You」(ポールとの共作でドラムを担当)。その経緯を聞いて納得の単調な曲。

「Beautiful Night」のビデオ・クリップはDVD 『ポール・マッカ−トニー・アンソロジー』 で見られる。

アマゾンMP3  

Young Boy [Paul McCartney]
日本盤CD 『ヤング・ボーイ』

1997年。演奏に参加。

『Flaming Pie』 からのシングル。

カップリングの「Looking For You」も上記のセッションから生まれた曲(こちらの作曲クレジットはポールのみ)で、似たような感じの曲。

Black & White [Lon & Derrek Van Eaton]


MP3

1998年(録音は1978年)。演奏に参加。

アップルからデビューした兄弟デュオ、ロン&デレク・ヴァン・イートンのサード・アルバム。

「My World Is Empty」「Get Happy」「Hold On」の3曲にリンゴがドラムで参加。すべて録音は1978年。

また、アルバムの冒頭には、アップルから1973年に出たアルバム 『Brother』 の当時のラジオCMが収録されており、リンゴの語りが聴ける。

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ



リンゴ・スターの参加作品 一覧

年度は録音年だったり発表年だったり、オオザッパです。
ページの区切りに特に意味はありません(20作品前後で区切っているだけ)。
また、年度に◎を付けた作品はリンゴ本人の作品に含めたため、「ソロ 音源編」のリストを参照して下さい。

年度

アーティスト名

タイトル(『』はアルバム名)

参加内容

このサイトのページ

1960 ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ 『Live At The Jive Hive』 演奏に参加?  1ページ目
 
移動する
1964 ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ America 演奏に参加
1968 ジョージ・ハリスン Ski-Ing 演奏に参加
1968/69 ジャッキー・ロマックス Sour Milk Sea / You've Got Me Thinking 演奏に参加
1969 クリーム Badge 歌詞を共作
1969 メリー・ホプキン Que Sera, Sera 演奏に参加
1969 ヨーコ・オノ Don't Worry, Kyoko 演奏に参加
1970 ヨーコ・オノ Between The Takes 演奏に参加
1970 レオン・ラッセル Shoot Out On The Plantation / Delta Lady / Pisces Apple Lady / Roll Away The Stone /(Can't Seem To)Get A Line On You 演奏に参加
1970 ドリス・トロイ Gonna Get My Baby Back / You Give Me Joy Joy / Ain't That Cute / Give Me Back My Dynamite 曲を共作/演奏に参加
1970 ジョン・タヴナー 『The Whale』 演奏に参加
1970 スティーヴン・スティルス To A Flame / We Are Not Helpless 演奏に参加
1970 ジョージ・ハリスン 『All Things Must Pass』 演奏に参加
1970 ジョン・レノン 『John Lennon』 演奏に参加
1970 ヨーコ・オノ 『Yoko Ono』 演奏に参加
1971 ハウリン・ウルフ I Ain't Superstitious 演奏に参加
1971 B.B.キング Ghetto Woman / Wet Hayshark / Part-Time Love 演奏に参加
1972 ボビー・ハットフィールド Oo Wee Baby, I Love You 演奏に参加
1972 ピーター・フランプトン The Lodger / Alright 演奏に参加
1972 ボビー・キーズ 『Bobby Keys』 演奏に参加
1972 Tレックス 『Born To Boogie』 演奏に参加
1972 Tレックス 『The Slider』 ジャケット写真を撮影(?)
1972 ニルソン Take 54 / Spaceman / At My Front Door / Ambush / The Most Beautiful World In The World 演奏に参加
◎1972 ザ・フー Fiddle About / Tommy's Holiday Camp 演奏に参加
1972/73 ロン&デレク Sweet Music / Another Thought 演奏に参加
1973 ニッキー・ホプキンス 『The Tin Man Was A Dreamer』 演奏に参加

 2ページ目
 
移動する

1973 ジョージ・ハリスン 『Living In The Material World』 演奏に参加
1973 ジョン・レノン I'm The Greatest 演奏に参加
1973 ビリー・ロウリー Rock And Roller 曲を共作
1974(1971) オール・オケイジョン・ブラス・バンド Oh Happy Day 演奏に参加
1974 ニルソン Daybreak 演奏に参加
1974 ジミー・ウェッブ 『Land's End』 演奏に参加
1974 ニルソン 『Pussy Cats』 演奏に参加
1974 ラヴィ・シャンカール I Am Missing You / Lust 演奏に参加
1974 ジョン・レノン Goodnight Vienna 演奏に参加
1974 ジョージ・ハリスン Ding Dong, Ding Dong / So Sad 演奏に参加
1975 デヴィッド・ヘンツェル Step Lightly 演奏に参加
1975 キース・ムーン Solid Gold / Together 他 演奏に参加
1975 ニルソン Kojak Columbo / Good For God 演奏に参加
1975 カーリー・サイモン More And More 演奏に参加
1975 スティーヴン・スティルス As I Come Of Age 演奏に参加
1975 ニルソン 『That's The Way It Is』 のラジオCM 声で参加
1976 ヴェラ・リン Don't You Remember When 演奏に参加
1976 ガスリー・トーマス Band Of Steel / Good Days Are Rollin' In / Ramblin' Cocaine Blues 曲提供/演奏に参加
1976 ニルソン A Thousand Miles Away 声で参加
1976 マンハッタン・トランスファー Zindy Lou / S.O.S. 演奏に参加
1976 キンキー・フリードマン Men's Room, L.A. 声で参加
1976 ザ・バンド I Shall Be Released(Live)/ Jam #1(Live)/ Jam #2(Live) 演奏に参加
1977 アティテューズ Good News 演奏に参加
1977 アルファ・バンド Born In Captivity / You Angel You 演奏に参加
1977 ピーター・フランプトン 『I'm In You』 演奏に参加
1977 デラニー・ブラムレット 『Delaney & Friends - Class Reunion』 演奏に参加?
◎1977 V.A. 『Scouse The Mouse』 演奏に参加
1978 ロニー・ドネガン Have a Drink On Me / Ham 'n' Eggs 演奏に参加
1979 イアン・マクレガン Hold On 演奏に参加
1980 ニルソン How Long Can Disco On / I've Got It! 曲を共作/演奏に参加

 3ページ目
 
移動する

1981 ジョージ・ハリスン All Those Years Ago / Teardrops 演奏に参加
1981 ボブ・ディラン Heart Of Mine 演奏に参加
1982 ポール・マッカートニー Take It Away / Ballroom Dancing / Wanderlust 演奏に参加
1983 ポール・マッカートニー So Bad 演奏に参加
1983 ガスリー・トーマス Captain Jack 他 演奏に参加
1984 ビーチ・ボーイズ Back In The U.S.S.R.(Live) 演奏に参加
1984 ポール・マッカートニー Wanderlust / Ballroom Dancing / Not Such a Bad Boy / So Bad / No Values 演奏に参加
1985 ビーチ・ボーイズ California Calling 演奏に参加
1985 ザ・シンギング・レベルズ・バンド Freedom 演奏に参加
1985 アパルトヘイトに反対するアーティスト Sun City 演奏に参加
◎1985(2006) カール・パーキンス 『Blue Suede Shoes』 演奏に参加
1986 クリーズ/オディー/スター Naughty Atom Bomb 演奏に参加
1987 ジョージ・ハリスン Just For Today / When We Was Fab / Wreck Of The Hesperus 演奏に参加
◎1988 V.A. When You Wish Upon A Star 演奏に参加
◎1989 スピリット・オブ・ザ・フォレスト Spirit Of The Forest 演奏に参加
◎1989 バック・オウエンズ Act Naturally 演奏に参加
◎1989(1996) カール・パーキンス Honey Don't ライブ音源を提供
1991 リトル・リチャード Good Golly Miss Molly 演奏に参加
1991 ニルス・ロフグレン Walkin' Nerve / Bein' Angry 演奏に参加
◎1991 サントラ You Never Know 演奏に参加
1993 ポール・シェイファー 『The World's Most Dangerous Party』 声で参加
1994 飲酒運転に反対するアーティスト Drive My Car 演奏に参加
◎1994 レオン・レッドボーン My Little Grass Shack 演奏に参加
1994 トム・ペティ To Find A Friend 演奏に参加
◎1995 リンゴ&スティービー・ニックス Lay Down Your Arms 演奏に参加
1996 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Hung Up And Overdue 演奏に参加
1997 ポール・マッカートニー Really Love You / Beautiful Night / Looking For You 曲を共作/演奏に参加
1998 ロン&デレク My World Is Empty / Get Happy / Hold On 演奏に参加
2000 E.バードン&B.プレストン Power To The People 演奏に参加

 4ページ目
 
移動する

2000 ジョン・ウェットン Real World 曲を共作
2001 ELO Moment In Paradise / Easy Money 演奏に参加
◎2003 ジュールス・ホランド Boys 演奏に参加
2003 リアム・リンチ Cuz You Do / Try Me 演奏に参加
2005 V.A. Tears In Heaven 演奏に参加

2005?
 (2014)

ジョージ・ハリスン
(プラチナム・ウィアード)
This Guitar(Can't Keep From Crying)[Platinum Weird version] 演奏に参加
2006 プラチナム・ウィアード If You Believe In Love 演奏に参加
◎2006 ジェリー・リー・ルイス Sweet Little Sixteen 演奏に参加
2009 クラウス・フォアマン I'm In Love Again / You're Sixteen 演奏に参加
2010

ゲイリー・ライト

Satisfied 演奏に参加
2010
(2011)

ベン・ハーパー

Spilling Faith / Get There From Here 曲を共作/演奏に参加
2010

ジェリー・リー・ルイス

Roll Over Beethoven 演奏に参加
2012 レイ・ウィリー・ハバード Coochy Coochy 曲提供/演奏に参加
2012

ジョー・ウォルシュ

Lucky That Way 演奏に参加
2012

ジョー・ウォルシュ

Rocky Mountain Way(Live) 演奏に参加
2014

マーク・リヴェラ

Money, Money, Money 演奏に参加
2014

ベンモント・テンチ

Blonde Girl, Blue Dress 演奏に参加
2014

ケニー・ウェイン・シェパード

Cut You Loose 演奏に参加
◎2016

V.A.

Now The Time Has Come 曲を共作/演奏に参加

このページの一番上へ

このサイトのトップメニューへ

inserted by FC2 system